人気ブログランキング |

もうひと鞍ラ

エレノアで駈足B
a0305943_20410159.jpg
うしろの馬場で馬が騒いで神経質になってしまった。引き馬途中で首をあげジタバタしたのでちょうば策で運動してから乗った。バランス。姿勢。おへそだして。胸出して。エレノア動かない。


More

by kumaol | 2014-11-10 21:09 |

エレノア背負い投げ未遂

ふくらはぎに細長い楕円形の赤いあざができてた。左足に濃い。ふくらはぎではさむはさむとやってついたあざだ。あざができたの初めて。ムキになったのかな、そうじゃない。はさめるようになったんだろう。重い靴で。いい感じ。
エレノアには扶助が強かったらしい。急発進して急停止されて背負い投げ寸前だった。こらえた。最初にそれやられたのでびびってしまってぜんぜん扶助できず、こわごわ。体も硬い。一度はうまく乗れた感覚のあるエレノアだったがこわいこわいで終わってしまった。勇気を振り絞って駈足A。インフィニティ。インフィニティはかわいいから好きだ。前髪が異常に長いところがよい。4人でサークルだったが誰もうまく動かせず、並足もだらだらして駈足に移行できず、だらだらと終わった。なんのレッスンだったのか。自覚が足りない。
駈足レッスンをBとAと連続でいれたけれど駈足できなかった。リズムに乗れない。
4級取得はアゲインだった、連続アゲイン。いつもにこにこしてるかわいい子。
立てる。前橋を利用すればちゃんと前に立てるわ。いい感じ。アゲインははやあしもすぐに理解してくれてとっとことっとこはやあししてくれるので、立って座っての勉強がたくさんできる。手綱に頼らないように言われて、たよってませーんと自信だったけど、家に帰ったらどんどん肩が痛くなっていたので、頼ってたんだろう。肩が痛くなるのはひじがかたいせいだ。もっともっと力を抜くんだ。アゲインかわいいな。だがぶひはなかった。日によるのか。輪のりはだめだった。手綱をどうすれば丸く歩くのかわからない。わからないからわからない。そういう段階。
犬を病院に連れて行って目薬さしてもらいくつろぎタイムしているとじゅうたんにおしっこした。いきなりされた。犬がよくわからない。
本「ひぐれのラッパ」安房直子 読んだ。動物が出てくる、動物がしゃべったりトランプ作ったりファンタジーなのだがすんありそういうのが普通に思える。ウサギの料理にアクセサリーを渡すのが惜しくなってウサギの家をつきとめ調味料を全部盗んで夜逃げしてしまうという若夫婦が松本清張の書く夫婦みたいだった。昭和の作品は無国籍無時代のお話に作られていてもやっぱり昭和のにおいがする。昭和には二度と戻ってほしくない、がさがさして混雑してとにかく混んでいてがさつで我先で公害。ひどい時代だったと思うけれど、今だって100年後には暗黒時代と呼ばれるかもしれない。高度成長の人口大爆発の時代があって、技術が進歩したのは否めない。身近に感じるのは電車の進歩だ。電車は広くなった。昭和50年頃はぎゅうぎゅうづめで、置換だらけだった。新聞紙はばさばさ広げられるしタバコは線路上にもホームにも自由に捨てられてるごみだらけ。いやな時代だったなぁ、その頃に比べると今の電車はすてきです。もう昭和みたいな人口はいらなくなったから少子化は当然だとおもうんだけど、人が少なくなると公務員や政治家の数も減る。その抵抗か。年金制度のために人口を増やすなんてほんっとにばかげてる。減っていく人口はどこかで止まる、止まった人口を予測して社会制度を整備していけばいい。年寄りの人口にあわせて若者の数を増やそうとか本気なんだろうか。としよりはやがて必ずいなくなるんだけど。過去には戻りたくないものだな。

by kumaol | 2014-10-20 20:39 |

むにゃむにゃしてる間に

急にこわくなる。にんじんをつまらせて死んだとか腹帯をしめたら倒れて死んだとか、事実らしいので。馬ってなんかいきなり繊細。急に馬がかわるというか、きのうまでとぜんぜん違うとかよくある。
アベニュー
a0305943_20361831.jpg

