ポッキーが半巻きしない

さくらよりは操作しやすいだろうってことでポッキー。ぺラムはみ。トイレの角でのは・ん・巻きができない。6周くらい回ってやっと一回できたがはんまきをさせようとすると蹄跡行進もあぶなくなりよれよれ。森からトイレに向かってトイレの角でのはんまきができない。できないから蹄跡回ってできないから蹄跡回ってできryもう3周くらいして馬が悪くなるからって取り上げられた。乗り替わって見ておいて、終わり。見てできるならもうできてるわ。見てできるなら。できないと時間も短い。23分くらいで終わり。まじつまんねえ。くそつまんなかった。「開いて」というけど開き方が合ってないんじゃないだろうか。わからないことをまたずっとやってしまって最後までわからずわからないまま。たまにできたわかったと喜んでるけど、馬が気を利かして(号令に反応してあるいは気まぐれが正解だったりして)馬が勝手にできているだけなんだ。馬の手柄を横取りして自分の手柄にしてるのだ。できなくてうーうーしてる時、「小学生の子供のほうができてる」って叫ばれてるけど、指導じゃなくてののしり。小学生に負けないぞとがんばれってことか小学生にも劣る自分は死んだほうがいいと恥じろとかってこと?小学生の子供なんて知らん。どうでもいいよ。しばらく足をつくだけで半月板が痛かったが少し回復した。久しぶりだったので気合を入れて新しいシャツなど着てできることを期待していったがよれよれ並足してぶんぶん反抗されるだけだった。パジャマで行けばよかった。馬には感謝してる。
カレンダーに空きがあって予約できてたけど空きは一クラスもなかった。1日に予約でいっぱいになってしまう。月初は唯一忙しいので予約電話ができない。8月は乗馬なしだ。6月と7月はいくつか予約取れてるけど、何回かは「できた」「わかった」って楽しい時もあるかなあ。
----
今月は1日に隣の男が歯医者に出かけたのでさらに忙しかった。前歯が折れて抜けたらしい。見てみてというから見たらすごい歯をしてた。色がいろいろ。黄色っぽいのやグレーっぽいのや白っぽいの。一枚の歯は同じ色だが口の中にいろんな色の歯がある。トウモロコシみたい。お茶屋に買い物に行ったらそこの店員もものすごいトウモロコシで、うっはっ。ブラウンのプラチナブラック7000を使えばいいのに。ってね。
----
本「しんせかい」山下澄人
羽田さんの芥川賞が面白かったので芥川賞をいろいろ読んでみようかなと読んでみたらすごいつまんなかった。今日の乗馬ほどではないがつまらない。いつの時代の小説かってくらい旧世代の小説で旧世代でも面白ければいいけど大げさでブッてるというか何を書きたいのっていうかどうでもいいよって話だった。作者名なんだっけと途中で表紙を見たら山下澄人で主人公の名前だったので主人公の名前が作者名だから作者が主人公なのかと知ったらますます昭和の小説みたいだと思った。すごくつまらないのに主人公と作家名が同じなために作家の名前を覚えてしまった。記憶容量的に残念。
----
ファンタジーオンアイス
 
ノーミス演技ゆじゅのスタートポジションの真ん前が席だった。
a0305943_21465687.jpg


決め
a0305943_21472759.jpg



[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kumaol | 2017-06-03 21:14 | | Comments(0)