台風は来ていない

いつまでたっても上達しないことを考えていたら昔の話を思い出した。父親は、ものすごい音痴だった。拍はとれないし音程ははずすし下手な自覚がない。退職後歌を歌ってみたいとコーラスのサークルに入ったのだが目立ってへたくそだったので遠巻きに非難の目を向けられていたようだ(たぶん)、発表会の曲ではあーーーとかうーーーとかしかない地鳴りみたいなメロディラインではないパートで楽譜が読めないから家で練習もできず練習場では隣に誰も来ないとか言い始めそのうちもうこないでほしいといわれたらしくてやめさせられてしまった。長年コーラスしている人や音楽をちょっとでもかじった人たちが運営していたところだから、そりゃそうでしょうよ、と思ったけれども、だれでもどうぞと募集していたらやってみたいと勘違いするのは気の毒だ。人の集まる趣味のサークルでは上手な人はどこでも歓迎されるけれども勘違いして来てしまう初心者の人で空気が読めない周りが見えない実力のなさに遠慮するよりも希望で舞い上がってしまっている状況では古参からは図々しく居座っている憎たらしい人に見え迎え入れる雰囲気にもならなかっただろう。人のことなら見えるのだが。合わないサークルに嬉々として出かけて行っていたことが情けなく同情する。年取ってからの趣味は年寄りの初心者限定というくらいにレベルを下げたものでないと続かない。幼稚園のお歌の時間みたいな難度の低い集まりがあればよかったんだろう。同時にパソコン初心者教室にも通っていたが、いらないパソコンをくれというので一台あげたけれども習ったことができないといってきて、ボタンがないとかちがうとかできないとかいうからなんだろうと思ったら教室はウインドウズで私のは全部マックだった。買えばいいとはいったけど25年前くらいの話、まだPCは高かった。教室に通ってPCができるよになったらいろんなことができると思っていそうだけどもいまなにかしたいことがないのならば操作がいくらかできたとしてもすることはなにもないのである。ということをわからないで通っていたのが気の毒だった。現在ならPCは安いしインターネットを見るだけで楽しめそうだけれども。結局一日中テレビを見ていてついているだけになってぼけてきて生きがいのある老後は訪れなかった。なにをやってもへたくそで世間とずれてるところが遺伝してる。ものすごくいやだ。

靴が調子悪い。腰やすねが痛くなった。長さと横幅はちょうどいいけど厚みが大きくて上に隙間があるので足と一緒に靴を運ぶときに指や甲に力がはいってしまうようなのだ。スニーカーって、こんなにむずかしいものだったろうか。おかしいなあ。

近所の人につかまったついでに斜め向かいの塀がこわれて壊れっぱなしになったことを尋ねたら、警察が毎日見に来てるといっていた。パトロールしてる。斜め向かいの塀のさらに斜め向かいの家に泥棒が入ったらしい。最近セコムのシールが大きくなったのでなにかあったのかと思っていたところ。離婚して奥さんはもう住んでいないそうだ。1年くらい見てないけどその前はクリーニングの大きい袋をだんなにもたせて奥さんは手ぶらで先頭を歩いていたんだけど。ほんとかなあ。半信半疑に聞いておく。クリーニング袋を持たされていた旦那が一人の時に私の前を歩いていた時があって、ぶひょああっ音とともにつばのかたまりを道路に吐き出していて3回か4回くらい、めっちゃくちゃ気持ち悪かった。髪は染み出た油でがちがちに固まってる。奥さんは絶対にお金目当てで結婚したんだと思った。離婚したんだとしたら、お金の魔力が解けたのか本体なしでお金が手に入るようになったんだろう。がちがち油は新築アパートを購入したらしいと近所の人が言ってたが近所の人もアパートマンションもちの不動産経営が大好きだからライバルの動向が気になって噂話をするんだろう。私は楽しいです。

[PR]
by kumaol | 2017-08-07 22:37 | 雑記 | Comments(0)