いままで温和でなんにも気にせず乗れた子なのに、いきなりデビューしてた。
前の馬につっかかるつっかかる。目の前がいつも馬のおしり。はやあしもブワっと光速で出る。一度はかけあしに。こんな子アベニューじゃない。
前にいきたがってどうしようもなくなってる馬に対しては、小指をきゅっきゅと閉じるなんていうやさしいブレーキではなく、両こぶしを上に上げてきゅうっと止まらせる。まず最初のブレーキで止まらせて、いきたがりをぶちのめす。このくらいの気迫で対処しないと自分が泣くことになるというアドバイス。騎乗中はずっとブレーキブレーキと怒られどうしだった。馬間距離ガンバルゾとのぞんだレッスンだったがおそろしい前進気勢にあわわおととのしどうしで。アベニュー戻ってきて!!
a0305943_20364010.jpg

アベニューは星の形がアメリカ大陸が目印です。洗い場では「こんなかわいい子いない」てくらいかわいい。耳をかくとおおきなアメリカ大陸をすりつけてきます。じっと。おとなしい。

ソミュールも、こんな子じゃない。暑くなって、走るけどめんどくさく走ってる。だからすぐ止まるし。めんどくさいって言ってる。
足がはなれるのは、あしが前に動いてしまうからで、頭とおしりの真下に、まっすぐ、足が置けるように丁寧に。丁寧にをこころがけるとすこしうまく乗れる。丁寧は、長時間もたない。とても疲れた。
ソミュールは楽にいっぱい走ってくれたと思ったけど記憶違いだったようだ。めんどくさいって。
a0305943_2039498.jpg

出勤前。のんびりソミュール
a0305943_20402985.jpg

馬房は一番東側なので、どこよりも最初に朝日があたる。きらきらソミュール
a0305943_20412050.jpg

連れ出されたソミュール。セミみたい。なぜか
顔が細くて黒目がまっくろで出目だからセミっぽい。目が出てる(確信
はなのさきっぽがピンクでかわいい。裏堀しようとするとまず右まえあしをあげるいつも。おもしろい

選定で駈足B。ひさしぶりのエレノア。エレノアはソミュールの隣でいつも会ってるからなかよし(のつもり)
いつものように「なによ!なによ!」と首を上げて発進してくれて、最初はがたごとのリズムだけどだんだん人に合わせて走ってくれる。エレノアのおなかと自分の足がなぜかぴったり一致して足がぴったりくっついてた。不思議なこともあるものだ。できる気になれた。エレノア、もしかしてやさしい子
a0305943_2046480.jpg

横顔がイケメン 女の子です。
a0305943_20462429.jpg

エレノアはほこりっぽい。いつもほこりっぽいエレノア。先生が首筋をたたいたら指の跡が白くついてた。それを指摘したら「エレノアはプライドが高いから指導員と(自分と)は別格だと思ってるんですよ」そのほこりではない。

家かえってブーツとか洗って立ち上がったら腰がやばかった。近いうちぎっくりくるかもしれない。もろさを感じる。ホイールカバーが取れてしまった。スピルバーグはやたら強いけれどG1で通用しないのが情けない。
クラブのフロントは美人が多いと思う。キャリーパミュパミュに似てる子は4月からどこかにいなくなってしまったが、代わりにごうりきとえのもとかなこに似た人が入ってきた。ごうりきはヘアスタイルもショートのごうりきでそっくりである。わざとかな。武井咲に似てる人もいて、インストラクタも兼ねているので教わるときは見とれてしまう。

by kumaol | 2014-05-24 20:54 |

来月があるじゃない

4月最後 さんざんだった 期待しても期待してもぜんぜん進まず。できず。できた気がしてできず。できなかったつまらなかったももう書き飽きた。


a0305943_16543996.jpg

朝。エレノアのハミは草のはきもどしに埋もれてた。ふき取る。選定エレノアだった
久しぶり乗ってみたかったし、継続できるかも、上手になったあたしをみてもらうエレノアに
馬は、駈足の最初に首を上げる。そういう構造のようだ。
エレノア、「なに?かけあししたいの?わかったわよ!」首上げる、駈足一歩 止まる
首上げる。駈足いくか いかない。止まる くりかえし。えんえんと 時間中ずっと首上げてとまって首上げてとまって駈足でるぞとおもわせて出ない。終わった。
a0305943_1655015.jpg

