人気ブログランキング |

つめきりしてきた

つめが伸びて潮干狩りみたいだったので切りに行く。診察のついでに爪切りを頼むとたいていムっとされていたので電話で予約して出かけた。(今すぐでよいといわれる)

犬は首がにゅにゅっとやわらかく溶けたまま寝ている。
踏み切りで撮り鉄がでかい望遠で粘っていた。

抱っこされてばちばち切られる。
1080円。
15年前は500円だった。改定で600になり700になり1080。つめきりが3000円くらいだから買ったほうがいいかなとまた迷い始めた。いつも迷う。黒いつめだから切るのがこわい。猫のつめなら細くて薄いから人間のつめきりで切れる。



つめきり前の長いつめ
a0305943_20415331.jpg
長い!
a0305943_20422305.jpg
長いと足が浮いてしまうんじゃないかな。

a0305943_20430669.jpg
つめを切ったらもうちょっとしっかり歩けるかな。
a0305943_20441486.jpg

つめきり後

つめアップ

a0305943_20455294.jpg
なんか汚い・・


内側からアップにしたら肉球ががさがさしててもっと汚かった。

家の中にいるのに
うるおいが足りないんだろうか。


くくく、、仲間。


くんにゃり眠ってしまったので歩くところは観察できなかった。

短爪いいよね!
かわいこちゃん


a0305943_20470356.jpg


-----
ブリッジがわけわからないけどすぐやめるのもなんだからと二回目の講習会を継続して、やっぱりわかんないからやめるつもりでいたらたまたまそのときはうまくできて「そうか!わかったぞ!」といつものお調子者が出てきて3回目も継続することにしたけども今回はへたくそだったうえにあからさまな信じられない失敗までして「くそばかだめ人間シネ」と落ち込んだ。起伏がもうちょっと平らだったら生きやすかったと思うのに。まあ、なかなかね。そんなわけで3回目も継続するのでもう半年以上続けている。間違えるとすごくストレスたまる。でもみんなそうだって言ってた。ストレスたまるって。間違えなければいいんですけど、間違えるんだな絶対に。間違える。もらうプリントは200ページ超えてきて、全部見れてない。きびしい。

-----
CWWの抽選申し込みが始まった。すべりがないから確実に買えるという人といつもどおり落選の山という人といる。Faoiは出ないことがほぼ確定しているので当選報告が多い。どっちだろう。読めない。ゲストにアイヘイトヒムと言ってたPchanが出たらウける。ないな。偉大なスケーターといっているのでネーサンボーヤンら同時代の年下はなさそう。ヤグディンがきたら歓喜。(絶対ない)



a0305943_21170523.jpg

by kumaol | 2018-03-17 20:48 |

本「チャームオブアイス」

きれいな写真と読みやすい文章レイアウトで読み進めるのが楽しかった。フィンランドの作家とジャーナリスト3人の共著。テーマに沿ってスケート選手の「回答」で話が進んでいく。
テーマは目次にある、氷・絆・痛み・プレッシャー・正当性・スタイル・パワー・魅力、の8項目である。フィンランドなのでキーらコルビやれピストのせりふが多めか。ほかは2017シーズンとその前あたりの選手にスポットを当てているから新しい雰囲気がある。
表紙の写真はキーらコルビ。

a0305943_15273226.jpg

「氷」
氷の上では自分は自分自分の心そのもの(ランビエール)、氷に対する想いを記述している。はぬうの写真はあるが本人の言葉としての記述は一切ない。

a0305943_15312184.jpg
この写真のはぬいいはかなり前に見えるがUAのシャツはついこの前のオリンピック練習の映像で着ていた。

「絆」
アイスダンスのテサモエの写真とせりふが多い。シブズもかっこいい。パートナーとの絆、コーチとの絆、観客との絆(客席を煽るステファンとプル)。アイスショーでの共演写真で選手どうしの絆として荒川とステファンの写真。はにゅうの白鳥が見開き。

「痛み」
スケートがもたらすからだの痛みについて。「怪我から回復しないのではないかという不安はないし再び怪我してしまう恐怖もない。私はプロのアスリートで趣味でやっているのではないのだから」プルしぇんこ。

a0305943_15390453.jpg
公式練習や6分間練習には危険も伴う。大きなプレッシャーを抱える一方自分の力を証明したくて気持ちが高ぶる。

「プレッシャー」
不安と緊張に耐えて自分をコントロールすることはトップアスリートにとって大切な仕事だ。もし不安に降伏したらそれに支配されてしまう。

a0305943_15424110.jpg
トップスケーターは大きな注目と称賛を浴びるスーパーヒーロー。自国日本で普通の暮らしをすることはもはやできない。

続けて見開きに写真4枚

a0305943_15440595.jpg
a0305943_15440907.jpg
世界チャンピオンでオリンピックチャンピオンは観客の前でいつも全力投球。
演技後の深いお辞儀には観客だけではなく氷に対する感謝が込められている。

日本の国旗を振る熱心な日本のファンの写真と、得点発表をまつ宇野と樋口コーチの写真もある。

「正当性」
勝利が僅差できまってしまうことや、ジャッジの公平性などについて。現在の採点方式は旧方式よりも高く評価されているらしい。
ときには採点結果にショックを受けることがあってもいちいち気にすることは無駄だという。「競技を続けるかほかの道を見つけるか二つに一つ」(セルゲイヴォロノフ)「誰かがあまりいいすべりじゃなくても優勝してしまうことはあります」(リッポン)

a0305943_15540831.jpg
世界のどこで滑ろうとも演技後には大量の花束とぬいぐるみでリンクは埋め尽くされる。

「スタイル」
外見(の美しさ)がもたらす光と影について。大人の体つきになること、大人になって「太って」くることに対する口出し。安藤ワグナーメイテGGすずきなどの写真と言葉。男子スケーターのスタイルも変わってきた。ランビと高橋の二人が手をとって踊るショー写真、伝統的なスケーターファッションと革新的なファッションとしてリッポンとプレジナ。