靴を買った三足目

靴が窮屈でたまらない。鬱屈した気分になる。爪は痛いし足囲の骨は痛いしどうしようも痛みに我慢できないから新しく買うしかない。通販で二回失敗したのでさすがに今回は店舗に買いに行った。アシックスに決めて出かけた。

ブラウザが異常終了してここまでしか保存できてなかった。くそが

スーパーワイドで今までのワンサイズ上でちょうどよかった。今までのサイズだときつい。足が大きくなったことは間違いない再認識。試着したから大丈夫と思うが心配で同じサイズの色違いを黒、ピンク、白と試着して試着じゃなくて試し履き両足履いて大丈夫だろうと迷いに迷ってやっと買った。1週間ちょっとで三足も買ってしまった。失敗した靴と足底を比較すると、横で1センチ、縦で1.5センチくらい大きい。スーパーワイドの足先はほぼ丸。円。カエルが履く靴みたいだ。履けなかった2足はタイムマシンにする。10年後に「これなんだっけ?」と取り出してみると今日の気持ち(三つも買ってあほ)がまざまざとよみがえるのだ。

履けない靴は痛くて履けないからあっさりあきらめることができる。他にも拡大して、読んでいてつまらない本は読むのをやめることにしようと決めた。ここまで読んだから今まで読んでいた時間がもったいないとかこれからどこかで面白くなるかもと期待して未練がましく読み続けてしまうがやめることにした。すっきりして気分よくなるはず。
---
犬が夜中にぴいぴい泣いていたけどそのうち静かに寝るだろうとこっちも頑張って寝ようとしたががたがたと音もするようになったので見に行ってみるとびしょ濡れだった。ブリングウォーターは水皿のように倒れることはないが飲み口に足をいれることはできてしまい足をいれてしまったようでブリングウォーターは移動してしまってるしクッションもタイルもびしょびしょだった。いじわる禁止を思い出して様子を見に来てよかった。
最近はうんちポジションをとれなくなってるようで、馬のように歩きながらぽとぽと落としていく。踏まないようにすぐに拾わないといけない。食べる時も初めは立って食べるけどもこてっと倒れてしまい倒れたまま食べ続けている。
a0305943_20284193.jpg
脚力の弱りが顕著になってきた。食欲はある。かわゆち。

---
りぼん9月号を読んだ。七色革命がやっと終わった。ゆゆは留学することになってななに手紙でそれを伝える。会わない。そうすることによってあたしのことを忘れることができなくなる。ふふふ。という計画。あたしらしく自信をもって生きていこうと決心するなな、何回目だよ。かっこいい男の子詩丘くんは後半ほぼ空気で最終回もどうでもいい人になってた。最後まで幼稚な話だが小中学生の時はこんな風に学校の中クラスの中が全世界だったなという現実感はあった。幼かったという現実はこっぴ恥ずかしいが10年前も恥ずかしいし10年後に今を思っても恥ずかしいんだろう。しょうがないな。

ここまでのようなことを書いてあったのに。くそが

ちょこたんは来月が最終回だそうだ。ありまとなおちゃんはカップル宣言できるんだろうか。夏祭りで今年こそありまに告白しようと勇気を出すなおちゃんを応援するちょこたん、言おうともじもじしていると、ちょこたんが倒れている。はぁはぁいって苦しんでいるちょこたん。続く。
先生はあんちゃんのもの、先生とあんちゃんがいいかんじだったので今月号は面白かった。ホワイトデーのお返しにキスがほしいと迫るあんちゃんに先生は逃げる。逃げる先生が君島とぶつかり倒れて先生と君島がキスしてしまう(大笑い)。好かれてないのかなあ、しょげる杏。あんからのチョコは受け取ったけれどほかの生徒からのチョコを受け取らなかったことを知って喜ぶあんに、先生は、、。恋愛マンガは三角関係の話や策略や秘密の話は好きじゃない。好きな人と好きあってなかよくしてる話が好きだ。