後ろ足の裏堀がむずかしい。ケンケン蹴る。おがはうしろにたまってるんだよエレノア

同じ時間に、ソミュールに乗ってる人がいて、専用でとったらしい。ゼッケン、ボア、ゲル、鞍、プロテクタが自前だった。ふかふかのボアゼッケンと色がそろったゼッケンとプロテクタのソミュールはとてもおしゃれ。かわいい。お坊ちゃまみたい。首上げだけのエレノアとちがい、がんばって走ってた。てけってけっとがんばってる。ソミュールは頑張り屋だ。ちょっとシットした。

インフィニティで駈足B
a0305943_16561068.jpg

口カゴ 危険な赤の洗い場のインフィニティは馬場で走り回ってた。馬装済
a0305943_16572381.jpg

ゴゴゴゴゴッォォオオ
a0305943_16575141.jpg

インフィニティも乗りたかった。エレノアみたいに、うまくいけば、ふわふわと雲のような駈足をさせてくれる女性である。超速はやあしをさせてからじゃないとかけあしの準備が整わない。超速はやあしを最初に経験したときは泣かされた。こわくて。もうこわくはないのだが、あぶみははずれっぱなしふくらはぎはぱたぱたはなれっぱなしでのはやあしだった。足がどうであろうと軸に対してまっすぐ乗れていればいいのだよ。乗れてたかはわからんが、気持ち。結果、首上げて駈足1っぽ2歩さんぽ はやあしなるからもう一回 首上げて駈足一歩二歩散歩 くりかえし。継続しまちぇん。ふくらはぎが、つかなすぎでおさえがないからまるでだめってことで、あぶみをかかとでのばしてるからアブミの上にのせた足の部分で下に踏めと。
インフィニティにも進化したわたしを知らしめることはできなかった。
この回ソミュールは厩舎でおやすみ

アゲイン いい印象があるのでたぶんやさしいいい子。どんな風にいい子かと言うとおぼえてない。
a0305943_16584431.jpg

あいまいな印象はあってもなくても同じ。ちゃんと記憶しなければいけない。
わりと勝手に前に進み、はやあしもブレーキも、あたしがやってるんだか彼が勝手にやってるのか判断しづらい。そういう意味でレッスンにすんなりついていける子である。馬間距離は近すぎる。はやあしのリズムは小さくて早い。唇の皮がむけてた。連続レッスンで、次は指名されてた。「アゲインがかわいいからいつもこの子です」と言ってた。おとなしくてかわいい。
a0305943_16591164.jpg

黒い子だけど虫に神経質ではない。おっとりしてるかな。リードロープをむぐむぐ噛む。

専用馬でかわいがられる子は幸せだと思う。つぎに幸せなのは嫌われる子だろう。なんとなく乗られてのりものとしてしか印象に残らない子が一番かわいそうだ。嫌われる子のほうがやっぱりかわいそうかな。駆けBで初めから上手ですぐAに行っちゃった人と話したが、「エクセルなんてだれも動かせない。スタッフだけ。」「えーあなたでもそうなの?」「3歩でたらいいほうだよ」エクセルにあたったらその回は「なかったもの」と考えるものらしい。
もし馬がホストクラブだったら、かなりやばいと思う。でれでれしっぱなし。いいところ見せたがり嫌われないかとびくびくしまくる。「ねえーあたしでマンツーとってぇえ」アイリッシュに言い寄られたらとっちゃうし。「絶対あたし選んでよね」言われたらセシルでしか乗れないし。やばい。萌える 馬にあまえられたいわ
5月は駈足はソミュールにした。かわいいし。ソミュールが死んじゃったらどうしよう。

by kumaol | 2014-04-29 16:53 |

駈足進級せず

今年の駈足おわり 進級ならず
あとから始めて次のクラスに進んでいる人をまた一人発見した
どんどんぬかされていくどーしょもない へったくそ

最後の駆けはエレノアで
かわいいと思ったその日からずっとかわいいえれちん
合図がきにいらないとぶわっと飛び出るこわいこわい
あいかわらずほこりのめだつからだ
この仔は洗い場の一番はしっこにいて、そのはしっこの位置は午前中光が強いのです
まぶしくて鞍の止め具がどこかみえないくらいなのです
だから ほこりも目立つのだな
ブラシかけるとなれなれしくしないでよ
うらほり?結構です 拒否
手入れをさせてくれないこ 
頭絡つけるのとはずすのと無口つけるのとはずすのと馬場までひくのともどるのと
全部スタッフ扱いになってた
お嬢様やね

