処置料1000円

細菌性皮膚病の治りを診てもらうために病院に行く。4.16キロ8度3分。絆創膏をはがずと皮が裂けて縦に赤い一文字ができている。範囲が広がっていないので治っているからいいでしょうとのこと。薬を塗って新しい絆創膏をして、ついでにいつもの目ヤニ取りと目薬をして診察料500処置料1000消費税込みで1620円だった。目だけ見てもらうときは診察料500だけだったのだが、外傷性なものになると「処置料」がつくんだろうか。目の処置ならば診察料に含まれて皮膚病の処置だと別料金を取られる。違いは、絆創膏をつけるかどうかという認識でよろしかったでしょうか。ばんそうこう貼らなくてもやっぱり1000円かな。処置する箇所が二つ以上だと二つ目からは1000円がかかるんだろうか。料金が面白い。
今日のわんこはふにゃーと寝てる。寝るサイクルに入ったようだ。食欲は10年前と変わらずにあって同じ量食べているのになぜやせるんだろう。ごりごりごつごつして骨がとがっている。寝てばかりでやせていくのに食欲は何のためにあるんだろうね、面白い。

[PR]
Commented by at 2017-08-31 10:31 x
こんにちは気になったのでまた読みにきちゃいました🙆))
いろんな考え方あると思うので参考までに聞いて頂けたならと思います。うちのこは脱臼しやすかったので病院でサプリ「プロモーション」勧めていただいて飲んでました。食事は高齢犬になると消化機能も低下して栄養を十分に取れなくなるようなので、工夫しました。いろんな情報もらって高タンパクの鶏胸肉のトッピングや乳酸菌「ローフード ディアラ」のお肉「酵素」手間をかけました。散歩も気分転換に(歩けないときは)抱いて行っていました。
寝たきりにできるだけさせないようにして欲しいなぁと思いました。筋力が落ちてしまうと人も犬も骨を支える体幹筋力が弱まりますしね💦ヒト科の人 イヌ科の犬 ←生物学的でしょ🤔💭
Commented by kumaol at 2017-08-31 21:58
> ポさん
体重の減りが激しいですもんね、今は4.15でこらえているけど3キロ台になったら現役時代の半分以下になってしまいます。若いころはサプリを飲ませたりしてたけど消化機能の悪い老人では食べ物をたべるだけで疲れちゃうかなあと思ってる。若いときは高い化粧品をそろえてしわできないようにしみできないよに塗りたくっていたのが年取ってほんとにみにくくなってくるとやーめーたっとなってしまうように時に任せてしまっているのですがどうなんでしょうか。薬も最初3つだったのが4つに増えて今は5つ。ごはんはよく食べる、よく食べるけど体重が減る、先生にきくと年だからで終わってしまう。胸肉は楽しみとしてあげてます。馬肉はいままであげたことないからどうかなあ。寝たきりはこわいですよね。床ずれすると思うしあっという間に関節が固くなり筋肉が落ちる。歩いていたらサークルからベッドを取り出して歩き専用にして歩かせてる。抱いて散歩はしてあげようかな、涼しくなってきたし。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kumaol | 2017-08-28 21:45 | | Comments(2)

ウマかわゆす メアドkumaolあっとexcite.co.jp


by kumaol