靴を買った三足目

靴が窮屈でたまらない。鬱屈した気分になる。爪は痛いし足囲の骨は痛いしどうしようも痛みに我慢できないから新しく買うしかない。通販で二回失敗したのでさすがに今回は店舗に買いに行った。アシックスに決めて出かけた。

ブラウザが異常終了してここまでしか保存できてなかった。くそが

スーパーワイドで今までのワンサイズ上でちょうどよかった。今までのサイズだときつい。足が大きくなったことは間違いない再認識。試着したから大丈夫と思うが心配で同じサイズの色違いを黒、ピンク、白と試着して試着じゃなくて試し履き両足履いて大丈夫だろうと迷いに迷ってやっと買った。1週間ちょっとで三足も買ってしまった。失敗した靴と足底を比較すると、横で1センチ、縦で1.5センチくらい大きい。スーパーワイドの足先はほぼ丸。円。カエルが履く靴みたいだ。履けなかった2足はタイムマシンにする。10年後に「これなんだっけ?」と取り出してみると今日の気持ち(三つも買ってあほ)がまざまざとよみがえるのだ。

履けない靴は痛くて履けないからあっさりあきらめることができる。他にも拡大して、読んでいてつまらない本は読むのをやめることにしようと決めた。ここまで読んだから今まで読んでいた時間がもったいないとかこれからどこかで面白くなるかもと期待して未練がましく読み続けてしまうがやめることにした。すっきりして気分よくなるはず。
---
犬が夜中にぴいぴい泣いていたけどそのうち静かに寝るだろうとこっちも頑張って寝ようとしたががたがたと音もするようになったので見に行ってみるとびしょ濡れだった。ブリングウォーターは水皿のように倒れることはないが飲み口に足をいれることはできてしまい足をいれてしまったようでブリングウォーターは移動してしまってるしクッションもタイルもびしょびしょだった。いじわる禁止を思い出して様子を見に来てよかった。
最近はうんちポジションをとれなくなってるようで、馬のように歩きながらぽとぽと落としていく。踏まないようにすぐに拾わないといけない。食べる時も初めは立って食べるけどもこてっと倒れてしまい倒れたまま食べ続けている。
a0305943_20284193.jpg
脚力の弱りが顕著になってきた。食欲はある。かわゆち。

---
りぼん9月号を読んだ。七色革命がやっと終わった。ゆゆは留学することになってななに手紙でそれを伝える。会わない。そうすることによってあたしのことを忘れることができなくなる。ふふふ。という計画。あたしらしく自信をもって生きていこうと決心するなな、何回目だよ。かっこいい男の子詩丘くんは後半ほぼ空気で最終回もどうでもいい人になってた。最後まで幼稚な話だが小中学生の時はこんな風に学校の中クラスの中が全世界だったなという現実感はあった。幼かったという現実はこっぴ恥ずかしいが10年前も恥ずかしいし10年後に今を思っても恥ずかしいんだろう。しょうがないな。

ここまでのようなことを書いてあったのに。くそが

ちょこたんは来月が最終回だそうだ。ありまとなおちゃんはカップル宣言できるんだろうか。夏祭りで今年こそありまに告白しようと勇気を出すなおちゃんを応援するちょこたん、言おうともじもじしていると、ちょこたんが倒れている。はぁはぁいって苦しんでいるちょこたん。続く。
先生はあんちゃんのもの、先生とあんちゃんがいいかんじだったので今月号は面白かった。ホワイトデーのお返しにキスがほしいと迫るあんちゃんに先生は逃げる。逃げる先生が君島とぶつかり倒れて先生と君島がキスしてしまう(大笑い)。好かれてないのかなあ、しょげる杏。あんからのチョコは受け取ったけれどほかの生徒からのチョコを受け取らなかったことを知って喜ぶあんに、先生は、、。恋愛マンガは三角関係の話や策略や秘密の話は好きじゃない。好きな人と好きあってなかよくしてる話が好きだ。


[PR]
by kumaol | 2017-08-06 21:30 | 雑記 | Comments(0)

