本「夢を売る男」百田尚樹

百田さんはストーリーテラーですね。エネルギッシュな作品でとても面白かった。自費出版を手掛ける出版社の敏腕編集長牛河原はうまい営業トークで大金を払わせて自費出版に誘う。受賞まであと一歩だったが埋もれるのは惜しいから自費出版して世間に問うてみたらどうかなどあの手この手で契約を結ぶ。受賞を狙って応募してくる素人たちの目論見がまた図々しかったり妄想たくましかったりのコミカルで笑える。後半はスピードダウンして読みが遅くなってしまった。ライバル会社が半額より安い値段で自費出版攻勢をかけてきて売り上げがダウンしてしまうのだ。だがライバル社は広告費をかけるかわりに製本は雑だったり本屋に配本していなかったり契約詐欺があった。そこを突いてライバル社はつぶれる。文庫本で自費出版させると安くすむから文庫本にかっての高名な著者たちを登場させる。応募作が集まる。最後のオチはイイハナシダナで終わる。おばあさんの作品を部下が勧めてくるが、年金暮らしの一人暮らしの年寄に大金を使わせるなと断る。部下はあきらめずに、いい作品だからぜひと言ってきて、「俺は部下がどうしてもと勧める作品は必ず出版したものだ」と言って会社の費用でだすことをOKする。ありがとうございます!本当にいい作品なのでぜひ読んでください。「もうとっくに読み終わっている」終わり。
人間観察というか本を出版したいと考える人間の見栄や怨念を単純明快に利用していて面白い。鼻くそを机の裏になすりつける描写だけは気持ち悪いからやめてほしかった。



----
昼間電車に乗って、その時点では空席があったのだが二人組のBAさんたちは並んで座りたいためか立っていた。3並びの席が空いて、母娘が座りかけたが二人組があらーみたいな感じで押し掛けたので娘が立って二人組が座った。そこからずっとうるさかった。「まあきれいなお嬢さん」「細いわねえほんとうにスタイルいいわねえ」しゃべおわるたびにぶぎゃぎゃひゃよりょと笑い声がかぶる。すごくうるさい。母と娘のほうに体を向けるので背中がこっちを向いて邪魔臭い。こんなにきれいだったらもてるでしょう。ねえ。ぶひゃひょひょ。子供はね、作ったほうがいいわよ。今は親がいるからね、だけど年取ったらさみしいから。そうよそうよ。ぶひょひょひょひょ。基地外かと思った。さみしいからというのは便宜で言ってるだけだと思うけど。本気で言ってるとしたら、寂しいから子供をうんで子供もさみしいから子供を産んで負の連鎖だ。さみしさは一人で背負って終わりにしろ。降りるときも盛大に騒音で、「きれいな人に会えたから今日一日とても楽しく過ごせるわ」びょあほほほほ。・・オバタリアンっていたなあ。

---
全日本の抽選結果がきた。土曜と月曜が当たってた。わーいわーい。6時からしか行けないけれど楽しみだ。会場も出来立てだし。まりんちゃんがんばれー。優勝以外にオリンピックの道はない。もっとジャンプを高く飛ぶんにゃ。モニターで、頭をつまんでひっぱってみる。お手伝い。ぎゃんびゃるんにゃ。
はぅんくんのことは信じてます。

11月12日 NHK杯が終わったあとのファイナルトレード状況

a0305943_21255992.jpg
1000枚越えた。それでもまだほしい人のほうが多い模様。

11月13日
a0305943_21271877.jpg
さらに300枚追加。14日には3次抽選(電子チケットのみ)がある。とうとう電子のみという販売方法になってしまった。スマホがないと今後買えなくなるのかもしれない。

11月14日
a0305943_21290038.jpg
座席数は5000くらいなのかな、公式トレードは今年から導入されたので、行かなくなった人が行きたい人に渡せて空席にならないのはよかった。行かないけれどもトレードもしないという人もいるかもしれない。ほしいから譲ってほしいけど持ってる人の所有権なので、やはり最初から当てたい。2次抽選頑張ろう日曜日。

