本「クリスタルエッジ」風野潮

背表紙より:元選手でコーチの父を持ち押さないころからずっとフィギュアスケートを続けていた輪、だから普通の人よりはずっとうまく滑れるってだけでスケートが夢ってほどでもない。やめたいと思うこともあるけれどやめたら自分に何も残らないような気もして・・・。
--
という特に特徴もないなんとなくタイプの主人公の輪(ジャネットリンに感動した父親がつけた)、スケートクラブには3アクセルを飛べる同級生の葵とあこがれの女の子真白ちゃん、同級生にはおさななじみで母親がバレエ教室をしている千夏がいる。たわいない同年代の会話をはさみながら今の境遇に不満もないけどやりたいことや譲れないこともないなんとなく主人公の成長物語がつづられる。

3巻まであるみたいで、1巻を読んだかぎりでは、スケートでなくても野球でもサッカーでもいいような話だった。スケートでなければいけないというほどスケートの詳しい記述はない。がんばるスポーツのひとつとしてのスケート、ライバルもいて応援者もいてすきな子もいて。

あらすじ
輪には兄の信がいた。全日本ジュニアで優勝したのにその後競技を続けずに漫画家になるといって家を出た。父は勘当したといっている。輪はジャンプが好きだからスケートをやっているけどすごい才能があるわけではないと思っている。千夏がバレエを習いにおいでよと誘う。バレエはできたらできないよりいいけれどもそこまでしなくていいと思っている。
スケートクラブに陰気なやつが入ってきた。和馬。うちで下宿するという。兄の部屋を使わせる。むっとする輪。和馬の家は貧しくてスケートどころではないが自分が面倒を見るからといって父が引き取ったのだ。毎朝ランニングに出かけていく物音を聞く。貧乏だから結果を出さなければやめて家に帰らないといけない。ふーん。そうなんだ大変だね。兄が交通事故で入院した。父親は手続きはしたが見舞いには行かない。信兄さんは、足首が痛かったけど休めなくて続けたらもうスケートができないようになってしまった、続けていてもだめだったんだと告白する。コーチ(父親)がこれくらいで休むなといったのだ。父さんは鬼だ。(父さん母さん兄さんの呼び方です)。いらいらしてリンクに入った輪は、葵の軌道を横切ってしまい葵は全治2週間のけがをする。「ばかやろうなにやってるんだ」コーチから怒られる。反抗から練習をさぼる輪。アイドルを目指す美少年?廉太郎とつるむようになる。カラオケで歌ったり。クレーンゲームをしたり。怪我も治って葵はスケートに誘うけれどもきっかけがつかめない。全国中学生大会で俺に勝ったらスケートをやめてもいい、俺にまけたら続けろ。葵が条件を突きつける。和馬と一緒に毎朝ランニングをして自分からがんばろうとし始める。全中男子A,優勝候補の瀬賀はジャンプがパンクして点数が伸びない。葵は見事に3アクセルを決めた。輪はトリプルはできなかったがいいダブルを決めることができた。体がやわらかいので(唯一の長所といわれる)男子にできないビールマンも決めた。会場がノッテイル。楽しい。勝負は輪の勝ちだった。でも、スケートはやめない。スケートを続ける。みんな喜ぶ。リンもにこにこ。終わり。

2巻からバレエを習うかな、そんな気がする。




[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kumaol | 2018-02-04 21:49 | 雑記 | Comments(0)

ウマかわゆす メアドkumaolあっとexcite.co.jp


by kumaol
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30