飼うことができなくなった犬や面倒を見れなくなった老齢犬を預かる施設ブランケット。老犬ホームが舞台になっているが物語は人間模様で、主人公は智美。人づきあいが苦手で長く勤まることができず家族ともうまくいかないから一人暮らしをしているが仕事がなくなって、友人の勧めでブランケットで働くことになる。オーナーは元教師の麻耶子、従業員の碧、便利屋の灰原。それぞれがそれぞれのなにかを抱えている。犬を置いていく人の問題も触れられていく。クロという犬には女優の飼い主がいるが撮影の時だけ連れ出して用がないとホームに置いていく。経済的には上得意だ。クロは置いて行かれてもそれでも飼い主が好きで見ていると心が痛む。とか、病気で犬を預けたが具合のいい時だけ面会に連れてきてもらうとか、捨て犬をお金を払わなければ置いていかないでと返却に行くと智美はオーナーは犬をもののように扱うとがっかりする。捨てた元飼い主ももう犬を取り返そうとはおもっていないで完全に邪魔者扱いだ。智美は自分の犬にしていいかと聞き、許可を得る。泊まり込みの仕事で部屋もあり、ララは自分の犬としてホームで飼えることになる。ララとの出来事はなかなか慣れないとかかまれるといった描写にとどまり、トイレのしつけはどうなってるのかとか留守番はどうしてるのかとか具体的な生活は書かれていない。メインは人なのである。碧は時々仕事をさぼって智美を働かせる、不倫の男に夢中になっている。相手の妻が乗り込んできて修羅場になったり別れを決意したらば男が執着して暴力沙汰になったりする。ホームまわりには不審者がうろつき放火未遂があったりして麻耶子がひき逃げされる。犯人は?ミステリー風味あり、息子が犯人と思わせて息子を見て驚いて立ち止まったところをひかれたのだった。母子の断絶からの和解あり。犬の事情話がもっと綿密で多様に紹介されていたら面白そうだったが老犬ホームのレポートではないのでそこは仕方ない、いくつかのエピソードだけでも面白かった。近藤さんの文章は平易で読みやすくてよいのだが、今回のこれは主人公智美の性格描写がくどくていい加減しつこくていやだった。説明が何度も繰り返される。人づきあいが下手なこと、でも頑固であること。三人称の小説だが智美がいちいち心の中で考えてることが記述され、くどくてたまらん。母親がけがしたときに電話したり病院の手配したり行動して自分では頑張ったつもりだったが妹二人が、「なんでこんなときに落ち着いていられるの。お母さんがどうなってもいいの。冷たい」と非難されたんだって。それで何も言えなかったんだって。ほかの小説でも身内が死んで泣かなかったら冷たいと非難されたとかいうのを読んだんだけど、繊細さんを描写するのに「冷たい」というのははやりなんだろうか。悲しまないから冷たいと思うほうが変。そういう変人を想像できずいわれて困惑するほうもいう低能なほうもどっちもくだらなく見えて疲れる。主人公チェンジで。ブランケットは友人から紹介されたが友人に紹介してあげてと頼んだのは母親で、母親とオーナー麻耶子は同級生だった。あらそう。わたしにも居場所ができたとかいい気になる智美がうざい。ストーリーが面白くても人物の書き方で読後感げっそりする。小説のおもしろいところ。