「パワー」
「フリーを滑りきる簡単な方法はない、最後はいつも疲れてそこらじゅうが痛いんだ」最後のリフトは疲れがピークになる(ラドフォード)。スケートは持久走でもあり加えてジャンプスピンといったエレメントが加わる過酷な競技。

a0305943_16025631.jpg
喘息を抱えながらもフィギュアスケートの頂点に駆け上がった。コーチ陣は持病に配慮しながら練習計画を立てる。

「魅力」
スケートの魅力をスケーターの側から。すべることはいつも喜びがある。


など、簡単に紹介した。10年後20年後には時代を感じる本としても楽しめるだろう。

by kumaol | 2018-03-11 16:07 | 雑記

パーフェクトSP

初戦オータムクラシック
ショートパーフェクト演技きた!!!


a0305943_09424153.jpg

a0305943_09424805.jpg
ふ・・・ふつくしい。。


構成落として洗練されてた。ジャンプ戦闘機みたいだった。スピンすごかった。ステップ尖ってた。膝痛は大丈夫なのかな。すばらしすぎて死ねるレベル。

すごかったー。





by kumaol | 2017-09-23 09:46 | 雑記

seimei

朝のニュース、8時からやってた。公開練習と今シーズンのFP発表。みーんみーん。セミ?SEIMEIだって。ショートは三回目のバラ位置フリーは二季前のせーめい。なるほど、そういうことか。プログラムは新シーズンで新しくするのが挑戦者と思っていたけれどもそうではなかった。ソチが終わって次の目標は五輪連覇、4年間を1シーズンととらえていたのだろう。4年1シーズンの中で金メダルを取れるプロを模索して最大限の挑戦をして結論が出た。ショートはバラード一番でフリーはSEIMEIだと。オリンピックシーズンに新プロをもってくるつもりは初めからなかったと、そういうことか。構成は変わるらしいよりむずかしく。クワド後半5本。つなぎはどうなんだろう。つなぎが面白いと面白いんだけど。空気を押しながらそろそろ歩くあれとか扇をふって桜がはらりのあれとか袖口つまんでそろりそろりとか再演するのかな。フリーがセーメイという予想は冗談で(たぶん)言われていたけどほんとにきたから夢を見てるみたいだ(えー)。集大成というか、終活という言葉が真っ先に浮かんだ。もう終わり。今度のオリンピックで、終わりにするんだと思った。金メダルをとってからずっと極限の緊張状態で二連覇を目指して次のオリンピックを目指してぎりぎりに研ぎ澄まして、やっと終わりが見えた。やり切ったら終われる。あと少し。ほしいのは点数と金メダル。目標に一心不乱。ジャッジに対してこの計算は合っているか。興味ある。

----
ぐっすぽでマリンの特集をしてた。食べることが大好きで食べ物のことばかり考えてるといったときに激しく幻滅した。食べ物に興味ない子が理想なんだけど。ただでさえでかくなってロリータ枠ではなくなっているんだけれども少しやせてほしい、好みでない部分もひっくるめてきらいも含めて応援しているつもり。演技のビデオ(スマイルだったかな)並べて肘が曲がっているのと肘を伸ばしているのと違う振り付けで踊っているのはどうしてかという質問に、ふりだけじゃなくてジャンプも変えている、とずれた返しをしていた。肘が曲がってるのと伸ばしているのもよく覚えてないとかで、天才肌だとおだてられてた。4分のフリーの練習も1/3ずつくらい練習してパズルのように合わせて通すとか。練習もあきっぽいし試合中もスケートのことを考えてなくて食べ物のことを考えてしまうとかリンク裏のカメラが嫌な人はうつらないところに引っ込むけど映りたい人が写ってるんだとか今日はこの人と決めたジャッジにアピールするとか試合の緊張にも飽きてしまうとか屈託なくしゃべってた。鈴木がわたしにはちっとも共感できませんといってた(練習に飽きるとか振付を勝手に変える部分)。長い手足を使った表現力が持ち味らしい。マリンのひじの関節が平行四辺形につながってて広く曲がるから、大きな空間をつかめて腕をのばすと大きく見えるんだけどもさる腕というらしい。大きな空間ができるから表現的にはプラスかな。アドリブで振付を変えるのはいいけど無意識に変えるといつも同じクセのような振付になってしまう危険があるから、忠実にやってほしい。音に合わせて両手をわっわっわっとやる振付、SPのときにやたら多かったのは自分勝手にやってたからじゃないかな。みまとディズニーランドに行って人に気づかれたときは「ちがいます」と言い切っちゃうとか、バレンタイン売り場のチョコの試食を端から端まで食べてしまうとかの友情エピソードと、好きなタイプはボルトとか試合前に陣内のお笑いをずっと見てたとかでもタイプじゃない(即答)とか、かわいいよね。ときどき見間違えかってくらいでかかったけど。なんかやっぱでっかい。おかしいなこんなはずじゃ。本田家の教育では絵本をどこにでも置いて読めるようにしてあった(風の又三郎を暗記して言う)部屋の中にブランコやジャングルジムがあった、やりたいことはなんでもやらせてもらった。ピアノの発表会の写真とか出てくる。父親も一緒にスケートを始めて一緒に滑ってくれてたり。兄弟が多いと大変なことは食べ物、名前を書いてしまっておくというと「合宿所みたい」と言われてた。面白かった。陣内がスケートをねたにしたなにかを考えておきますと言って喜んでた。私も楽しみ。オリンピックに出ていない自分を想像したことがない(二重否定)と言ってた。オリンピックにでて少しでもいい順位になって、いつか金メダルを取るのが夢。だって。どうだろうね。

by kumaol | 2017-08-09 23:00 | 雑記

7月から新シーズン

強化選手紹介欄が新しくなっていた。

a0305943_22285463.jpg
トップははにゅう


全力を尽くすこと

うんうん。

全力を尽くすこと。



一人ずつ見ていくと結構おもしろい。
特別強化男子は4人、宇野田中ムラ。


強化Aの日野のコメントが笑ってしまう。
a0305943_22323026.jpg
スケート人生で味わってきたずべてのうっぷんを晴らす気持ちで臨みます。

なんなんwww字面だけ追うと笑いしかないんだけども
今年の目標。遠慮なく成長成熟、、遠慮なく?!なにがあったの一体。今年のあなたより今までの味わってきた人生を知りたい。興味をもってしまった。