馬は個性がある
いろいろ、かわいい
わたしとしては、あらいばではおとなしうしたいことさせてくれておとなしい子がかわいい
馬場では合図がきいてるかとおもわせてくれるような子、まえにつっかからずのたのたせず
そういう子がかわいいと思うけど、
実際はどの仔にあたってもこせいを感じておもしろいし、むずかしいと思う子にあたると勉強になってためになる
気楽に何も考えずかわいいな!と思えるのがおとなしくて夢を見させてくれる仔ということです

ベーシック馬場のシンセサイザー
騎乗前のうらほりは、よこにたっただけでぽいぽいぽいぽいと四本あげてくれて
なんてかわいいと思ったんだけどもお
走り方が独特で、首を下にしてすっごう下にして走るから
たづなの気の使い方がはんぱなかった。すごくながくなってしまった口がすごく遠くにあるん
それで正反動したら、反動がすごくおおきくて口がすごくとおいので手綱がすごく長くて
「手綱がないのと同じ」
ぴよんぴよんおしりはとびはねるし、死んでもおかしくない
こらえられてよかった
シンセサイザーは乗るのがむずかしい
終わった後手入れだったんだけど、なぜ?あしをあげない にくい さっきあげたのに
馬着のうしろのひものかけかたがわからなかった。先生にきいたけど、一度じゃムリ
手入れ講習会にでなければ 手入れ自信なし
手入れは、最後にスタッフが全部の馬のチェックをするんだと思ってたら、しないんだと
生徒がやる手入れで、おわりなんだって。えー 
自信ないままやってたら、だめだってわかった

ベーシックA
やった またシュークリームだ かわゆし
なんか、このこ人がかわったみたいになってて
夏は 薄毛のおばはんみたいだったのが、今はもふもふ白くまみたいになってる
夏はぼへーと薄目で立ち尽くしてたのに、今は食べ物に目を光らせてギョロギョロしてる
とてもくいしんぼうになってる
よかった 夏はちょっとやせてて元気なさげだったもん 冬ばんざい
馬場は薄氷がわれてずぶずぶしてる重馬場だったせいか、軽速足がゆっくりでリズムよかった
シュークリームも、うらほりさせないなあそういえば
あげさせようとするとせなかかむようなしぐさする
馬がいやがるときはムリにしないでよい というけれど
最後の騎乗になって手入れしなきゃいけなくなったら、どうやって自力でやるんだろう
おそろしいは

手入れ講習会
暗くなっててさむい まじさむひ
しんじゅ
この仔は蹄鉄をはいてない サラブレッドじゃないから ひづめはあさくて広い
暗いと、どこまで泥かわからぬ 
先生に、みてもらえるからということで、適当にやっているのだな 
この依存心を爆滅させなければ 自信もてない
まずは自分に勝たねば
なんか、
やっぱりいい加減にしてしまった 
手入れむずかしい
馬がきげんこわしてそうでこわい
まじめにやんなきゃ

プールに砂をつめて新しい馬場ができたんだけど、
体験乗馬用だけじゃなく、マンツーマン用にもしてほしい
マンツーマンぜんぜんとれない
毎日、全時間に1っこだけマンツーマンがあればいいんじゃないかと思う
マンツーマン取りたい人いっぱいいると思うんだけどなあわたしとか
クレインは感じよくて馬もかわいいから通って不満はないけれど、とはいうものの
7人8人と、生徒が多いレッスンにでるとつまらなく感じる頻度が多い
多くてもよかったと思うレッスンもあったけれどもね
よくなかったと思うとき
その1、馬場がうごかない 
先頭になってしまう馬がうごかないとみんながとまる せいぜい並足
ほとんどとまるか並足というじかんもあった 普通につまらない
その2 先生が自分を見ていない 
見てくれてる、関心もってくれてるというのと、そうでもないというのはわかる
実はちがうかもしれない 他人のことだから、コッチの勝手かも ではあるけれど、
見てくれてると思うと、気合が入るし集中力も出るし、なんと言っても、その場の助言がうれしい
その3 こっちがその2かも
時間が短い
大勢だと、踏み台を運ぶ時間がそのままレッスン短縮につながる
隣の3人くらいのレッスンでもう3周5周、まわってるのに
こっちはまだこれから台に上る人がいたりする
いっぱい乗りたいのにざんねんがっかりな気分
マンツーマンが毎週同じ時間でとれれば毎週とりたいし、そうならないかな