------------
りぼん6月号を読んだ。古谷先生は杏ちゃんのものがよかった。国語の追試用に補修を受ける。先生が好きな我妻さんもわざと悪い点をとって補修を受ける。邪魔な杏と君島。君島は我妻の魂胆を見抜いているが杏と先生はわからない。我妻は先生に好きだから補修を受けているのだと言う、先生は、付き合ってる子がいると思わず言って、杏を強く意識する。両想いになってきてる。いい感じ。先生が生徒たちにべたべたなれなれしくておかしな設定だったけど読み慣れてきたらどうでもよくなった。学内で好きとか下の名前で呼んでとかいうのもおかしいけれどマンガだから別にいい。いい。なないろ革命は高校生編で、あいかわらずゆゆが他人を操作しようとしてかきまわして遊ぼうとする。ワンパターン飽きた。早く終われ。ちょこたん、ろぼわん(ロボット犬)と出会う。ダンスができて芸ができておてができてなんでもできるロボに感激する。突然ばたっと倒れて死んでしまったかと泣いてしまう。なおちゃんがおもちゃ工場で充電して直してくれる。小さい女の子がロボ犬を探していた。この子?いらないわ!だってもうぼろぼろだもん!怒って悲しむちょこたん。でも心配で探しに来たんでしょ。友達が汚いとかぼろいとか言ったって関係ないじゃない。うん。ロボちゃんは女の子に抱かれて帰っていった。チョコたんを見て「ワン」と吠えたように見えたのです。命があるかのように。ちょこたんは毎回かわいい。洋服もかわいい。

[PR]
by kumaol | 2017-05-05 21:35 | 雑記 | Comments(0)

薬20日分延長した

薬をもらいに行く。20日分。抗痙攣剤・ビタミン。ステロイド。3780円。前回は、5日分の膀胱炎の薬もあって診察もあって4000円だった。いつも薬の価格が不明だ。時価なんだろうか。犬は連れて行かなかった。先生は入院してて診療は休診だったので連れて行かなくてよかった。今日の犬はぐにゃりと寝ている。おむつの替えをするときに立たせるのだがおしりは立って頭はぐにゃっとマットにへたれこんでいた。おむつを替えてる間も寝てる。。。。やばかわゆし。
りぼん4月号を読んだ。4月号、いちおう新学期号でフレッシュでなければいけないのに同じテーマがかぶっていた。どゆテーマかというと、「あたしは邪魔もの、あたしさえいなければみんなうまくいく、身を引こう」いじける独善的なメンヘラー主人公の行動と、まわりがほっておかない展開。ウザー。少女の健全な成長に悪影響なのでは笑。元カノがまだ好きだと知って、あたしが邪魔ものなんだと思うのは勝手、それからわざとらしく避けようとする(かまってちゃん)それからおまえなんだよその態度と絡まれると内心うれしーでもあたしさえいなければ。どうぞ〇〇さんと仲良くやってといじけながらもさらに押すと、ああ、やっぱり嫌いになれない。ぎゅっ(手を握る音)。うざー。いじけるならいじけていいけどもそういうときはまわりが完璧に無視するのがいいと思う。なぜ、かまう。いじけたとおりにぞんざいを消されてしまえばいいのにねえ。巻頭はばでぃご、女の子なのに男の子のダンスユニットの話で女の子だと噂になるけども、「ダンスで誤解を解くんだ」と斜め上な解決策でうまくいくという、え、と、誤解じゃなくて女の子なのですけども。ファンをだましてるくせにずうずうしいったらない。早く終われ。古谷先生とチョコタンも失速気味だった。古谷先生は、教師と生徒ものというよりも社会人と高校生もので、先生の縛りがまったくなく先生の必要あるのかと思ってしまう。みんなの先生ではなくあんのまわりをうろうろするただの大人。こんな先生いやだ。高校教師的な淫靡さがまるでないし。チョコタンはハッピーと口げんかして大人の犬のほうがいいわと爺犬のジジにつきまとうが(爺だから安全)柵の下を掘って動けなくなった時にハッピーが助けてくれて仲直り。チョコタンがわがままだったのとあてつけがましい甘え方をしてきもかった。アクオトリップが面白かった。先月号の新連載もおもしろかったけど今回も、ファンタジーなのか現代なのかよくわからない舞台設定がいい。魔法少女ベリーブロッサムが悪の組織と戦い全戦全勝でテレビで見ている主人公は悪の組織フォッサマグナに仲間にならないかと誘われる。昼間はコンビニでアルバイトしている。悪の組織もお金が必要なのだ。コンビニに強盗が入って魔法少女が戦って勝つが魔法を使わずゲンコツだったから主人公はちょっと幻滅してしまう。魔法は魔法を使える敵にしか使えない。だから、お前が我々の仲間になって魔法を使えば魔法少女の魔法をいつでも見ることができるぞ。いいんだかわるいんだかわからない誘い文句である。絵がかわいくて萌えギャグポジなんだろうか。来月も期待しよう。なないろ仮面はまちがえたなないろ革命はかぶったテーマなテーマで、にとの友達が男子とつきあうことになったがにとと男子はなかがいい。彼女になった友達が、なかよくしないでと抗議したので「あたしがなかよくしなければいいんだ」と義理を果たして(笑)、男子がはなしかけてもつっけんどんする。なんだよその態度。クラスがぎくしゃくする。ななは仲良くしないでと言われていたのを見聞きしていたので、にとをかばう。友達だから、説明もしないで急につんけんしたらだめだよ。めずらしくあたり前なことを言う。子供向きだからこんな展開で、子供は満足するのかな。学校ものはいじめたとか告げ口とかきらわれたとかわざとやったとかあたしさえいなければとかそんなんばっかり。学校ものって50年前から変わらない。そろそろ消滅してもいいのでは。古いよ。