今年の目標にオリンピックを掲げたのは3人、むらと村上と佐藤。佐藤はギャグで言ってるんだよね。

a0305943_22360506.jpg
村上さんは失敗したり、思ったより点数が出なかったりするとものすごく悲しそうな顔をするのね、見ていていたたまれない気持ちになる。すごく傷ついた顔をするのだから。もともと悲しげな顔なのかな。

村上の紹介までたどり着く前は、オリンピックははゆんと田中とむらがいいなあと思ってた。イケメン衆。3枠あれば十分ってわけじゃなかった、みんな出たいんだもんね。

女子の特別強化選手は宮原樋口三原本田坂本。坂本以外の4人が目標オリンピックにしている。

2枠。

a0305943_22425897.jpg
目標は表彰台。出場の一歩先を行っている。意外に自信家だった。面白いのは趣味欄で、本気のウインドウショッピング、本気の。本気のってなに。買うってこと?買うならウインドウじゃないよ。本気ってなんだろ。好みの音楽を探す。好みの音楽を聴くんじゃなくて探すんだ。音楽を探すのが趣味ってなんだろ。まじめで努力家といつも紹介されてたけど、すごい天然なんじゃないかな、かなり面白いコかも。好感度ちぴっとアップした。

a0305943_22465936.jpg
写真が最近よりかわいいような。若い気がする。なぜか一枚しかない。みんな演技の写真など4,5枚アップしてるのに。これから増えるんだろうか。コメント。いたしますいたしますと丁寧に謙遜。まじか。

a0305943_22490889.jpg
うちの子(犬)と3日違いだ。親近感。またしても「ノーミス」押し。ノーミスでっていつも思ってるんでしょうね、できるといいね。昨年の自分に勝って、わかるようなわかりにくいような。昨年以上の成績を出す。昨シーズンは金が一つだったから今年は2つ以上ということかな。

a0305943_22534424.jpg
みんなの写真が証明写真みたいなのにマリンだけ飛んでて草。B型かと思ってた。

強化Aや強化Bになってくると目標が3Aをいれられるようにとか4S飛べるようになどと技術の具体的な目標になっている。

DOIはちびっこたちが出るショーのイメージだからつまらないといわれたけど、そういう一面もある。ジュニアでいいなと思って応援しようとしても消えて行ってしまうから、応援しがいがないと思うようになったし、FSの世界は小さくて数人しか残れない世界、人数制限を実感。