by kumaol | 2013-12-29 09:14 |

まだかけB

進級せず 今年はかけBで終わりか

エクセル 馬装は前からスタッフだったが馬装解除もスタッフになってた 危険度がアップした
裏堀は?「やらなくていいです 危険なので」 ラッキーにひひ
前のクラスで乗ってた人によると、馬装がスタッフオンリーなのは「腰をいためたから」らしい
鞍を載せると、うしろあしがガクっとおしてしまうとか。えー大丈夫なの?!
かけB程度の運動はしたほうが腰にいいから らしいんだけど うぇーん
なでたりりんごあげたりして開始を待つ 馬場へ あぶみの長さあわせるの忘れた

かけあし。 よーい かけあし チッチッ ぼんぼん ぺちぺち
動かず 
エクセルに乗ると、「時はとまった ザワールド 」 と思わずにいられない いや、ここは集中の場面
なんとか走る とまる せいぜい3歩 3歩走ってぽんぽんほめて3歩走ってぽんぽんほめて
かったるう
エクセルはこんなものか どうもありがとよ

次 エレノア
エレノアはかわいかった なついてきた気がする たぶん気のせい
裏堀しようとしたら足をあげなかった ぐいぐい 肩で押す あげない あきらめる
今度はちゃんとアブミもあわせた。自分で鞍をつけるから、流れとして忘れない 馬場へ
「プロテクタしてない」 あれ、どこで落としたんだろう?それはない。すみません忘れました
前のクラスでもはしってたから、鞍つけるだけだと思い込んでた。足見てたのに、プロテクタは脳に見えてなかったらしい 容量少ない脳め 
背中があがったとき、足を長くしてかかとをおとして沈み込む 
背中が沈んだとき、ふくらはぎできゅうっと押して推進の合図 ちょっとわかった
自分で動かせといわれてぽんぽんぎゅうぎゅうぐいぐいどんどんひっきりなしにしたがエレノア動かず
「本気?」はい。必死です
だけど、へたなてっぽもかずうちゃあたるの如し連打のパワーがつたわったか、走った
とまった 首筋ぽんぽん
「10分しかないんだから、愛撫の時間はない とまったらすぐ合図 ずっと走れ」
いいんだ! 
とまったら止まるのかと思ってた。なんとなく。言われなくても走らせてよいのか
とまったどんとまったどん ずっと走れた やった感あった よかった

牛筋をたくさん買って煮込んだ いっぱいできた いっぱい食べてる
ずるっとした白身のかたまりみたいなところ、なぜかいっぱい食べれる 体が欲してるのかコラーゲンを。ゼラチン質を。結構きもちわるい食感だけど、食べてる

休みなく走るようにと指導した先生は他のせんせいより少し年配で、
はっと気づいた
たぶん、歳が近いから、(といってもひとまわり以上下だと思うが) ずっとの運動もできると思われたんだろう
ほとんどの先生ははげしく年下なので、おばあさんには休ませたほうがいいだろうと思われての休みいっぱい駈足なんでわ 
ありそう

肩がかたまってる言われた そうかなあ さっそくガラスに映す
どうも、上腕を体の横につけて、脇をしめて と意識すると 脇周辺肩含むが力はいるようだ
うでだらんとしてからひじを曲げると、力が抜けていい感じに見える 
次回はこれだ

いっぱい走りたい

「イワンと仔馬」 ロシアアニメ おもしろかった
馬がかっこいい。前髪とタテガミとしっぽが長くてふさふさで顔が細くて小さい。おしゃれ
仔馬は利口で足が長くて耳が長くて灰色してる。
天馬が小麦畑を荒らしに来る。イワンは捕まえる。黒い馬2頭と仔馬をあげるから逃がしておくれ
そこからいろいろ不思議な力で王の家来になり、王も最後に欲かいてイワンを殺そうとするので逆に死ぬ
若い女に納得できない部分もあるけど、イワンみたいになんだか幸運になっちゃったな人がいるのもいいかもと思った。
王の宮殿の壁は太陽が笑ってたり蛇みたいなへんな動物が描かれてたりおもしろい
イワンが馬とダンスしたり火の鳥とダンスする場面はかわいかった 馬かわいい
絵柄がよい。