[PR]
by kumaol | 2017-03-03 22:12 | 雑記 | Comments(0)

「しないで」ということをわざとするのはなんでだろうか。性根がふざけてるのか他人をなめているのか。作品の写真を撮るのに、持ち主にことわりをいれて撮らせてもらっている。人物ははいらないようにする。同行者がまったく関係ないところの人々を含めて許可なく写真を撮っていた。半年前にも許可をもらってないところは絶対に撮らないでと念を押したのに撮っていて咎めたら、もう二度としないと言っていたのだがまたやってた。なんのためにもならない。たぶん、別にいいじゃんなノリで撮るんだろう。なぜ、やらないでといったことをわざとやるのか。理解できない。同類と思われるといやなので二度と一緒に行動しないつもりだ。
会社の屑が先月の仕入伝票を全部破棄してた。ある一日戸棚を熱心に掃除してるなと思ってたのだがその時に気が大きくなってどさっと捨てたらしい。伝票を捨ててしまったら、請求書が合わなかったときになにを元に差異を突き止めるのだろうか。ぼくがまちがえたってことでかまわない!という。そういう問題ではない。話にならなくて話をしても無駄とわかった。
話にならない変な人は、気持ち悪い。嫌いとか怒るとかじゃなくてぞわぞわした違和感というか次元がちがう変なものを見た気持ち悪さというか、この人はもうだめだなという、見捨てた気持ちになる。それから、見捨てるような環境に自分もいるというがっかりな状況に気力もなくなる。万引きみたいな犯罪ではないし二股とか不倫とかの気持ち悪さとは違うが、このひと頭がおかしいんだろうかという疑問が解消されない気持ち悪さ。知り合いが屑なのは自分も屑だからか。屑ワールド。がっかりだ。

りぼん3月号。連載はあいかわらず面白くなくて、チョコタンはかわいかった。鬼は外の話。豆をまいて豆がおいしくて食べすぎておなかが痛くなって病院に行く。犬に豆は消化不良を起こすからあげちゃだめだよ。食べたくなっても我慢するチョコたん、犬用おやつの豆ぼうろを食べさせてもらう。よかったね。七色革命は、ゆゆがいおちゃんにべったりになるけど、ななと一緒にいるときにかぎってゆゆが近づいてくることをいおは指摘する。あんちゃんは古谷先生のものは、読み切りぽい話で、遊園地にデートに行く。先生とあんちゃん、観覧車の中でいい感じ。先生はかっこいいけど車で生徒を送り迎えしてデートするってありえないけどあってもいいなあと思った。両想いになるといいかも。

[PR]
by kumaol | 2017-02-06 20:43 | 雑記 | Comments(0)