そのDOIだが、チケ価格は下がっていて下がったものは売れているから観客は多そうだ。

金曜のアリーナが一番値下げが大きい。

副都心線が東横線に直通してることがわかった。
Fライナーとかいう特急で菊名から新横浜へ、便利。

17000が7000円。
a0305943_23010168.jpg
スタンドS。12000が5800とか。
a0305943_23024817.jpg

買うからまた買えなくなる。





by kumaol | 2017-07-04 23:11 | 雑記

行列でつつかれた

フランスパンの晩御飯にしようかなと思ってデパ地下行ったら催事でパン屋が行列してて今なら空いてる午後には売り切れると呼び込みしてたから並んでみた。玉出木村家ってゆう全部のパンに砂糖がはいってるから押すとへこみます(買ってから押すのよね?)フランスパンは売ってないですって言われた。行列は一列で、売り場の前も一人ずつで、一人会計が終わったら一人分前に進める押し出し式行列形式だった。パンが置いてある前に進むことができてお盆を渡されたころから、うしろのおばちゃんが異常に近づく。空気が圧縮されて重い気配を感じるから適正な間隔以下に近づいていることが振り向かなくてもわかる。うっとうしいな!前の人は外国人で、半分サイズのオレンジパンとフルサイズのオレンジパンが同じものかどうか聞いてる。店員が「せいむ」と答えていた。パンの種類はオレンジ、メロン、カップケーキ、練乳、芋、あんパン。その次がレジ。半分のオレンジをお盆に載せる。うしろのうざいおばさんが身を乗り出してお盆をもらう。するとっ。おぼんで、つつかれた!!!おぼんで背中をつつかれる。うっわあうっざい。一列なんだけど。レジまで5人しかいないし売り切れそうもないでしょう。なぜつつく。いらいら。オレンジパンの袋を持ち上げておろして別のを持ち上げておろして選んでた。カップケーキも3個入ったのをばらして一個にして「こちらに一個のありますよ」迷惑がられてた。アンパンは複数入りしかなくて「ひとつだけにしてちょうだい」要求してた。この辺は面白いと思った。背中をつつかれなきゃおもろいおばさんだわ。せっかちは見苦しい。気をつけよう。
---
パンは、たしかにもちもちして以上にやわらかくて握ったらピンポン玉くらいに小さくなりそうなハンドボールな大きさだった。どれも同じ味で、リピはないかな←楽天レビュー風。
---
ABCでやってた神戸の見た。マリンの目標はオリンピックに出たいオリンピックに出ることが目標ですと言ったら、はゆんくんが「一所懸命やれば大丈夫だよ」と答えてて、はふん?と思った。一所懸命やれば?大丈夫なの?ぴんとこない受け答え。かなりの激戦だと思うしほかにも出たい子は大勢いるしなんだか無責任で心のこもっていない励ましだ。励ましというより慰めに感じた。出れない候補だと思ってると推測した。出れない。だから言える。そうでもないかな。出れるだろうと思っている子にだったら、失敗や調子とかもあるし軽く大丈夫とは言えないんじゃないだろうか。はゆうは言葉の選びが独特だから斜め上かもしれないが。
全日本がどうしても気になる。女子の2人が誰になるのか、ものすごい関心ごとだ。男子は三人目がだれかというより、羽生と宇野の対決を見たい。宇野は勝つことができるだろうか。フリーレッグのぐるぐるは置いといて、勝つことがあるだろうか。GPF、全日本のどちらかで羽生に勝つことがあるとしたら、オリンピックは連覇する確率が高くなる。追われるよりも追うほうがアドバンテージがある、一度負けることで勝ちやすくなるといえる。けれども負けないで。あくびしたり昼寝したり気楽な立場に見えるんだけどショーでも出番のときだけ自分のプロをやればいいだけだったし気楽さを活かして勝てるチャンスをものにできたらそれはありだなと思う。でも負けないで。
----
昔は、男子は佐野稔一択だった。ほかに応援する人がいない。佐野さんは女ぽくてそのころ覚えたてのおかまだと思ってた。三田明に似てる甘い顔と思っていたけれども今見直してみたら鳥羽一郎にもっと似てた。女子は渡部絵美、外国育ちだからスケートができる、日本の女子はスケートできる環境にいなかったように記憶してる。当時のショートは氷の上に審査員がバインダーをもって採点する規定で、面白くもなんともなかった。フィギュアスケートがすごく流行?したのはジャネットリンの尻もちで、写真が新聞の一面になってた、昔の週刊誌にはヌードとか載っていてそれと同じ目線で紹介されてた。健康的なお色気みたいな気持ち悪い紹介のされ方。電車に乗ればもれなく痴漢がいた民度の低い時代のフィギュアスケート観。安藤さんが股間ばかり写されて嫌だったといってたけど、ジャネットの時代からそういうものだと洗脳されてきたのでそれはそうなんじゃないのって思っていたけどそこはわたしも旧式人間だったことを反省、安藤と同じようにおかしいと思うようになった。女らしさとかお色気とかじゃなくてスポーツになってきた。フィギュア自体も進化しているけれど論や観も変わってきている。佐野さんがプロになると言っていた時はアイスショーは場末なイメージがあり、だからなんでプロになりたいんだろうとすごく不思議だった。一段落ちることを意味してると思っていたのだった。だがショーも文化として根付きプロスケーターがプロの俳優プロのダンサーと同じようにエンターテナーとして進化して観客を増やしていくのであれば素晴らしいし更なる革新になるだろう。アイスショーはもっと変わっていける。FaIOですら単調で退屈な部分が多かったので、もっと変われる。一所懸命やれば大丈夫だよ。使い方あってるかな。
---
佐野さんのコーチだった都築先生は羽生のコーチでもあった、佐野さんの時にはものすごく厳しく練習量も多くやった、メソッドがなかったからやってみるしかなかった。羽生のときには方法がある程度できていたので、佐野よりもずっと短い期間でそれ以上のことができた、みたいな内容。

1ページ目に佐野さんの画像、2ページ目にはゆんくんの画像あり。美少年。

----
アイスショーが一段落ちると思ってたのは。選手時代にやれてた技ができなくなるから。やらなくなる。と思ってた。それはあながち間違ってはいなかった。たらり~と滑ってくる~と回る。だるい。見せるプロもあるのだが、構成が低くなったものをたらたらとソロプロで滑られても飽きる。見ごたえのないソロプロ。ショーではあるが若手のお披露目でもあり完成途上プログラムの練習場でもあるというのが演劇などと違う点だ。プロのショーでもあるが競技選手の調整の場の役割もある。完全なプロのショーではないあいまいさ。甘さ。2万もとるものがあれなのはスケートだからしょうがないのかなと大目にみてしまったがやっぱりなんだかと思ったりする。トップスケーター二人が点対象にまったく同じプロを滑るとかすごいものができないんだろうか。女子3人がパふゅーむみたいな全く同じではないが統率されたダンスを披露するとか。ディズニーのほうが退屈しないで楽しい。羽生はディズニーに出たほうがいい。ショー限定のペアも楽しそうだが。ぼーやんとまりんとか。羽生はプルとセックスボムをするのかな肉襦袢なしで。肉襦袢なしで。大切なことなので二度言いました。楽しませるというより気持ちよく滑っているあてくしを見てってプロが多くてうんざりした。だから衣装と髪飾りしかいうことがないのだ。
----
ジャパンオープンに本田武史が出るんだと驚ていたらまりんだった、本田とだけ書かれるとマリンが思い浮かばない。武史になる。
----
K地地愛の代理店とかから毎日電話がかかってきて5回目くらい。うちの使っているプロバイダーを言い当てるので、なんで知っているのかと聞いたら、そちらの地域は使ってる方が多いのでというから、なんで多いとわかるのか、と聞いたら、お客様がそうだとは言ってないとか情報が洩れてるわけではないとかインターネットを使っていない方にも同じように聞いているとか納得できないことを言い始める。しっかりと、▽▽を使っていらっしゃいますよね、と聞いてきた。合ってる。あてずっぽうではないはず。
----
インパチエンスとコリウス。
作って二週間目
a0305943_20322774.jpg
コリウスの成長が早い。コリウスは真ん中に入れるとでっかい面になってしまうから一番下段と端にいれるようにしよう。去年もそうメモした気がする。ペチュニアが隠れてしまった。


by kumaol | 2017-06-27 21:57 | 雑記

目じりが切れて病院へ

犬の右目はいつもねばっとした黄色い目やにが生産されていて
放っておくと黒い塊になるからそれをごそーりっととっていたんだけども
目じりについた黒いとげとげしい塊を取っていたら
目じりが切れたらしくてふいてもふいても血がついてしまう。
病院に行く。
体重4.54キロ。
眼球が落ちてしまっているからまぶたが丸まって眼の中に入ってしまうので
絶えず傷つき目ヤニが止まらない。上瞼した瞼ともに丸まっているので目が開いたままだ。寝てる時も目の中が見える。白内障を治す目薬はやめていたが眼の中を守る目薬はやはり必要だということでエコリシン眼軟膏を再開することにした。エリコシから名前が変わった。診察500軟膏1500円。前回今回も院長がいなくて元院長の診察だった。また入院してるのかな。