---
目が悪くなって眼鏡してると目が痛くて本も長く読めない。時間がかかる。

今日の昼も、ちょうど大をしようとしているところだった。タイミングよい。うっしっし。

---
11月15日
a0305943_22053704.png

11月16日
a0305943_22054601.jpg
ペースダウンしてきた。昼間は土日の出品ゼロだった。23日に紙チケットの発券があるのでまた増えるかもしれない。

11月17日
a0305943_21282954.jpg
50枚程度の取引。だいぶ落ち着いてきた。購入の際の手数料が486円表示だったのが810円に訂正された。出品は486円。トレード使用料は別。購入と出品の計1296円がEMTGの売り上げだろうか。2000枚トレードがあったとして2592000円、すごくもうかる商売ではなさそうな気がする。電話番号入力を一つでも間違えるとチケットを送れないと大きく警告が出ていた。

11/18 忘れた

11/19
a0305943_22133176.jpg
100枚近く増えてる。

2000移動するかな。

11/23
a0305943_20084625.jpg
2000越え。

11/25
a0305943_20275897.jpg
まだ100枚単位で出てくる。
アウトが決まって2週間以上、毎日だらだらとチケットが出てくる。

11/26
a0305943_20291193.jpg
チケキャンで定価以下のチケットが一気に出ていたらしい。
ツアーチケットという噂だが。リッポンがファイナルを決めたので近所なら見に行きたいところ。リッポンぼろネイサンコリャダ、すごく面白そう。りっぽんはすてき。

11/29
a0305943_22473302.jpg
2400枚超えた。

11/30
a0305943_22481307.jpg
60枚の取引。まだ10枚以上出品がある。いつまでもだらだらと出てくる。


12/1
a0305943_21485228.jpg
2500越え。といっても前日からの動きは40枚。
メドベデワとボーヤンジンの棄権が発表される。補欠1位は宮原とジェイソン。全日本の二次抽選が始まる。


12/2
a0305943_21535959.jpg
50枚アップ。
規則性がある。一日50前後というような。

12/3
a0305943_21544445.jpg
さらに50枚。出品まち、出尽くしたかと思わせて、まだまだ。

12/4
a0305943_21553865.jpg
60枚アップ。
どこから湧いてくるんだろうか。謎チケット。


12/5
a0305943_21064795.jpg
80枚アップ。土曜日人気あり?3000枚行かなさそう。

12/6
a0305943_21080361.jpg
50枚アップ
木曜日のトレード終了。

まだだらだらと出てきそう。3000はむずかしいかな。

12/7
a0305943_21071790.jpg
rippon6位発進。コリヤダ4るっつ失敗。しょうま応援したが惜しい2位。硬くなっていた。のろのろ。3Aでコケ。ネイサンの出だしはがくっと体が下に落ちるんだから全身を映してほしい。助雨と同様に画面から人がいない状態になってしまった。女子ジュニアの紀平さん、スターティングポジションで蒼白で凍ってしまうんじゃないかと思ったほど硬さが感じられた。エッジも滑らずスケーティングがひどかったが点数はのびた。4位。3000枚トレードは届かずかな。


12/8
a0305943_22044189.jpg
明日12時の抽選が最後。
女子ショート、ザギトワ見本市のようなごちゃごちゃプロは美しさと無縁だが見本市なだけの詰込みはある。見本をたくさん並べたら点数がもらえる採点法はおかしい。引き算の美しさを考慮すべきではあるが要素に点数がついている性質上しかたないのか。美しくない。コストルナヤくらいがちょうどよい。宮原優勝ねじ込み来ると思ってみていたが談合は男子のみだったか。樋口はやはり下に抑えられていた。男子、宇野の焦りを見た気がする。着氷がひどかった。ジャンプが乱れると観客はプログラムの世界に入っていけない。ネイサンならステップで魅せることができコリヤダはスピンで魅せることができるのだが宇野の場合は手の振りが表現力なのでジャンプミスを帳消しにする力がない。惜しかった。普通に見た目ノーミスならば優勝できたのにもってないのかも。