牛筋を煮た鍋 ひえると鍋ぜんぶがゼリーみたいにかたまるんだが、どうするんだろう 捨てるのか
食べても平気なのかしら

by kumaol | 2013-12-07 22:12 |

充実感を覚えるとき

こうしようとおもったことができて、前回よりもいい手ごたえを得たとき
充実感ありますね

会員さんと話した
その人は、ムーンライトクロスという馬がすごくよかったと言っていて、
自分の扶助にちゃんと答えてくれて、すごくいいと思った、充実感があったと言ってました
先生の声に反応しただけかもしれないけれどとも言ってましたが、多少はそうでも、「扶助が効いた」はとてもうれしいことだ。

馬の上では湖上の白鳥である必要がある。
白鳥は首を伸ばしたり縮めたり一所懸命やってない。ふわふわと浮いてるだけの姿で前進してる
馬上の人も、ふわっと姿勢正しく動かず。足のやわらかい扶助で馬に動いてもらうのです
今までは一所懸命アピールでぐいぐい肩だしたり肩で動かそうとしてたような。前傾が一所懸命アピールだった
ちがう だめだめ
上体はやわらかいが動かないまっすぐをこころがけた

駈足はエレノア 
裏堀3本できた。この仔はカラダをさわられるのが嫌いなので、横に動いてくれない
狭いところのうしろ足いっこができなかった。
前足からは寝床のおがくずがごっそり取れた。ぼろんと取れると楽しい。
走りは、扶助が強いとはねることは学んだので、下手してはねられてもこわがらないあわてないことにした
足はやさしく。カラダはまっすぐ 前回よりもいい感じ 
じょうずじょうずとほめられた(わたし基準。絶対基準ではない)
ほめられると、この注意力でいいんだ、と思う。充実感アル
エレノアはとにかくからだが敏感なので、ブラシかけもいやがる。ちくっと噛まれた
無口をつけるとき、頭をあげてまるでできないので先生を呼んだ
「ハミをひっぱらないで。頭絡から手をはなして。」
無口を見せるだけで、鼻をいれた。
エレノアはハミをひっぱられるのが嫌いだから、やさしくやってあげましょう
馬の、いろいろな癖を知るのは楽しい。生きてる、大事にしなきゃと思う
首を振るとか、噛もうとするとか、蹴ろうとするとか、気難しいポイントがどこなのかわかれば安全に対応できると思ってる。
最初のエレノアはちょうば策でひっぱって走らせてもらえたが、2回目は自分で走らせて とのことで
止まってた
扶助は動くまで強さ 早さ あたる場所 変えて、休まずやめず 動くまで
ちょうば策も先生の長鞭もなしだと、ひっきりなしの足扶助だった
リンゴあげた りんごあげると、口の端がぶくぶくあぶくみたいになる かじりのこしもハミにつくし
それがいやで、くびをふる。ハミ横のりんごを取った おとなしくなった
エレノアがかわいくなってきた
きむずかしは、いやなことがたくさんあるということだが、人が気をつけてやればいやな状態ではないというこでおっとりできるのだから、気をつけてやりたい
これってアンジェリークみたいだな きむずかしで黒いってことで、クラヴィスか
回答(対応)をまちがえなければLLE 

ベーシックA トーヨーは動かなくて有名な馬だ 大体渋滞の先頭にいる
初あたり 口カゴの仔
リンゴが口カゴの穴から入らない。次回からはスティック状に切ってこよう
並足は前の馬について歩くが、はやあしは出るのが遅い
前のクラスで、自分で動くまでふじょふじょふじょの練習をしたのがよかった
はやあしでるまであきらめなかった。渋滞先頭にならず、ついていけた
軽速足はまだどでんとしりもちつく。ふくらはぎを動かさず膝から上だけで立つようにしたらよくなった
/
\
こういう足の形から
|
\
こういう風に立つとうまくいく
それを、


こういう風に立とうとすると、おしりが重い どかっと座ってまえのめり
多分、ふくらはぎそのままの位置で立つのでいいんと思う
「トーヨーを動かせててすごいわ」知らない人に言われた
あたたかくて空気が澄んでて、馬がごきげんだっただけかもだけど、
お世辞でもほめられるとうれしいし

やればできること、やってみたらできたこと、おまけで人からほめられること
充実感ある

今日も楽しかった 次も楽しいように

さて
いつかけB卒業できるだろうか

by kumaol | 2013-12-01 21:59 |

駈歩B

あとから駈足Bに来た人がもう障害に進んでる。半年あとに入会した人が駈足Bにいる
駈足Bはかけあしの入門クラスで、だいたいみんなさっさと通過してる
完全おくれとってる しかたない できないし なぜかぜんぜんできん
a0305943_21433346.jpg