一日一緒にいたのでトイレ回数がわかった。うんちは昼間2回してた。もりもりと。帰ると一個の大きい饅頭みたいにまとまっているそれだが今回はしたらすぐ片付けられてよかったでしょう。切れ込みを作ってら落ちることはなくなったがお尻のシャンプーは毎日やっている。お尻の下にお饅頭をつけて一日留守番しているのでお尻の毛もがびがびになってしまうのだ。
おしっこは5回もしてた。量もあるし、これでは人間用がずっしり重くなり時には吸いきれなくて漏れてしまうのも当然だ。よくする。ベルトおむつを昼間だけで5回取り替えた。150円。人間用ずっしりでがんばってもらおう。

------------
ファンタジーオンアイス振り返り
ジョニーとランビは現役からわりと好きだったが、今回好きになったのがバトル。ニカっとサイコパス。おもしろかった。なんか、うまいよね、腰がしっかりしてる。パリさんのビデオも見直した。バトルのも見たい。


このころはまだういういしくてほんとにかっこいい。こんなにかっこいい人いないんじゃないかって思ったけど、同じ人だから今もかっこいいけどもほんとにかっこいい。

SPは3シーズン目のバラいちときたらフリーはロミジュリにしちゃえばいいのにっ。


このときは前半で二回ジャンプの失敗があって、点数も低くて(心細い顔をしていた)でもほかの選手もミスをしてしまった。運が強かった。
ロミジュリはすごく詰め込まれたプログラムに見える。わちゃわちゃと足も手も動きまくっている。洗練された動きの今、もう一度やったら、伝説な古典が完成するんじゃないかな。本気でやらないかと思ってる。

2017-18の会場もわかった。
海外は置いといて、日本。NHK杯が大阪中央体育館朝潮橋駅で降りる。入り江の向こう岸にUSJがある。ファイナルが名古屋ガイシホール。名古屋なら日帰りで通えるのかな。泊りのときはアパホテルを予約してみたい。泊まってみたい。全日本がやっぱね、武蔵野の森飛田給。こけら落としになるので小池さんとか都の議員たちが大勢やってくるかもしれない。新しいホールだしチケットとれますように絶対とる。はユン君は千の目でガンミするけどももちろん。女子が熱い。2枠しかないんだから、女子も見たい。予測つかないですがわかばちゃんの爆発力に期待してる。爆発するとしたら彼女だと思う。体重的な意味ではなくて。すごく楽しみ。
---------
今日のレース結果にすごいもの見つけた。

a0305943_20524061.jpg
おわかりいただけただろうか。

3R 3歳未勝利牝
1着 ふれんどパリ
2着 ぬんジュリエット

パリ ジュリエット
これはっ。見つけるのが遅かったぁああ。


はゆんくんファンで新聞見てた人は買ってたでしょうね。ぶぃぶぃ。
宝塚記念は同じ枠17馬連141にしてみよう。


14番いなかった。





by kumaol | 2017-06-24 19:43 |

FaOI新潟最終日

新潟座席23列目リンクの手前半分が見えない。人の頭を見る。芝居でも映画でも頭を見るつくりはいい加減やめにしてもらいたい。なぜ頭を見せて平気なのか。いらいら、するところなのだが、しかし、新潟は音響と照明が非常によくて頭で見えないところを見えないと固定観念で見ようと頑張らなければ演技に集中できて見ごたえがあった。幕張はリンクすべて見えてスケーターの表情も見えてよく見えてよかったが音響と照明はひどかった。新潟はテレビ局主催だからか、音も光も上手で、これが本来の姿なのかと思った。いかに幕張がひどかったか。杏里の声も一語一句すべて聞き取れたしピアノも一音一音しっかり聞こえる。中西さんも大黒も下手だったのではなく音響が悪かったからかも。新潟のゲストアーティストは杏里のほかは藤澤ノリマサ(ポップオペラと紹介される)と木下航志。歌がうまい。ピアノの弾き語りをするので二人は似通ってしまった。もったいない感じ。最後にギタリスト(サプライズ?)73-78番が増設されていた。ステージ横になる(リンクなし)。新潟から徒歩20分、アップダウンなく車の往来も少なく歩き快適。新幹線行きは停車駅大宮新潟だけで1時間半、帰りは燕三条長岡越後湯沢高崎熊谷大宮上野東京たくさんとまって2時間10分。指定席自由席ともにすべて埋まっていたらしい。尾木ママはステージ寄り通路横のSS,立ち止まったり写真を撮る人多数。


前半
1 オープニング~杏里コラボキャッツアイ
a0305943_21491828.jpg
猫耳つけて登場した。ロングでひざつきお座りでにゃんっポーズ、歓声があがる。群舞エンディングですてっと転んで最後のハビと背中合わせになるのができなかった。どじっこ。

2 坂本花織 黒ノースリーブ 007みたいなの

3 デニスバシリエフス 雰囲気がランビに似てる。思ったより背が高い。シットスピンを上体を垂直に立ったままするのが新しい。

4 鈴木 アメジスト 衣装と照明がきれいだった

5 織田 藤澤ノリマサコラボ 愛のあいさつ夜空に星をちりばめて
おだくーんはなかった。白いひらひらしたブラウス。「あー」とオペラチックな高音を張り上げるところでジャンプ。藤澤「去年に引き続き世界を代表するスケーターとコラボできてうれしい」

