本「フィギュアスケート美のテクニック」

監修樋口豊企画執筆野口美恵モデル太田由希奈

美しい太田さんが全ページにわたってモデルを務めています。
構成
第一章メインエレメンツ
ジャンプ、スピン、ステップ、スパイラルそれぞれに初歩的な説明が写真で紹介されている。
第二章ベーシックスキル
スケーティングストローククロス、エッジワークフォアインフォアアウトスネーク
第三章プログラムパフォーマンス
スケーティングスキル、トランジション、パフォーマンス、コレオグラフィー、インタープリテーション

ジャンプ以外のつなぎの名前は何だろう、と思って読んでみました。
実際の演技を見ると早すぎてなにがなんだかわからないのですが、勝手にくるくる回っているのではないことはわかります。

ターンは床の上でやってみて、なるほどとわかったのですが、フリップをやってみたら膝をひねって半月板が悪化しました。痛いです。


床の上で真似することができます。
a0305943_22043167.jpg
膝にきました。
a0305943_22051184.jpg
ターンの種類もいろいろスリー、ブラケット、ロッカー、カウンター
a0305943_22080561.jpg
軌跡がついてて見やすいです。


トランジション
a0305943_22092903.jpg
ピボット、クロスロール

ステップのいろいろ
a0305943_22120671.jpg
このあたりは理解をあきらめました。うんうん、て感じ。


プログラムのエレメントとトレースの説明。
浅田の仮面舞踏会とタンゴの軌跡もあり。
a0305943_22121194.jpg


はううう君でこういう本があったら。各年代ごと試合ごとにトレースとエレメントが図解されていてコマ送り写真が載っていたら。すごくほしいです。私服の写真とかより作品(プログラム)の解説本がほしい。いちプログラム通しでコマ送り静止画ができたらいいなあ。パラパラしたら演技が見れてしまう。

---------
そろそろ美容院行きます。
ショートにしようかなあとつぶやいたら隣の男がすかさず「でもぜええったい羽生にはならないよ!小池百合子みたいになる」と憎たらしく言うのです。どこがちがうのかしら。「頭のでかさととし」
あ、そう。
---------
先日、一か月以上前に予約とっていたビジターをしてきました。高速を使う。ビジターなのでマンツーマンかと思ったら会員さん3人と部班であたしの馬だけ動かない。実力不足。途中で止まってしまって途中で止まってしまって止まってしまって止まってしまって「ショートカットして!」「ショートカットして!」長蹄跡を端まで行けないいつもショートカット。ショートカットで3番目の後ろについて止まるからまたショートカットで止まられるたびに焦りまくって実力不足。斜め手前変換とか輪乗りして輪乗りも止まるから中に入ってってかごめかごめの鳥。輪乗り解除して一度休憩して駆け足しましょうってしたことないですと言っておいたけども鞍数を100と申告していたからもちろん当然していますよねって流されてかけあし~と皆さん走っていくけどあたしの馬が走らない。走って!走れ!走らないから休憩の延長になった。ちょうばさくで駆け足してくれたがかけると後ろから前にするっと滑って頭を越えて落ちそうになる。滑って飛び跳ねてポップコーンだった。だからすぐ終わった。みなさんが逆回りの駆け足するのを眺めて、終わり。子供たちがたくさんいる。忙しそうで先生とは話ができず挨拶できずに帰った。ほかの人たちの迷惑を考えなければ楽しかったけども。焦るばかりだった。

ショートカットしゆお。

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kumaol | 2017-07-13 22:39 | 雑記 | Comments(0)