ころころに苦戦中

犬のころころんつにヤラれている。夜に、ころころんつが全部おむつに入ったことを確認してこの切込みなら大丈夫そうと同じおむつを使いまわして留守番させたらだめだった。痩せたから足ぐりから落ちているのか、失敗が多くなってきた。おむつを取り替えて水を飲ませるだけなら昼休みに行って帰れるのだがうんち地獄になっていると時間超過する。家の中をぱたぱたして道を小走りしててけてけ速足をしたら右足の前太ももを肉離れしてしまった。老化が憎い。
床やサークルの片づけをしているとき犬を玄関のたたきに置いていたのだがごつん、、、ごつん、、、とドアに頭が当たる音がする。片付けが終わって見に来ると倒れて寝ていた。どこででも倒れたら寝てしまう。川に流したらどこにいるかわからず流れていくだろう。どこにいるかわからないで沈んでいく。15年ほど前に秋川の豆腐屋や酒屋があるにぎやかなあたりで水浴びをさせていたら岩の隙間から本流に出てしまいすごい勢いで流されて行って驚いたことがある。しゅぃ~っと進んでいってしまった。ああ、もうこれっきりだ。あせって行動しながら冷めてあきらめたことを思い出す。すぐにつかまったけれども。川はこわい。
寒くなってクッションや毛布を入れてやりたいのだがおむつなしで留守番チャレンジしていたときに景気よく捨てまくったので温泉タオルくらいしかない。自分用のひざ掛け毛布もない。寒々しい。おむつが2箱届いた。でも漏れるんでしょ。

--------
ロシア大会GPS1戦目
プログラムが同じだとなにがよくないかというとジャンプができるかできないかに異常に気がいってしまうことだ。ジャンプができたかできなかったかしか関心がなくなってしまうというか、目をつむっていても演技が見えるし音を消していても音楽が聞こえる。目新しさというのはそういうものかもしれない。やりながら見ながらにしてだんだんと面白くなっていく。それがなくなっていることに驚いた。良い演技と高い点数が出るとうれしいとは思うんだけどジャンプの出来がすべてのようにも感じてあれ?と思ってしまった。

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kumaol | 2017-10-20 23:41 | | Comments(0)