6 メドベセワ 藤澤コラボ 星に願いを
ピンクベージュの子供らしいかわいい服。白タイツ。前も見たような気がする。丸襟長袖。ずさー、ハイドロ、ビールマン。はゆんチックな技を短くつめこんでジャンプはいつもの彼女らしい垂直タノジャンプ。

7 ジョニウィア クリープ クリープといえばの黒ロングスカート。ずさーで腹筋運動数回。

8 アクロバット。白鳥の湖の音楽と衣装でやることは同じ。バランスをとる。ものすごくむずかしいことをしているんだろうけどやってみようと思わないので難しさがわからずむずかしいんだろうけど地味なので拍手喝采する瞬間が見落とされる感じ。

9 宇野 今季SPの冬。3A秀逸。最終スピンで転んだかな。着氷時フリーレッグのグルンが気にならなかった。人の頭に隠れて見えなくなっていたのかもしれない。治っているとよい。

10バトル 木下コラボ スティービーワンダー Isn't she lovely 
バトルの陽気なさわやかさがよく出ている。赤Tシャツ衣装。前回はニカニカ笑ってサイコパスみたいだと思ったが加山雄三のほうがいいかな。織田x藤澤に続き、歌と合っていてゲストアーティストを呼んだ意味がある演技だった。(人の頭で)姿が突然消えて見えなくなり対角から現れるイリュージョンショーでもあった。

木下「みなさんこんにちは。心の目でスケーターとコラボしたいです。CDを売っているので買ってください。(会場から笑い声)笑うところじゃなくて。お求めいただきたい。(しーん)」さんきゅーという新CDが出たことは事前に紹介があった。まじめな人なんだなと思った。

11 ハビ 木下コラボ アソングフォアユー カーペンターズとかいろいろの人が歌ってる、歌もうまいしピアノもよかったしハビエルもよかった。まじめなプロとハビのいつも困ったような表情は似合ってる。黒の上下スーツに白T、リンクは赤のライティング。

12 安藤 エレストゥー 紫色のロングフレアー。後半ハビエルが出てきて二人で、一緒に滑るというよりハビがスピンしてるそばで安藤が見てる、休憩してますみたいな。でも二人一緒だと絵になる。結婚しちゃえばいいのに。

13ランビエール サムタイムスイットスノウスinApril。最後べたーっと寝る。牧神の午後オマージュか。幕張でもやってた。白シャツに紫のズボン。紫が多い。前髪が長くてはらはら顔にかかるのがどうしても気になる。おでこがどこまでだろうとかどうしても気になる。落ち武者ダンスという言葉が浮かんでしまうほどだった。前髪が絶対長すぎる。関係ないことを気にしてしまうのはスケーティングがさすがで気になるところがないからだ。スケーティングが下手だとそっちに気を取られて髪の毛はどうでもよくなる。という綱引きの問題。ランビのスケートはおもしろい。退屈しない。でも髪。

14 パパダキスシゼロン アイスダンス 藤澤コラボ オーソレミヨ
赤いオフショルダーのワンピースで赤の衣装はやっぱり目立つしかわいかった。リンクのライディングは白でまわりに黄緑のスポット。

15 荒川 ジェラシー 
a0305943_21473799.jpg
最高よかった。荒川さんは立ってるだけで華がある。顔が女性の中で一番小さい、はゆんくんくらい小さいかも。手足が長くて色白で何もしなくても美しいのだがスケートもすばらしかった。衣装も髪型もすてき。ショースケーターの第一人者なのでは。メリハリのつけ方がうまく魅せ方を知っている。

16 プルチェンコ セボン いつもの。北に出かけて行って膝の上に寝転んだ。手を取ってダンスはなし。筋肉姿の隠れキャラが壁にライティングされる。


前半終了。14:30
バズーカは北ジョニ南ハビ。ハビのはSの後方27列くらいまで飛ばしてた。次はもっと飛ばそうと高くしすぎて鉄骨にあたりSS最前の通路あたりに落ちたので奪い合い。

後半開始14:52

1 バルジ MJトリビュート マンインアミラーBADスリラービリージーン最後わからず。マイケルの曲でやるとどうしても物まねを期待してしまう。マイケルはダンサーだったから彼を重ねてしまうので損なのではないだろうか。ジョニのプロは面白いが楽曲の力に助けられてると思う部分もあり、ラジオヘッドやシーアはダンスをしないから彼らのダンスの物まねをする必要も思い浮かばれることもないわけで、その点マイケルは曲を聴けば空中にマイケルを思い浮かべてしまうわけで。まあそれでもいいのか。ビリージーンの帽子が白い遠足用みたいだったのがおかしかった。バク転2連発あり。

2マリン クライムテール。今回はツーテールで。ツーテールのほうが幼さが残る。ハートがいっぱい飛ぶライティング。

3織田 ランビエールと振付したばかりの初披露。茄子色の上下、ズボンはベロア、トップは丸襟で襟周囲にきらきら。To Build A Home ピアノ曲でボーカル付き。

4安藤 杏里コラボ 悲しみが止まらない 前回まで欠かさずスタおべしていた前の座席の人たちが座ったまま。よくなかったかな、不審。こじんまりしてたかも。衣装は縄文時代みたいなシンプルなワンピース。ゴールドベージュ色に黒いベルト。黒ベルトが目立つ。

5荒川 コラボ オリビアを聞きながら 白いワンピースで裾のフレアー部分だけがブルー。きれいだった。

6バトル 手首をもにもにする手の体操みたいなbetter to be loved。加山さん。バトルも個性が強いということだった。普通に見えてたのに。

7 アクロバット 炭鉱夫の格好でカンテラをつけてる。やることは一緒。すごいんだろうけれどもこんなところがすごいと説明されないと理解できない。

8 めどべ EXプロ、バスローブにタオルターバンで、恋人との電話に怒って口紅塗って深紅な衣装になって情熱的になるみたいなあれ。新潟の目玉はメドでもあったが意外に目立つところがなく、ショー向きではないのかも。椅子をもって退場するとき投げキッスがかわいかった。

