小さい運動場

サークル117センチ(Lさいず)では寝たり運動したりするのに大きくて部屋の場所をとるので小さいサークルを購入した。最初からM(90センチ)にすればちょうどよかったのにトイレや食器やベッドを入れたらLサイズくらいと欲張って大きくしたから無駄に大きかった。だからMを買いなおした、ではなくてSを買った。74センチ。Mがちょうどよさそうだと思っていながらLの大きさにいい加減うんざりしてこんにゃろめ。予定していなかったスモールを買う。出たとこ勝負。


下がL。上がS。
a0305943_21034697.jpg
Sサイズは天井はファスナーで開け閉めできるが床にはファスナーがない。床は取り外せない。


よろけて倒れて寝転んだ犬の大きさと比較
a0305943_21053344.jpg
小さくて不安は募るが、よいところは高さが低いところ。うちの子に高さは必要ない。低いと圧迫感なくてよい。

さっそく回ってもらいましょう


おいっちにおいっちに
a0305943_21074249.jpg
運動棒(という名のトイレッペ)が壁に当たると、Lサイズのときは壁と棒の間に入って押しのけ周回を続けるのだが
a0305943_21081631.jpg
Sサイズだとうまく隙間に入れなくて座礁してしまう。
a0305943_21100971.jpg
材質の違いだろうか。Lは帆布っぽいシャリシャリした生地だがSはテレテレしたナイロンぽい。床は完全にテレテレしたナイロンだ。

では、いれこにして間を歩かせるのはどうでしょう。
うちらちそとらち一直線、クレインのように歩かせてみよう。

大きく回って、ぐる~りと歩いてみようか?
a0305943_21132514.jpg
あっ!その場ターンはやめて、やめて。
a0305943_21140007.jpg

回っちゃった
うしろに馬がいたら大渋滞ですわ
a0305943_21142872.jpg
うちらちそとらち作戦はあきらめた。
その場くるくるのうちの子には無理だった。

真ん中の運動棒が動かなければちょうどよい運動場の大きさなのだが
a0305943_21155532.jpg
Lサイズのときは遊園地のコーヒーカップのように運動棒も動いて犬も動いてくるくる華麗な円舞曲だったのだがSサイズだと詰まってしまう。真ん中でじっとしてくれないかなあ(紙に問う)。


くっつきマットで工作する。

a0305943_21181612.jpg
マットが棒から外に出ると犬の足と絡まってよじれて大変だったので(特に犬はゴムの靴をはいているもんだから)、棒からはみでないように切る。両面テープで貼る。



3.5キロの犬が寄りかかって回っても動かなくなった。
a0305943_21195598.jpg
動かない。効果に驚いている。
a0305943_21202534.jpg
真ん中をキープ。
a0305943_21203340.jpg
運動棒(トイレットペーパー)は犬の進路を妨げなくなった。


うまくできてうれしい。

----
ゴム風船靴は、細いところと丸くなってるところの、ジャスト境界線でカットすると脱げないし痛くないようだ。通気穴は甲部分だけでよい。

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kumaol | 2018-02-03 21:26 | | Comments(0)

ウマかわゆす メアドkumaolあっとexcite.co.jp


by kumaol
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30