[PR]
by kumaol | 2017-08-06 21:30 | 雑記 | Comments(0)

犬の薬はいくらなの

消炎剤(ステロイド)だけが早くなくなってしまうので薬をもらいに行く。前回は7/19、20日分もらったが一日おきにあげる10錠の消炎剤がいつも先になくなる。全部一日一錠なら間違えないのだろうが。消炎剤総合ビタミン剤抗痙攣剤の3種類をもらって3500円手数料200消費税別。二種類が1000円で1種類が1500円なんだろうか。前回は心臓病用を足して四種類で4500円だった。心臓は1000円か。次回は今回の3種類のどれかをなしにして、いくらになるか気にしてみよう。どれが1500円なのか!

昨日の犬ははぁはぁして心臓がばくばくいっていた。暑いのかもと思ってエアコンの効き目が強い部屋に連れて行ったら静かに寝始めた。前も、暑いのかなあと思って涼しくしたら静かになったので。エアコンは朝6時から夜22時くらいまでつけているが、昨日今日みたいい涼しいとセーブされてしまい冷涼ではなくなる。涼しい夏の日のほうが要注意だ。
外にトイレに連れて行くと、トイレ中はがんばって自力で立っている。えらい。終わって、水まきのホースなどにつまづいたり、排水溝のわずかな斜めの坂に滑ったりするとその場でこてんと倒れてしまい、起き上がらない。そのままあきらめて倒れて休息してしまう。なんというか、猛烈にかわいい。外に出したときに力尽きたように寝てしまうなんていうのは次のステージに行ってしまったということで、生きる力が少なくなっているのは間違いない。死んでほしくないなあ。死んでほしくない。しなないで。
---
老眼がすごいスピードで進む。濃淡がわからなくなった。ブリングウォーターの水を入れる線まで水がはいったかどうかが眼鏡をしないとわからない。レシートも値札も作り方も眼鏡をかけないとわからないので、眼鏡をしていないとき眼鏡置き場は前髪の上だ。図書館に行ったときに眼鏡忘れて見えなくて困った、とおでこに手をあてたらメガネがあって、頭眼鏡で歩いてきたらしい。あってよかったけど老化の救いようがなさに震える。


[PR]
by kumaol | 2017-08-04 21:35 | | Comments(0)

年取ると足が大きくなる

加齢で顔や首の皮膚はしぼむが足は大きくなるんだろうか。新しい靴が小さい。無理に一日はいたら爪が痛くなった。あきらめてまた新しいのを買ったら今度は指先は余裕があったが幅が狭かったようで小指の付け根の骨が痛んだ。ひりひりと痛む。ひもを最大限にのばして幅を広げたが骨はベロの始点あたりなのでひもで広げられるにも限界がある。爪も骨だし付け根の骨はもちろん骨で、骨は当たればそのまま痛みにつながる。参った。足が大きくなってた。
たいていの靴はアシックスだったのだが(名前がかわいいから。足、くすっ(笑い))にけとぷーまにしたらだめだった。足型が合わないのか。
たまに痩せてていいわねと言われることがある。たぶんほめてくれてるんだと思うけど、当たってない。痩せてない。骨格が大きくて骨太だから肉が薄くやせて見えるだけなのだ。でかい。肩幅とか腰幅みたいな骨格で決まる部分ががっちりしてるので肉が横にひっぱられて薄く見えるのだ。骨格がきゃしゃで骨が細くて肉がぴょるるんと柔らかくついていたらかわいいのに()。頭の真上に手をがしっとおいて「でっかい頭だな」と言った男がいてわなわなと震えたことがある。死んでるといいな。
乗馬の靴も最初の靴が窮屈になって薄い靴下じゃないと履けない。やっぱり大きくなってる。足の力が弱くなって表面積を大きくしないと立てないからだって本当かな。足が大きくなればなるほど動かす筋肉が必要になって動きにくくなると思うのだが。ひざを悪くしたのと小指を踏まれて腫れたことも関係あるかも。頭が大きいもカッコ悪いけど足が大きいもカッコ悪い。なぜかっこ悪いところばかり大きいのか。というよりなぜかっこ悪いと思うのか。幼稚。どうでもよいはず。
タンゴベストとピアソラのCDを聞いていたがピアソラはジャズぽかったりジャパンのインスツツメンタルみたいで面白いが単語ベストのほうは喫茶店でよく聞くような軽音楽だった。ポピュッラーになりすぎてた。有線のせいだな、、水仙の花を玄関に飾っておくとトイレのにおいがするといわれるのと同じ。
靴なしでは外に出られない、白髪やしわやハゲや関節痛でさんざん困らせた上に靴を大きくさせるなんて。加齢が憎い。変化ありすぎでしょう。

