人気ブログランキング |

カテゴリ:犬( 216 )

骨壷を引き取る

遺骨を引き取ってきた。
竹やぶの小道を通り報恩堂に案内されて骨壷の説明を受ける。土に近いほうから入れていって最後は頭、箱の名前のシールが貼ってある方向を向いていますと。手の指を揃えて説明するのが、メニューの説明みたいでおいしいものが入ってるような気がした。
もしかしてほかの子の骨かもしれない、開けてみたら、平らな頭蓋骨ではなかった。長い頭蓋骨だった。うちの子のだ。鼻が長くて丸いおでこがそのままあった。このおでこがぶつかると痛かった。石頭。おいしいものじゃなくて、焼かれた骨だった。

駐車場横の動物霊園受付から博愛堂の裏手の竹林の小道を降りていくと
a0305943_15463913.jpg

動物慰霊碑があって
a0305943_15473750.jpg

合同葬の骨たちや骨壷引取りの骨たちのきずな塚。やがて日高の土に混ざるらしい。
その先の階段を下りると報恩堂がある。
a0305943_15481223.jpg

会社の人が骨はどうするのと聞いてきた。高齢のおじおばが猫の骨壷をたくさん並べていて一緒に埋葬してほしいと人任せに言うけれど、そういうのはどこでもできるものじゃないんだから墓地を探すなりしないとと説得しているという話だった。犬猫の骨と一緒に埋葬してくれる樹木葬とかあるらしい。だけど郊外になるから、自分たちも年だし近所のすぐに行けるお寺の新規はロッカータイプだ。犬猫は無理だ。頼まれても困るわね気になるからどうにかしないといけないけれど、と言ってた。
合同葬でほかの犬猫と一緒に塚に埋めてもらうつもりだったがそんなのかわいそう持ち帰ってあげてと言われてそんなものかなあと思って持ち帰ってしまった。ひとりがそうだと次の子は置いていくということができなくなり、骨壷が並んでいる。私が死んだら、焼くだけ焼いて収骨拒否引き取り拒否を姉に頼んだが頼まれるほうは厄介だろう。まして犬猫の骨まで面倒見切れないと思うので、いつかは合同葬の子達が入るきづな塚に戻したいと予定しているけれど本当は一緒に混ざって一緒にいたい。場所や形式を調べたにしても誰に託すのがいいんだろうか。
家の前まで帰ると、家の中からひぃひぃと悲鳴がしている気がする。家の中には誰もいない。こたえる。

by kumaol | 2018-12-08 19:26 |

青い花

黙っていると自分の中で自分相手に演説し続けることになり抱えていたりこらえているものが不可侵なものになってしまう。よくない。なにかを神聖なものにしてしまうのはよいことではない。家の中の小さな音にも犬の証を聞くようでありオムツを取り替えていた場所に犬の姿が見える。習慣の残像に戸惑う。まだ新しい週が始まったばかりで、当たり前の現象だろう。感情を神聖視しないことをとりあえず心がける。

前は深大寺だったがくまおのときからは蓮華寺でお願いしている。
立会い、個別、合同の3種類があって、毎回個別だ。

a0305943_00011896.jpg
境内にはいくつかの建物があり、動物の受付は駐車場の近くにある。
博愛堂が犬猫小動物用。

a0305943_00030453.jpg
お線香をあげて、手を合わせる。
右側にはかごがサイズ違いでたてかけてある。抱いて連れてきた子を寝かせられるのかもしれない。


a0305943_00032098.jpg
ダンボールのふちの銀色は、ふたがきっちり折れて中がよく見えるようにするグッズだ。

犬の冷たさ。部屋の中のほかの無機質な物体よりも冷たい。死ぬと零度以下になるんだろうか。とても冷たい。

骨壷は受け取りに行くまで預かっていてくれる。週末の予定。
会社の人からお供えの干菓子をもらった。

--------
どこからかわからない荷物が届いた、豊武4000勝パーカーが当たった。

a0305943_00121637.jpg
Mサイズが一番小さいからそれにしたがでかすぎる。

a0305943_00123758.jpg
レインコートみたいな生地だが防水とはかいていない。

a0305943_00125240.jpg
ゆたかしゃん、かなあ??

a0305943_00130731.jpg
4000の数字の中はレース名と馬名が書いてあるがとぎれちぎれてあるからようわからん。菊花賞スーパークリークは読めた。
さっすぉく着るつもり。