9鈴木 木下ピアノ杏里歌コラボ サマーキャンドル
杏里が黒白カーディンがんと黒スカートだったのから白ワンピースに着替えてて鈴木さんも白いワンピース。V型のバレッタがきらきらしてきれいだった。

10 ジョニー 木下コラボ アメージンググレイス 肩にグレーの羽がどっさり乗った衣装。

11 ハビ チャップリンSP よさがわからない。オリンピックやる気あるのか。

12エアリアル ペア。国旗を引き裂いたような布にぶら下がったり回ったりポーズとったりする。女性の金髪が人形みたいだった。

13プルシェンコ 震災のためのマイハートイズオンリーなんとか。財布を落とした中学生みたいにとぼとぼ歩く出だし、不安感を表している。演劇調。

14パパダキスシゼロン 最後後ろから目隠しする。DVとか?小芝居の意味がよくわからない。ビヨンセ?不明。

15 ランビエール 日本初公開 Slave to theMusic 黒ラメジャケット内側金ラメ。右手のみ白ラメ手袋。軽快なポップス。まじかっこいい。でも髪。

16 ゆづ 北ショート近くがスタート、4Lo南ショート側は2抜けに。 3A美南ステージ側 4T3Tショート北から南へ。スピン中央。舞台裏に消えると生ギター(奏者今野竹雄氏)でパリ散イントロ、登場してパリ散、ヘランジは北側。
a0305943_21475760.jpg
頭の森の隙間から見えたのは背中だけ。残念~。

演目終了16:08

フィナーレ
めどとジョニが一緒にずさー、はゆんくんが追いかけてずさー、はゆんめどジョニの並びで肩を組んでぴょんぴょん。ゆづとプルが手をつないで腕の筋肉を作りあう(北向き)群舞でも荒川さんは目立つ。手をひらひらさせる振付の手が一人だけ振った空間を粘つかせる。優雅に見えるしワンテンポ遅くしてるかもしれない。茶道の先生みたいな手の振りだ。
挨拶 「みなさん千秋楽楽しんでいただけましたか。去年は出れなくてつらかった。人生で一番楽しい週だった(週と聞こえたので今週だけの話?と聞いていたが梅雨といったらしい)、生涯でといってもまだ短いけど一番楽しかったオリンピックより楽しい。北のえーせき!(わーわー)南のえーせき!(わーわー)SS席(うぉおーー)すごいね。ぷれみあー!(ゎぁゎぁ)(人が少ないから声が小さいから)少数精鋭だね!(ショートの関係者たちおよびすたッフにお礼)じゃあいつものようにありがとうございました聞かせてもらえますか。(あちこちからありがとうございました)ふふふ。ぼくが先にいったほうがいいよねうまくまとめたとおもったんだけどな、じゃあ。(マイクを置いて)ありがとうございましたー」(ありがとうございましたー)

南のSはなかった。------

写真はSportivaウェブサイトから借りた。

マックスときは二階建て
a0305943_21065478.jpg

大宮しか止まらないときは早い。大宮までは遅くて駅名が読めるので動体視力がよくなったかと誤解したが遅いだけだった。大宮過ぎから本気を見た。駅名読めず。
a0305943_21073301.jpg
新潟。武蔵小金井みたいな感じ。西口は自転車置き場万代口はバス乗り場。
a0305943_21084554.jpg
静か。
a0305943_21091219.jpg
全席禁煙だが、東京駅にも新潟駅にも喫煙ルームがあるので、世の中は喫煙者にきびしいというほどきびしくない。東京駅ははしっこだが新潟は真ん中にあるので便利では。

万代口に出るとバス乗り場と草花。人影少なく。
a0305943_21113943.jpg
大通りを歩くが車も少ない。


高い建物は一つしかなくてそれが朱鷺メッセのホテル。高い建物と金色の短い煙突みたいなのの間がコンベンションセンター(会場)。手前信濃川。
a0305943_21130752.jpg
駅前の711では売り切れだったルマンドアイス、駅構内の土産物屋では
a0305943_21151544.jpg
アイスボックスひとつがルマンド用、さぞかしいっぱいつめこまれているのでしょう。中をのぞくと


からだった。
a0305943_21160246.jpg
-----
幕張の音響照明はひどくて新潟の設営はひどい。よいのは出演者。はゆんくんはあいさつでMKb社長に感謝を言っていたけど、視界にあたまだらけの席で白けて聞いていた。それくらいひどい席だと思った。そういうものなのですか。DOIとかPIWとかよく見えてどこの席でもいいって聞いたけど。主催者はよいすけーたーを集めてこれたのが手腕でそれで終わってしまってる。舞台が作れていない。ショートに机とペットボトルが並んで三列関係者席になっていたが、関係者席は否定しないが客には頭を見せて平気でいるわけでしょう、はゆんくんがFあIOに出なくなればいいなあ。よその興行に出てほしい。

by kumaol | 2017-06-18 22:19 | 雑記

応援バナー作ってみた

演技が終わってぱたぱた振るバナーを作ってみた。

きらきら光るラメ入りB4サイズの黒フェルトと黒白肌色3枚セットを買う。黄色と赤は背カンを作ったときに買っていたビビッドセット。布ボンド。


はゆんくんの導きの光をテーマに

a0305943_21375273.jpg

これは騙りのいたずらだと思ったんだけど本物だってことで二度驚いた。本物なんだって。
私って一人称もぞわわとしたし導きの光てどっから出てきた言葉なんだろう。宗教ポイ。なんかきもい。天才ならばこそのすっぽ抜け感。



できた。


a0305943_21410453.jpg
ローマ字だとUが多い。Uは蹄鉄なので蹄鉄だからうれしい。

黒の台紙に黒の髪じゃ目立たないからブルーにしようと思っていたことをすっかり完全に忘れて黒で髪を作った上にフェルトに直接絵をかいて切ったので髪の流れが逆になってしまった。毛先は右に流れなければいけないのに。大丈夫だレも気づかない。そもそも似ていないんじゃないかという触れてはいけない件。