[PR]
by kumaol | 2017-08-02 22:26 | 雑記 | Comments(4)

パッドとギャザー

アテントでいっぱいされているとずり落ちている。おむつパンツの中に潜っている。ちゃんとしっかり巻いていても落ちるのは。ギャザーだ。
犬用にはおなか側にギャザーがある。足ぐりをよくするためと思っていたがそれ以外に重要な役割があった。おしっこを吸って重くなった時に、ギャザーで支えるからお尻側にずり落ちていかない。おなかで重さを持てる。アテントはそこまでしっかりしたギャザーがないので吸収したおしっこの重さを全体で支えてしまう。背中で支えてしまう。重力に従って落ちやすい。犬用は犬用で考えられていたのだ。

乗馬が下手すぎてつらい。なんでできないかな。一生初心者クラスだ。もう来るなと言われそうだけど思われてるだろうけれどとわかるのがもちろんつらいしやりたいことがいつまでたっても下手でいつまでもできないと過去の一生もそうだったから人生のすべてがダメ人間でできないことだらけでばかであほで不細工を思い知らされてつらい。並足で定積(誤字でもきにしない)更新ができない。ふらふらっとうちに入られてしまう。外側だけしっかり持っていればいいといわれたとおりにしてるツモリだがふらふら入っていくのはなぜなのか。森側ではカラスに驚いた芝居をされてガクガクっと横っ飛びされた。二回も。こいつは下手だからカラスに驚いたふりをして横っ飛びしてやれと芝居しているのだ。とうとう、速足から後退してなみあしだけになってしまった。いつまでたってもできなくていっぱい愚痴るだめ人間。

パッドをつけてるのかと聞かれてもう一人の人がつけてるからあたしもそうかって聞かれたから灰と答えたら痛いのをこわがって足を開かないからだめなんだといわれたがパッドで痛くないからこれ以上できないくらいパカっと開いているんだけども。いつも足を長く太ももが邪魔してるって言われる。パッドをつけてもつけてなくても、(しばしの間)、いつも血だらけになるって言ったら、馬の動きに合わせてないから合わせればいいって、


また無理難題を言われた。


馬の動きに合わせるってよく言うけども、できりゃできるよ。


つらいつらい。

乗ってるときは痛くない。下着を脱ぐときとかが痛い。風呂とトイレとか。結局全部装着してる。ワセリンとナプキンと乗馬用ジェルパッド。してても結局出血するししなかったらピキっとけがしてキュロットまで血だらけになってしまった。浴槽に補助バーがついてるんだけどいつもバーをもってお風呂に入ってることに気づいた。いつからそうなったんだろう。老人用のバーなのに。階段の手すりももって上がってるし、老化はいつも自覚より速い。
柿渋のカレイ集をとる石鹸を使ってみた。あまりいい匂いじゃない。けど、くさいものには香りをつけるよりも無臭でにおいをトルことを優先したほうがいいんだろう。犬のおしめを変えるときにアテントにしたら、祖母の部屋の匂いだと思った。人間の大人のおむつのにおいになる。香りがついているとは書いていないが石鹸みたいなトイレットペーパーみたいな匂いがしていたので、それとおしっこが相乗すると記憶の老人臭になるんだろう。犬用は無臭のおむつなので赤ちゃんのにおいになる。無臭のほうがよい。