お菓子を食べすぎる

夜9時近くにぴんぽーんと鳴ってやまとかさがわかと出てみると誰もいない。敷地のすみっこに誰かいてぶふぶふ笑ってるんだけど。電気つけたらこっちに歩いてきて、「券を買ってくれぶふぶふ」という。なにそれこわい。サンなんとかズというばっすけっとボールの試合の券が売れないから買ってくれ、角の家は買ってくれた。とか言ってる。言う合間にぶふぶふ笑い声がはさまってほんまきもい。夜だし。結構ですでドアを閉めたがいつまでも耳に残るぶふぶふ。券を売って歩くなんて初めて見た。詐欺だろうか。
1月号がおもしろかったので2月号をがっついて読んでみたが、うーん、まあこんなものかな。普通だった。つばさと蛍とかライオンボーイとか兄が養子で血がつながってない話とか女の子が男のかっこしてダンスユニットの話とか、年齢のせいかどうしてもしらけてしまう。学校みたいなちいさい社会でかっこつけてる男の子のどこがかっこいいのか理解できないし、かっこいい人気ある男の子に目をかけてもらってかまってもらっていじってもらって、あたしにも居場所ができたとかポエムしてる女の子(主人公)が心底嫌いだ。少女漫画は大昔からともだちがほしいけれどももじもじして内気で行動力がないけれども見ていてくれる人にはわかる純粋な心でがんばって人の輪に入って行って生きてるって素晴らしい満開の笑顔。なぜこうなのか。しらける。しらける漫画陣がカラー表紙だったり前のほうに並んでたりしてる。気になるなないろ革命はというと、におとかいうあたらしいキャラ、男前な女の子で思ったことを口にする人気者、さっそくゆゆと仲良くなるがななもなかよくなりたい。ゆゆのいるところに行くのに気張ってしまうなな、ゆゆはななのことを名字で呼ぶ、「名字で呼ばないで」と大声を出してしまう。ゆゆはわざといらっとくることをしているのだ。名前で呼び合っていたのに名字でよぶのは一応礼儀正しいようで嫌味なのだから。しらけるほかの女の子たち。こんなはずじゃなかった、動揺するなな、ごめんなさいっ!一人立ち去る。それから、だめだ、なんで大声を出しちゃったかちゃんと説明しなきゃ、と戻りに行く。そこににおと出会って、におにゆゆとの確執を話そうとしたらそこにゆゆが現れて。ぐだぐだリピート。どうにかならないんですかね、こいつら。とくになな。お前が馬鹿だよ。安定のチョコタン。チョコタンはおバカなことをしても誠実だし犬だからかわいい。あに横はあいかわらず寒いお笑いカテゴリー、すかーぺったシリーズと同じく最終話を読んですっきりしたいがために読み続けている。がっついて読んだ一番漫画の古谷先生はあんちゃんのもの、どうなってるヵというと体育祭が始まりお弁当を作ってきた杏、でも先生はほかの女子からお弁当をたくさんもらって、先生はやさしいからおなか一杯でも食べてくれてしまう、それは悪いからといじけてるとキミシマが俺に食べさせろと。ふたりできゃっきゃと食事する様子を窓から見ている先生。体育祭が終わり、車で送ろう、と委員のあんときみしまを車に乗せる先生。(違和感。車に乗せる先生っているのかな)。先に君島をおろして、あんとふたりきり、君島はいいやつじゃないかつきあえば、という先生に、あんは大抗議する。好きなのにほかの男をすすめるなんてひどいっ。そんなに言うなら。「俺とつきあおう」言った!言ったね、先生(ぶふぶふ)。続く。つきあっちゃって。奪ってしまえ(なにを)りぼんだからなあ、残念(なにが)。君島や先生はイケメンで顔はかっこいい。あんちゃんはいまいち、かきわけができてない感じがする。性格も、ふたりの池面に好かれるキャラでもないような、ななと代わってもいいくらい。男がかっこいいから許す(何様)。
なかよしは、最後の読み切りがおもしろかった途中まで。風紀委員は妄想好き。一緒に委員をしてる男の子の裸を想像したりかわいいしおかしい。なかよしにはどうぶつ病院でバイトする小学生の漫画も載ってるんだけどあまりにもおこさま向きでおこさまにもお子様すぎるんじゃないかという幼稚なストーリーなのでせっかくの動物漫画枠がもったいない。もうちょっとこうなんとかならんのか。2月号は仮病をつかって家族の気をひく犬がほんとの病気でも気づいてもらえなくて、なぜ仮病をつかってたかというと両親の離婚問題で家族がぴりぴりしてたからで、本当の病気で本当に手術して、両親は反省して(!)やり直すことにきめたという内容だった。えーと、離婚とぴりぴりと仮病と、つながってるけれども離婚してはいけない子供のために家族のためにという倫理観や価値観は、絶対じゃない。単純に離婚をやめたら万事おkと解決策が描かれるのがなんだかなあだった。