またエレノアにあたったらやだなあとずっと思ってた
おおきくて、きむづかしくてこわい が それではいけないと。
すきすきだいすき 次あたったら、うれしいーとおもうんだと思いつめた
人と人との関係も同じ
なんだかきらいで苦手でなにしてもいらっとする人というのはいる だがいてはいけないとも思う
ためいきの多い人とか、それが癖なのか、うんざりの表現なのかははわからないけど、ため息の多い人は苦手
ではあるが、息をまとめてはきたいだけだろうと思うとまあやり過ごすことはできる。
こっちが苦手な場合は、つごうよく解釈してやることでやり過ごせる。
馬の場合はたいていこのタイプだろう
馬は、たぶん、人を嫌いということはないとおもうので、こっちが勝手にシグナルを苦手なものに読み取っているのだ
首をふれば、「ストレスが多くていらいらしてるのか」とか
足をければ、「しんでほしいのか」とか いや、たぶん虫だろう
だが、虫が原因でもこわいと思うとこわい。なので、
「わたしはあなたを大好きだからね!!!!」と思い込む。すれば、虫だろうといらいらだろうと関係なく
うれしく接することができる

人と人の場合、相手が自分を嫌ってる、自分を嫌う人との接し方にびくびくすることがある。
駆けBも、なんじゅっくらと乗ってる すると
「まーたこの人か。進歩ないな」「いつになったらできるのか」
というシグナルを発してる(ような気がする)イントラがいるような気もする。
するとヘタの上にますますおどどどびくびくしてしまうわけである。
そのシグナルは、事実かもしれないし、単にひるごはん何食べようかとか、ちょっと疲れたとかの現われかもしれない。
わたしが、どう読み取るかということである。

馬に対して、人がびくびく接してはいけないというのは、そのびくびくシグナルが、「ぶつ」「いじめる」などに受け取られることがあるからだろう
人の出す弱気、恐怖(=シグナル)は、馬にとっては危害のシグナルなのだ

エレノア大好きは成功した
静かに馬装できたし
そうだった、今度から最初にうらほりする決心だった
隣の人に「乗る前にうらほりするんですよね」言ったら「えー しない こわいもん」
そういわれると、しないほうに流れるわたし。一本だけしてみた ごめん次は2本 だんだんふやす

エレノアが大好きなので、乗れてうれしいので、うれしい楽しいとおもってたら
初めて2周できた ゎーぃ
つるんつるんおしりがすべって、姿勢を保つことができないのは、ふくらはぎで支えられないから
つるんつるんいくたびに、あしがぶらんぶらん どんどん前にいってしまう
股関節 ぱかっといかないものかなぁ 
ぱかっといきたい
a0305943_2144175.jpg

いつもほこりっぽいエレノア
ほこりが黒毛にちらちら光ってる
a0305943_21442350.jpg

流星の中に黒雲が浮かんでる
最初はヘンだとおもったけど、鼻の上で宇宙戦争してるみたいでイイ ドラマチック
a0305943_21444823.jpg

きこうと背骨に差がないいいからだ
人間で言えば?むないたのあつい外国の男みたいな みしっとしたいい肉

いつもありがとう

by kumaol | 2013-11-23 21:49 |

駈足扶助いろいろ

やり方は同じだけど、馬によって強さや当て方がちがうって話

エレノア
a0305943_2223062.jpg

「いつかはエレノアに乗りたい。憧れの馬なんですよ~」と話しかけられた
障害でいっぱいリボンもってらっさるエレノアサマ えーやだよー
第一印象のでかくて黒くて首あげっぱなしでこわいという印象が抜けず
実際引き馬もこわいし、駈足はとってもおきびしい
強すぎると走らないか、よわくよわく丁寧にやると走るんだが、ちょっとチカラ配分が違っちゃうと
どわっと駆け出す。これは怒ってるからそうする。そして止まる
走ってるときは、走ってないくらいに反動がなくて動く通路に乗ってるよう
敏感な馬というわけだが、やさしいけれどしっかりした扶助とか むづいです
a0305943_22233261.jpg