犬がまあまあ調子いい。昼間はずっと抱いてあげた。やさしいあたし。痩せて軽くなったからずっと抱ける。この子はでかいミニチュアで、大きくて大きくて最大7キロもあった。でも、一度も犬に向かって「大きい子!」って言わなかった。あたしが就学前にママ友たちが「うわ、大きいわねえ!」と言われたのがすごく嫌だったから、いい意味で言ってない。でかい!うっゎ!の意味で言ってる。幼児でもいやな言われ方をしたのはわかるから。犬も、今までかわいがられてなかったことわかってたかも、いや、わかってない。厚かましい犬でよかった←。

いつもビデオを撮ってもらってたけど、カメラを持っていくのをやめた。なんでと聞かれて下手すぎるからと言ったらえーそーなのと言われたけど子供っぽくて恥ずかしい受け答えだった。60になってもいじけ虫。いじけ虫って最近きかない。一周して新しい?世界選手権を楽しみにぼそぼそ生きることにする。えいえいお。



[PR]
by kumaol | 2017-03-04 19:16 | 雑記 | Comments(0)

冷え性になってしまった

今年の冬は去年より寒い?それともあたしが寒がりになったのか。どれだけ着こんでも寒くて震える。湯船につかってもあたたかくならず出られない。出ても暖かくない。「あたし冷え性なの」という人がいると、ふーんと関心なく返事していたが、冷え性つらい。いまなら、手を取り合って慰めあえる。暑さは皮膚と血管にクルが冷えは皮膚と血管と骨にクル。老化現象、年なのかな。年寄りを見ると元から年寄りなんだろうと若い方々はお思いかもしれませんが、年寄りにとって年取るのは現在進行形で、日々新しい老化現象が襲ってくる初めての経験、華麗減少もとい加齢現象に戸惑うのです。ほんと、戸惑う。今日は上着だけでも下から、1UQハイネックヒートテックインナー2UQヒートテックハイネックシャツ3UQダウンベスト4カシミアセーター5UQフリースフードジャケット6エレッセフリースジャケット、これだけ着ても一向にあったかくない。脇の下で布がもほもほして肩が凝った。手袋もしてるしハイネック二枚重ねの上にさらにネックウォーマーもしてるしパンツの上は毛糸のパンツでタイツにニーハイソックスにスニーカーソックスだ。着すぎかな。着すぎは血流を止めるというけども、かといって。うじうじ。元気であたたかい血が流れなくなったんだと思う。関節が悪くなるのもそういうことだ。移住したい。
15年位前に、「パンの台所」という店でランチをしたことがある。(もちろん一人ランチだ)。当時はパンが大好きで評判のパンを買いに出かけたりする程度にパンが大好きだった。パンは焼き立てで自由に選べてお代わり自由で店内はいい匂いが漂ってるにちがいない。行くと、パン屋ぽくなくてあれ?。ライスとパンとどちらにしますか。あれ?
パンを選んで、ふつうのそのへんのばたろーるみたいなのだった。お代わりは。メニューをしげしげ読んでもお代わり自由と書いてない。あきらめた。
どこがパンだ、インチキパン。ちっともパンの台所じゃないじゃんよと憎々しく思っていたのだが。ある日ふと、看板の字が違う字に読めたのです。
「パリの台所」これが正解だった。パリもインチキだがパンとは言ってなかった。なんだよもう。カタカナまぎわらしい。
今でもたまに「パンの」、に読めてしまって入ろうかなと思ったりする、というところが老化。理解したことがどっかに飛んでっちゃってる。間違ったまま思い込んで思い込みが強くなるというけれど、確かに、乗馬を教わっても違うふうに日本語を受け取ってしまう。センスがない運動神経が悪いと思ってたけど、老化だったのかも。ふーんそうなんだ。それ、もっと悪い。

[PR]
by kumaol | 2017-01-26 21:56 | 雑記 | Comments(0)