----------
最後に寝ていた場所。
a0305943_00161004.jpg

この井戸の底のような寝床で、ひとりぼっちで、斜頸にのけぞり
泣いて、目が見えず体の自由がきかないで、留守番させられていた。

かわいそうでたまらない。



机の脚や椅子の脚に巻いていたエアパッキンを全部はずして捨てて、食器を燃えないごみの日に出した。

あけたばかりの介護食やクッションやベッドは必要とする施設に寄付したいと思いメールをしたが返事がない。物資の寄付は歓迎されないんだろうか。オムツもたくさん残っている。

by kumaol | 2018-12-05 00:15 |

犬が死んだ

昼に戻ると斜頸になっていて小さく泣いていた。
おしっこのオムツを替えていると、尻尾を立てて排便を始めた。
支えてやる。切れの悪いうんちでくっついている。
拭いて出して拭いて出して
介護食とミルクをあげるとべたべたした切れの悪いのができるのかなあ。
出すのを手伝ってなんとか終わってお尻まわりをきれいにする。
寝かせて、シリンジと流動食を用意する。
首を持ち上げるとぐんにゃりして完全にふにゃっふにゃだ。
眠いのか。
シリンジから流入すると新聞紙にぼたぼた落ちる。
のどが動かない。
まっすぐのどの奥に入れてやってものどが動かない。
のどを見ると、舌が丸まって縮んでいる。
首も体もふにゃふにゃだ。
おかしい。
口の中を拭いて、つまらないようにする。ぐにゃっとして力ない。

病院に電話すると「3時からです」と言うから今すぐ見てほしいとせっついてスグに連れて行った。
口が開いたまま、閉じない。

診察台に乗せる。聴診器を当てて、心臓が止まっていますと言われた。

死んでしまった。

この子は私が戻る時間を知っていたのだ。
毎日同じ11時53分の電車で戻っていたから
戻ってくるのを待っていたんだ。

夕方帰ると、氷のように冷たくなっていた。
固くなっていた。
冷たくて固くて、死んでいた。









by kumaol | 2018-11-30 20:51 |

5日ぶりコロン

オムツをはずすとコロンと黒い石のようなものが転がり落ちた。
5日ぶり。かちかち。水分ほぼなし。
静かにすやすやと眠る。
便秘が苦しくて泣いていたのかも。
あおあおにゃおんっあおあおにゃおんっと、最後は猫が混じって
泣き続けていたのが静かになった。
鼻水は続いている。わずかな鼻血も見られる。
目は軟膏のおかげで目やにが出ない。
介護食とワンラックシニアミルクとエナジー500はまとめて溶かして
1日三回しっかり飲み込んでいる。
いつもの4種類の薬(抗ケイレン・心臓・総合ビタミン・消炎)が再開できるようになった。
鼻炎の薬(抗ヒスタミン)も飲ませている。
今朝はいい感じ。


by kumaol | 2018-11-30 05:45 |

介護食を購入する

処方箋がないと薬がもらえないのは不便でしょうがない。自分がまた膀胱炎になってしまって抗菌剤をのめばスグ治るのに診察を受けないともらえない。薬だけ買えればいいのに不便。時間がないので水ガブノミ作戦で乗り切ることにした。たくさん飲む。なんとか乗り切れそう。
近所の病院だが病院は億劫だ。陰気で寒いからだろうか。行くことを想像しているだけで行きたくなくなる。梅津和夫の漫画に灰色の待合室だったかなんとかいうのがあって、その待合室に似てる。一言で言うと陰気。さっきも言った。おでこを怪我した女の子がいつもの病院が閉まっていたので隣町の病院にいく。受付の看護婦は女の子を見てギョットする。まあ!失礼ね。ぼーんぼーん。柱時計が3時(便宜上3時ということにしておく)を打つ。診察室に入ると先生もギョットする。なんなのかしら変な病院。メスで膿を出しましょうとするとわなわな震えている手が間違ってざくっと切ってしまう。余計ひどくなった。お代は結構ですから。追い出されるように追い出される。後日。まだ治らないわ、もう一度行きましょう。病院にいくと、受付がいない。もしもーし。診察室のドアが開いていて、話し声が聞こえる。看護婦「わたしもうこわくてこわくて」先生「何を言ってるんだ」「あの人私たちを恨んで戻ってきたんですよ」「もう死んだじゃないか」「いいえ、だって昨日来たじゃありませんか。同じ時間に。」そこで柱時計がぼーんぼーんぼーんと3時を打つ。女の子「あのー先生」看護婦先生「ぎゃああああ !!!! 
ちょっと(かなり)違うかも。うろ覚えと題名も覚えていないのですが、ここまでが前編で、後編は、病院は廃院になって女の子はいつもの病院に通いなおしてきれいに治ってらんらんらんで終わり。待合室おそろしいのマンガ。
で、陰気な実際の泌尿器科の病院は大昔からあっておじいさん先生の娘が先生をしているんだが受付兼調剤の婦長は無愛想極まりなくしかしながらいかりやチョウスケに似ているので唯一のほっこりポイントなのである。薬だけほしい。