最近モディ見ない
脱走したりわるさばかりするので、環境を変えて東武に行きました とのこと。
奇声を発したり、ラチ倒して走り回ったり 見てる分にはほほえましかったんだけど
いつのまにかお別れしてた 東武のみなさん、モディをかわいがってあげてね 
シャルマンもさよなら
おとなしくて最高齢のアラブ馬 体験乗馬で子供が騒いで驚いて転んで足怪我して
牧場に行って、もう乗馬はしないらしい。牧場でのんびりしてね

最近 ソミュールがかわいい 
a0305943_22235743.jpg

見てるし。

一所懸命走ってくれる。かわいいと思うと何してもかわいく見える
それに、すごいこと気づいた
この子はきこうが高く背中がやせているので、馬体が細い。だから、足をあまり広げなくても乗れる
明らかに、エレノアより細い。
股関節は楽だけど、ふくらはぎきゅっきゅがうまくできるわけではない。そこはヘタ
ちょっと外方脚をひくだけで発進してくれる 継続は、まだまだ
だんだん股関節がせばまって、ひざがひざあてにぶつかってくる そうなると、ふくらはぎの位置も変わってきてるはずで、はさんでるつもりがはさめてないだろう。それ以前に、ゴーカートに乗ってる体勢になってる気がする。まだまだやばいよ
でも 細い馬っていいわ 
a0305943_2224253.jpg

きこうの黒やピンクの点々は全部あんしょう跡 
新しい傷はないので良かった
a0305943_2225982.jpg

白くて 白だからきれいな気がしてふんふん嗅ぐ いい匂いがする
a0305943_22262194.jpg

右に立つと 右見てくれる 
a0305943_22264914.jpg

顔も細い。目と目の間が近い感じ

久しぶりのセシル
a0305943_22274166.jpg

顔でかい 目と目の間が広い
乗ってる途中で股関節が痛くなってきた 疲れてるのかな
セシルはちびっこなんで、落ちても平気にちがいないという安心感があるので
積極的に「いい姿勢」にトライできる。しかし股関節
「セシルは太っているから背中が広いせい」だって。やっぱり
下腹もぶよんと飛び出てるので、足が当てやすい。ちょんちょんと扶助すれば走ってくれる
気がする
実は、先生の号令とセシルの走法は一致してる
「はやあし」「なみあし」「ぶれーき」 3語をカンペキ理解してるようだ
セシルはあたまがいい
セシルはいつもかわいい
馬装中は、意地悪でそこがまたかわいい 
一所懸命蹴ろうとしてくれる。 アタシのほうが強いと言いたいかい
届かないから。蹴ろうとするの知ってるから届く範囲で馬装しない
勝った
いつもでっぷりしててかわいい 肉って感じ いい
a0305943_22281748.jpg

カメラ向けると伏せ目が多いような
まつげ自慢してるかな きれいなアイボリーのまつげ 長くて密
a0305943_22302873.jpg

腹帯が届かなくて、つなげられない でもこれがセシルの腹帯だと言う
両側とも1番先の穴でようやくとまったんだが
馬場でしめてもらったら3番目までいった 急にやせた!
a0305943_2232072.jpg

馬装が全部終わると、マワシ蹴り横蹴り幅寄せはしなくなる
デブはきつい服がきらいだしよく我慢した かわいいこ
a0305943_22331081.jpg

自信の伏せ目
ほんとかわいいわー

by kumaol | 2013-11-09 22:35 |

ほこりっぽい馬

パドックの馬たちはつやっつやでぴかぴかなのに、乗馬クラブの馬は、なぜそうじゃないのか

a0305943_19163521.jpg

馬たちは、1日の仕事の終わりにスタッフが磨き上げて厩舎にもどしていると思っていたんだが
そうじゃない気がしてきた。
朝一番の子が、ほこりっぽい。ひづめには泥が乾いてついている。
ブラシをかけるとぶゎ~っとほこりが舞う。首をなでると、手袋が真っ黒になる
ダレが世話をするのだろう
わたしがすればいいんだろう。できない
こわくてできない。

a0305943_19165952.jpg

ブラシをかければはなでどつかれうしろあしをケンケンされる。そうなると、もうやめてしまう。
うらほりなど、スタッフが見てないところでやる勇気はない。襲われたらこわい。
馬をきたなくしているのは、わたしだ。
洗い場で、馬が動くとこわい。
引き馬もこわかった。これじゃだめだ

a0305943_1917169.jpg

エレノア すまん

by kumaol | 2013-10-16 19:17 |