この辺が導きの光。 星。星。星。

a0305943_21443136.jpg


導かれてプーになる。ぷぷぷ。
a0305943_21450414.jpg
ぷーの顔が一番むずかしかった。鼻のしわとか口の横のむむっとした線とか必要だけどつくることできず。指が太すぎてフェルトが埋まりはさみで切れない。老眼鏡をいくつかかけかえたがどれをかけてもよく見えなくて心眼に頼った。すなわち適当に切った。



さてさて、じゃあ、応援の練習をしよっか。

わんちゃんも呼んできてね。

a0305943_21515742.jpg
ぐっすり寝ている。抜きでやろう。





さあ、始めるわよっ!。




演技中は静かに、ひざかけにしちゃいましょう。
a0305943_21483551.jpg


(スタオベ)立ち上がって、バナーを振るわよ~

a0305943_21501620.jpg
はゆんくーーんにゃあー
ゆづちゃーーんひひーん
わーわーきゃぁきゃぁ

ぱたぱた~

ぱたぱた~

一所懸命応援しようね。



はゆんくんとぷーちゃんいつも一緒。
a0305943_21515896.jpg

---
ショートはバラ1に決定したけどフリーはなにかしらね。しょぴんしょぴんもあるかなあ。ピアノピアノがあるんだったらラヴェルのオンディーヌかソナチネを見てみたい。フィギョアの曲は同じ曲の使いまわしが多い。フィギュアの曲として古典になっているような曲、ツーランドットやカルメン誰も寝るななどそうかも。デビッドメドレーなんてないかなー。オリンピックだからゴールデンイヤーズふぇいむアブソルートビギナーズなどミキシングで、ないよね。楽しみだけど不安も大きい。
---
入居の挨拶をしない斜め向かいの家のごみが収集日がちがうからシールを貼られて残されていた。風が強い日で向かいの家と道路を行ったり来たりして風がとまって向かいの家の前にとどまっていたが2日たってもそのままで自分の家に持って入らない。一度捨てたら収集される日までずっと外に置いておくつもりなのか。驚く。すごく嫌い。朝夕は結構なスピードで立ち乗りみたいに自転車走らせてるしもちろん挨拶はなしちょこんと頭下げるのもなし。ほんとに大嫌いな家だ。ほんとに危ない人かもしれないから近所の世話焼きのひともごみを届けに行かない。
---



by kumaol | 2017-06-07 21:54 | 雑記

ポッキーが半巻きしない

さくらよりは操作しやすいだろうってことでポッキー。ぺラムはみ。トイレの角でのは・ん・巻きができない。6周くらい回ってやっと一回できたがはんまきをさせようとすると蹄跡行進もあぶなくなりよれよれ。森からトイレに向かってトイレの角でのはんまきができない。できないから蹄跡回ってできないから蹄跡回ってできryもう3周くらいして馬が悪くなるからって取り上げられた。乗り替わって見ておいて、終わり。見てできるならもうできてるわ。見てできるなら。できないと時間も短い。23分くらいで終わり。まじつまんねえ。くそつまんなかった。「開いて」というけど開き方が合ってないんじゃないだろうか。わからないことをまたずっとやってしまって最後までわからずわからないまま。たまにできたわかったと喜んでるけど、馬が気を利かして(号令に反応してあるいは気まぐれが正解だったりして)馬が勝手にできているだけなんだ。馬の手柄を横取りして自分の手柄にしてるのだ。できなくてうーうーしてる時、「小学生の子供のほうができてる」って叫ばれてるけど、指導じゃなくてののしり。小学生に負けないぞとがんばれってことか小学生にも劣る自分は死んだほうがいいと恥じろとかってこと?小学生の子供なんて知らん。どうでもいいよ。しばらく足をつくだけで半月板が痛かったが少し回復した。久しぶりだったので気合を入れて新しいシャツなど着てできることを期待していったがよれよれ並足してぶんぶん反抗されるだけだった。パジャマで行けばよかった。馬には感謝してる。
カレンダーに空きがあって予約できてたけど空きは一クラスもなかった。1日に予約でいっぱいになってしまう。月初は唯一忙しいので予約電話ができない。8月は乗馬なしだ。6月と7月はいくつか予約取れてるけど、何回かは「できた」「わかった」って楽しい時もあるかなあ。
----
今月は1日に隣の男が歯医者に出かけたのでさらに忙しかった。前歯が折れて抜けたらしい。見てみてというから見たらすごい歯をしてた。色がいろいろ。黄色っぽいのやグレーっぽいのや白っぽいの。一枚の歯は同じ色だが口の中にいろんな色の歯がある。トウモロコシみたい。お茶屋に買い物に行ったらそこの店員もものすごいトウモロコシで、うっはっ。ブラウンのプラチナブラック7000を使えばいいのに。ってね。
----
本「しんせかい」山下澄人
羽田さんの芥川賞が面白かったので芥川賞をいろいろ読んでみようかなと読んでみたらすごいつまんなかった。今日の乗馬ほどではないがつまらない。いつの時代の小説かってくらい旧世代の小説で旧世代でも面白ければいいけど大げさでブッてるというか何を書きたいのっていうかどうでもいいよって話だった。作者名なんだっけと途中で表紙を見たら山下澄人で主人公の名前だったので主人公の名前が作者名だから作者が主人公なのかと知ったらますます昭和の小説みたいだと思った。すごくつまらないのに主人公と作家名が同じなために作家の名前を覚えてしまった。記憶容量的に残念。
----
ファンタジーオンアイス
 
ノーミス演技ゆじゅのスタートポジションの真ん前が席だった。
a0305943_21465687.jpg


決め
a0305943_21472759.jpg



by kumaol | 2017-06-03 21:14 |