犬は鼻汁が出る前までは、えさのにおいをかぐと空気をかじるくらい食いしん坊だったので介護食について考えたことがなかったが食べない飲まないの状況になって早く準備してやらなければと用意した。森永製品で揃えてみた。

a0305943_22074116.jpg
床ずれ防止ベッドをもうひとつ買った。ペティオのこれは、idogのベッドより軽い。かさかさ音がする。オレンジの紐の部分を持ってベッドごと移動できる。四本の腕が必要。


泣き声が変わった。ぴぃぴぃからあぉっあぉっに。斜頸がきびしい。
a0305943_22100746.jpg

やわらかくなったかな、と思ってもすぐすごい勢いで堅くなる首。
a0305943_22112748.jpg

斜頸の最中は寝れないみたいで、ずっと泣いている。
a0305943_22123331.jpg

レバーのごはんは食べた。(口の中に消えていった)
エナジー500を飲ませてみる。
a0305943_22132145.jpg

シリンジに吸い上げて(嚙まれて変形している・1本で足りるものではなさそう)
a0305943_22151295.jpg

じゅぃーっと流し込む。むせないように。
a0305943_22170197.jpg

口周りをふいて
a0305943_22182507.jpg

もっと飲ませてみよう。
a0305943_22190184.jpg

ちゅぃーっと吸い上げて
a0305943_22200231.jpg

じゅわーっと流し入れる。
a0305943_22203240.jpg

他人事だからかお気楽に笑っているピースマークたち。斜頸を引き受けてもらいたい。首がないか。


何回も吸い上げて流し込む。
a0305943_22265871.jpg
お尻の男は誰だろうか。


吐き戻したり舌で押し返したりしない。力がない。流し込める。
a0305943_22283146.jpg


されるがままだが口を閉じるついでにシリンジを嚙む。
a0305943_22301959.jpg
鼻の薬をやり始めたが鼻汁は出続けている。ぶしょっっとかたまりで出てくる。風邪ではないのかもしれない。先生も、口からきているかもしれないと言っていた。脳みそが溶け出ているのかも。すごく臭い。

新しいベッドに寝かせた。
a0305943_22344840.jpg
明日元気になっているかな。いますように。うんちは4日以上出てない。





by kumaol | 2018-11-28 22:37 |

点滴がこぼれた

9時10分前に到着すると次々患者が来て運よく一番目だった。
体重2.70キロ。
いつもの点滴を始めるがこぼれて二回針をさし終わって離すと
犬の下側がびしょぬれで首が太っていなかった。点滴液すべてこぼれた。
もう一度やってもらう。濡れた服を脱がせる。

「食欲がないのは鼻がきかないからかもしれませんね、鼻の薬を出しておきます。」

鼻が出るんですってつれてきたじゃないの。なんでそのときそうしない。

水を飲ませるシリンジは持っている。流動食と流動食用のシリンジをもらう。
口の横から舌の上に乗せるようにして与えるそうだ。
流動食はいつものご飯をミキサーにかけたものでもよいらしい。