---
本「公園通りのクロエ」
犬、猫、女性、男性と、主体の目線が変化する。だが、だれもみな同じ個性がないしユーモアもなく主体を変える意味がなく、気取ってすかしていて他者をなになに「さん」呼びなのが最近のシャレている小説ぽくて気持ち悪い。すでに読むのが苦痛になっている。公園通りのカフェによる人々のスケッチなのだろうか、だがしかしランチ時間のカフェの描写が汚らしくて(口を動かしてもぐもぐとみんな口を動かして食べたりしゃべったりという幼稚園児の報告みたいな描写)文章も下手なら何を言いたいのかわからなくてどこまで読み進めば楽しいのか自信がない。挫折。
---
本「書店ガール」碧野圭
スケートボーイズが置いてなかったので同じ作者の人気シリーズ(6まで出てる)読んでみた。短編オムニバスかと思ったらそうじゃなくて。ペガサス書房の副店長アラフォー独身父親と二人暮らしの西野理子と、社長のコネで入社した美人で理子以外の唯一の女性社員の亜紀の確執の話が次の章もその次も続く。まじめで好感の高い三田君を振って一つ星出版の小幡と結婚した亜紀はバイトからよく思われていない、が、頭が固くて感情的な理子よりも亜紀につくバイトも数名いる。そんな中、新婚旅行のお土産のチョコレートを捨てられたり取引先の柴田からもらったワイングラスを割られたりのいじめが発生する。柴田と理子はつきあっていたが柴田ができこんして別れた。自分にくれたバカラを亜紀にもあげたと知ってこっそり開封したところ割ってしまった。これで副店長。犯罪者かよ。ペガサス出版の一号店ではあったが先代社長との軋轢からつぶしてしまいたい現社長の意図がからんで書店は解散する。解散前にみんなが一致団結して頑張り亜紀と理子はお互いの評価をあげて、これからもよろしく的な挨拶をして実は割ったのは私なのと白状して、それでもうまくいってしまう人間関係ありえない。書店が売り上げを伸ばせることも絵空事のように感じる。でも、書店員の仕事が大好きで書店でしか働きたくないそうだ。因縁つけてきた客をうまくさばいてくれた新しい登場人物が新たにこの地域に大型書店を展開する営業部員で、理子を店長にヘッドハンティングするというところまでで終わり。書店の話はもういいや、スケートのほうを読みたい。

---
DVD「鹿鳴館」劇団四季
三島由紀夫の。三島っぽかった。芝居を観たり聞いたりしてるとあごが疲れる。実際は疲れないのだが、芝居の、一生懸命しゃべるしっかり発音する大きく口を動かす感じが自分の顎を疲れさせてしまう。字幕ありで見ていたが一字一句違わず発声していたのでさすがだと思った。面白かったし芝居っ気たっぷりないい回しがよかった。お金を軽蔑するのはお金をいっぱい持っている金持ちだけとか、愛情を口にするのは他に何も持っていない貧しいものだけとか、女の価値は真心と若さだが若さを偽りで取り繕うようになってくると素晴らしい真心にも陰りができてしまうなど。影山伯爵がおもしろかった。感情を見せないことを生きがいとしている。政治と愛情、陰謀と信頼。二つをきっちりと対立させて比較させて物語を引き締めていく。四季の文芸舞台もいいなあと思ったけど、やっぱりあごが疲れてしまった。主人公の野村玲子は浜崎あゆみだった。
----
本「下流少年サクタロウ」戸梶圭太
読み終わるのに半年以上かかってしまった。前はもっと一気に読めたのに話に乗れず小学生女子の言葉遣いの悪さや暴力やエロな描写に疲れてしまい休みながら読んでた。戸梶の小説はたいていが漂泊者で定住しない。アイデンティティが見捨てられ者なのだ。サクタロウも同様で最後は切ない。

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kumaol | 2017-11-14 21:39 | 雑記 | Comments(0)