本「破婚」及川眠子

18歳年下のトルコ人と結婚した及川さん、3億近い金を吐き出し離婚した時には7000万借金が残った。
トルコ旅行が好きだったらしい。トルコ人の夫Eは滞在地近くのじゅうたんやで働いていた。顔なじみになり親しくなりプロポーズされ家族親戚にも親切にされて夫婦になる。そのあたりはなんとなく理解できる。なんとなく好きなような気がするとなんとなく一緒にいたい気がするのだ。だが結婚するときには彼の本性がわかってきて愛情はなく情にほだされただけだと言っているけれども、その後も腐れ縁を続けたのか、まったく説明にならない。Eは自分は頭がいいと思い込む英雄志向の男で見栄っ張り、事業をおこして大物になりたくてしょうがないのだが、馬鹿でずぼらで他人だのみでぐうたらなのだった。旅行会社を設立して日本からの旅行客を呼び込むのだが、なんでもいいかげん、トルコの政治情勢が悪くなり観光客が途絶えても事業を大きくしようとするばかりで回収せず従業員の給料支払い含めざるのように出ていくばかりで及川さんの預金はざあざあと流れる。反論しようものなら「あなたはトルコのシステムを知らない」の一点張りであり、「なぜ奥さんなのにわたしを助けない」と非難する。めんどくさくなってはいはいと振り込むのである。って。そのうちEは若い女と暮らし始め及川さんを金づるにしか見なくなる。金づるは絶対に離さない。だがなぜか気分が変わった時があって離婚しようといってくる、そのときをのがしたら二度と離婚できないと占い師にも言われていたので、弁護士をたて別れることができた。最初はかわいく思えていたかわいい年下の男Eが金の亡者で金を引っ張るだけで金がもらえないと怒ったり叫んだり自殺すると言ったり脅したり泣いたり、よく頑張ったというよりも罰ゲームに自ら飛び込んだようなもの。メンヘラとヒステリーにはかかわってはいけない。旅行会社の役員でもあり60%の経営権利者として名を連ねてもいて、難平買いの感覚だったのか、今はうまくいかないけれどそのうち真面目になってくれて事情も好転して収益を出してくれると読んだのか、作詞家と旅行会社経営の二足のわらじを成功させる野心があったのか、金を出し続けた動機がEのだだこねに屈しただけとは思えず、納得できなかった。金をねだる男に金を与える、そんな男がかわいいと思えるって正気だろうか。ないない。洞窟のホテルまで何千万で購入したのに、地道にやらず大金をひっぱって全面改装などをするE、こつこつやれば年商いくらで借金も返せたのにもらった金は借金ではない浪費していい金、遊ぶためのお金を与えてることに気づかないものだろうか。競馬に何万もっていかれたと得意げに言ってくる人がいる。どういう心理かわからないが。この話はいくら払ったお金出しちゃったという自慢話だった。読んでる間は、文章もさっぱりしててうまいから、おかしさに気づかなかったけど、かなりマインドコントロール的なおかしさがある。なにか(この場合はお金)に執着してこだわり続ける人のそばにいると判断力がなくなってしまう。
----------
手首の調子が悪く、日に日に固くなって動かすと痛くなる。これも加齢が原因みたいだ。親指が3の指や四の指の付け根に届かない。届くけどもすごく重い。すごく重たい。ドゥケルヴァン病とか。高齢女性に多いらしい。手首を使ってないのに痛くなる。髪の毛を耳にかける動作が痛い。犬の水入れを親指をかけてもつような持ち方が痛い。4年前くらいに左肩が50肩になり痛くて眠れず直ってきたと思ったら左ひざが半月板損傷になり歩けるようになってきたと思ったら左手首が腱鞘炎になった。順番に左の関節のどこかが痛む。加齢が原因て。加齢は死に至る道。降りられない。いろんなところが痛くなる。

[PR]
by kumaol | 2017-01-05 23:06 | 雑記 | Comments(0)