a0305943_10110910.jpg
濡れた片側はトリミング室で乾かしてもらった。

皮下注射代5000内服薬500その他500小計6000税込6480。

鼻汁のときに鼻の薬と対処をしてくれたらいらない6480円なのでは。
お金と体重返して。

帰宅して寝かせたら斜頸がきてしまってまたあおあおおーんおーん
泣き始めた。オットセイに似てる。

a0305943_10113199.jpg

外に来ていたどこかの飼い猫
より目ちゃん。

a0305943_10124973.jpg




by kumaol | 2018-11-26 10:13 |

よくなく

明け方3時ごろからえんえんと泣き続けておーんおーん
水は飲まない。ご飯に口を開けない。斜頸でかたまっち
鼻汁がペットシーツを侵食していく
抱いても反対側に寝かせても湯たんぽを入れ替えても泣き止まず
有給を取って病院に行くことにしたら泣き止んで寝始めた。
まだ仕事に間に合う時間だが、やっぱり来ましたと言うのもおかしいので
午前休と病院行きはそのまま続行することにした。
泣き続けている間、前回病院に行ったときの事を思い出し
前院長のおじいさん先生があたってくれたのだが
「いくつですか」
「19です」
「19(苦笑)・・・」
口元が笑う反応だったのが感じ悪くいらっとした。
今院長はぼんやりしているが無表情なのがいい。
年をいうとたいていの人は「ああ、それならしょうがない(くす)」という反応をする。
気分のいいものではない。
泣き止まない間、病院で安楽死を薦められたら(まずないと思うが)あるいは安楽死の選択を突如したくなってしまったら、と考えたら、突然目が治って耳が聞こえて尻尾を振って走ってくる姿が思い浮かんだ。鼻が濡れてつやつやして目はきらきらして見上げている。ありえる。
生まれてくることはつらいことだが生まれてきてしまったら幸せに生きて最後までがんばることは価値がある。生きる。



by kumaol | 2018-11-26 07:47 |

水を飲まない

鼻汁から鼻血になって鼻出血はおさまったが今も鼻汁は続いている。
オムツを使うことになったときにトイレシートは使わなくなっていて大量に残っていたからバザーに全部出そうと思ったが洗った野菜を置いておくのに便利だから少々残しておいた。そのトイレシートをたくさん消費している。顔の下に敷いたシートがすぐに汚れてしまう。
食べ物に口を開けず、水も飲まない。こじ開けても中に引き込んでいかない。
においがしないからだろう。
鼻が治ればすごい勢いで食べると思うのだが鼻が治らない。
よく寝る。

by kumaol | 2018-11-25 21:45 |

ご飯を食べない

明け方ぴぃぴぃ泣くから見に行くとおしっこを大量にしていた。オムツを替える。
明け方は寒い。やはり犬には寒いんだと思ってエアコンをつける。22度暖房。人間にはまだエアコンはいらない温度だが高齢犬には寒いんだ。鼻水と鼻血はたくさん出て汚れていた。
昼に戻ると部屋はあたたかい。犬は震えずによく寝ていた。鼻血も止まったように見えた。
夕方も部屋はあたたかい。鼻血の汚れはまだある。よだれもある。ぐったり寝ている。
鼻血が心配なので病院に連れて行った。
体重2.76キロ。
いつもの点滴といつものビタミン注射といつもの透明液に止血剤をプラスした注射をしてもらう。5960円税込。
おなかこわしていたときはささみ1本でも多いでしょうというからささみ1本にしていたがドッグフードのほかにだと思っていたらしく、それでは少なすぎると言われた。夜はささみと規定量のドッグフードを予定する。
しかし、一口も食べなかった。口を開けない。寝かせて口の横からねじりこんでみたが嚙もうとも飲み込もうともしないので、口の端にひっかかったままだ。犬を動かすと口の端からほろりと落ちる。食べ物に反応しない。においが嗅げないのかな。お湯をのませようとするが口をあけない。水分は点滴で大丈夫だと思うけれど口が開かないとは。口を開けるのも疲れちゃうのか。元気出して。

by kumaol | 2018-11-24 21:10 |

鼻血と震え

今朝は顔周りが血だらけで、先日シュプールを描いた日にクッションマットの角でぱたぱたしていたから摩擦で口元が切れていて、その傷がまた切れてしまったのかと思ったが、鼻血だった。緑の鼻汁が出血に変わっていた。
寒いのかな。
湯たんぽを入れてやり、体勢を変えてあげると、ふるふるふるふる震えている。
病院に行った後の3日間くらいはくったり寝続けるのが常なので、ぱたぱた運動とカチーン斜頸は出番を控えている。
鼻血と震えがある。

食欲はあるが、首が前に倒れなくなってしまったので皿から食べたり皿から飲むことはできない。まっさかさまになるように吊るして持てば皿に口が到達するが、食道をさかのぼるのは大変だろう。ごはんも水もおさじであげている。食べるけれど、がつがつしなくなった。近づけるから、口を開ける感じ。
軟膏のおかげで目やには出なくなった。

by kumaol | 2018-11-23 15:55 |