[PR]
by kumaol | 2017-01-06 23:09 | 雑記 | Comments(0)

世間は冬休み

電車がごっそり空いていて乗ったら座れた。わーいうれしいな、、、、うっ。
にんにくくさい。
隣のアラサー女がニンニクだった。ううう。でも座っていたい。我慢する。乗り換え先でも近くに立ってしまい、立ちなら躊躇なく遠くに移動した。ニンニク乗車禁止令出れ。
車内で臭くて喧嘩したというのはあるかと探したが実例はなかった。前に立った人のコートが顔にあたって喧嘩したというのならあった。コートがちろちろあたるのはうっとうしいもんね、わかる。けど、顔に当たるってどういう態勢だろう。混んでて、覆いかぶさる形なのかな。そこまで混んでいたら、怒れない気がするけど。顔に当たるコートが気になる。
りぼん1月号を読み終わった。古谷先生は杏ちゃんのものがおもしろくて繰り返し読んだ。絵がうまい。こんなにうまかったっけ。あらすじ:街中でなさけなく振られている男に同情した杏、男は新任の先生だった。振った女は恋人の男と先生を馬鹿にしているけれど、杏は「先生を馬鹿にするな、それだけ純粋にあなたを好きだったんだ」と憤る。先生には私がいるから、と好き宣言。お前はまだ子供だ、生徒だ、とひるむ先生。君島はイケメンで女子大生と火遊びをするクールな同級生、杏と先生があやしいことに気づく。俺の女にして捨ててやろう人生は退屈なのだから、と大正時代のニヒリズムみたいな中二仕込みの男であるが、イケメンである(重要)。体育祭の係を一緒にすることになり二人で行動していると杏のペースになってしまう。わちゃわちゃ楽し気な高校生の二人。そんな二人を見て大人の先生は、複雑。「先生はあんのこと何とも思ってないんですよね」と君島は聞く。「あたりまえじゃないか」「いちおう確認しとこうと思って」ど、、どゆこと。うろたえる先生。ここまで。
いやー楽しみだな。どうなるんだろう。絵は上手うまい。照れた時やうれしい時にほっぺたに無数のダイヤグラムみたいな線がはいるんだけどそこだけ低年齢層向けの表情表現になってる。前作がまりもの恋で、ストーリーがつまんないから読んでなかった。新人かと思った。
例の「なないろ革命」はその他大勢の名前のないクラスメートや同級生たちがそろって意地悪なのはなんでなんだろう。いじわる学校に改名すればいい。ゆゆをいじめて登校拒否にしたという噂がたち孤立していたななちゃんだったが勇気を出して積極的に行動したおかげでぼっちもなくなり、高校に進学した。新しい高校、新しい生徒たち、と、そこで、「あの人たち双子かな、そっくり」と、ななちゃんと誰かを指してひそひそ声が聞こえる。あたしと誰とが?そっくりな髪形の女子が振り向くと、ゆゆだった。まだまだ続くらしい。がんばって(笑)。
かりんとう饅頭がおいしそうなのでわざわざ買いに行ったのだが(ひっきりなしに客は来る)天かすを食べたような油を吸ってしまったような好みではない味だった。できたてならおいしいのかもしれない。

[PR]
by kumaol | 2016-12-29 21:35 | 雑記 | Comments(0)