人気ブログランキング |

タグ:馬 ( 45 ) タグの人気記事

イラストでわかるホースコミュニケーション

目が疲れるから本を読まなくなっていたんだが本と目の距離を変えたら読めるようになったのでまた読むことにした。
本は目から何センチ離して!と言われていたから近づけたらだめだとカタクナに守っていた。いまさら守る必要があるだろうか。
本を置く位置を移動させれば読めなくはないのだ。

馬とコミュニケーションをとるイラストの多い本。文章も結構あるけどイラストがおかしすぎて文章は読んでない。
イラスト部分に説明文があるからそれを読んどけばいいと思う。

馬は臆病な動物。人がおどおどすると伝わる。人は堂々と。
このイラスト。

a0305943_23374979.jpg
どこなのここ。
犬が吠えまくり雉が飛び立ち空き缶が転がり植込みからロバの生き首が這い出ている。どこここwww。
黒いげじげじは一体何者。
こわいよ。


怖いもののそばを通るときにご褒美を使う(首をなでる)必要はない。
何事もないかのように堂々と通り過ぎましょう。
a0305943_23395653.jpg
震えの波線が、、つぼる。

出た!黒いげじげじ。
a0305943_23430373.jpg
怖いものから遠ざかる馬に寄りかかられる人間。うねってる。

震えの波線が人間に憑依。
a0305943_23443085.jpg
馬はなんなん?て顔してますが。堂々としましょう。どうどう。

この本一番のぶったまげイラストがこれ。
真ん中の手を挙げる馬。
a0305943_23454674.jpg
馬の前足って、こんなだっけ。
耳の後ろを前足で掻くことができちゃう。できたっけ。
見てはいけないものを見てしまった感がある。

人間のパーソナルスペースに馬を入れないようにしましょうという文章。

ぶったまげイラストもう一度。
a0305943_23474915.jpg

馬運車の載せ方とか、放牧場での捕まえ方とか、実用的なのかな、馬の絵がいっぱい載ってる。
人間役の人もこけしみたいでかわいらしいです。
黒のげじげじは異質。なぜ登場させたんだろう、ほのぼのすると思ったのかな。


a0305943_23500295.jpg
72ページ
2800円


-------------
洗濯機の下を掃除してたらおもちゃが見つかった。

a0305943_23593835.jpg
捨てたものもあるし捨てずにとっておいてるものもある。
覚えのなかったものが見つかると、ああっと思う。
目が悪くなってからのおもちゃで、あまり遊ばなかった。
元気でよく遊んでた時はおもちゃを渡すと一瞬でばらばらにしてた。
もう遊ばなくなってからのおもちゃだ。
取っておく。


by kumaol | 2019-05-20 00:01 | 雑記

岩本町

神田は遠いけれど岩本町は近かった。
改札を出たところにある地上図を見ると「馬の水飲み広場」というのがあるから
見に行ってきた。

高速道路下の交差点脇にできている小さな緑地だった。
馬の銅像などはないが石碑が立っている。

写真はネットから借りた。

a0305943_17162664.jpg
房総・東北方面から重たい荷物をゆさゆさ載せててくてくぽこぽこ歩いてきて
一息ついた場所なんだなあと思ったら、胸に詰まるものがある。

馬はかわいい。すごく。

by kumaol | 2019-05-10 17:19 | 雑記

軽速足は三拍子

頭が大きくていいことがなにかあるだろうか。フリーサイズの帽子はきつきつで線がつく。小さくなっていても顔がでかいので態度がでかいといわれる。単純に不細工だ。「いいところあるよ」なにかしら。「舞台俳優になれる」ならないから。「迷子にならない」子供じゃないし。頭囲54センチとかになってみたかった。
軽速足の動画を見てて、何かが違う、なにかが変だ。リズムが変なのだった。
上手な人は、スッ(立つ)スッ(座る)スッスッスッスッと無駄のない軽快な二拍子だ。軽速足たるもの馬も人も軽く負担がない。軽快なホヨウ。
自分のは、ぬひょんどす。(サッカー選手のようだがサッカーとは関係ない。軽速足の擬音だ)。

ぬっ(馬の背中に押されて発射のごとく飛び上がる)ひょん(おなかが前に出て肩と頭が後ろにしなる。頭が後ろにかくっとゆれる)どす(座る)
三拍子なのであった。ワルツ。
運動神経のない人は無駄な動きをするというがまさにそれ。いらない動きをする。本人はスッとできているつもり。なぜ立った後後ろに動くいらない動きをするのか。

頭の重さが風圧に負けている。←なわけない。バランスです。

ぬっと立ったらそこでじっとして静かに座ればいいだけなのになぜ、なぜ、うしろにしなる無駄な一手間を加えるのだろう。レシピどおりに作ればおいしいのにいらないアレンジを加える料理下手のように。はぁみっともない。
カーブではもっとすごいらしい。右に左に揺れまくっているとか。まじか。誹謗中傷やめてよね。

犬は2日ぐっすり寝ると1日歩き回りおなかの調子のよさが1っ週間続くととんでもない下痢になる。嵐になると春になり雨が続くと秋になる天気みたいな健康状態でだんだんと活動が小さくなっていく。立たせるとよりかかって歩けるが自力ではまったく立ち上がれなくなっている。





by kumaol | 2018-02-28 22:21 | 雑記

クリスマスプレゼント

犬の服とマットを買って全部試したらアップしようと思って写真を貯めていたら服とマットが30%引きになってしまって買いたい人がいるかと思って急いでれぽする。
ランポ
着るだけで2度あったかくなるらんぽシリーズ。切り替え2色とフードつきの二種類が3割引きになってる。本当にすごくあたたかいみたいで、昼に帰ってくるとあつがったのか這いずり回った様子の時があるので暖房をつけるのをやめた。エアコンなしで留守番できるようになった。

あったかマット
去年キルトを買ってあたたかそうでよかったので(汚れてすぐに捨てることになった)
今年は青い三日月を買ってみた。青い三日月、よい。このマットも寝るだけで2度あたたかく感じるそうである。


---
ピンポーン

クリスマスプレゼントが届きました。
a0305943_22064467.jpg

ちびっこたち大喜び。ちびっこたちのものではないのよ?ぬか喜びよ?
バタバタバタっ 大急ぎのちびっ子たち

a0305943_22065697.jpg
転んでびりになるさくらちゃん


中にはぬくぬくした暖かいふとんがいっぱい。ワーィワーイ
a0305943_22072757.jpg
さくら「馬の模様だからあたしのふとんね」
くまお「しまもようだからあたしのふとんよ」
きつね「ぼく余ってますけど・・・」

さくら(優雅で可憐なさくらいろのお馬さん、あたしにそっくり)
a0305943_22095328.jpg
ほんと、そっくりね。さくらちゃんのところに駆けて行ってるみたい。なかよし。


くまお(グレーはあたしの肌の色ピンクはあたしの鼻の色。あたしのしましまにそっくり)
a0305943_22113951.jpg
ほんと、そっくりね。お馬さんもぴょんぴょん跳ねてうれしそう。


きつね(・・・)


きつねはきつねにそっくりな子にさっそく着てもらいましょう。
さあ、きつね!

きつねオンきつね
a0305943_22140331.jpg
こんがり焦げたきつね色のわんちゃんに上手に焼けたきつね色の洋服が似合う。

きつね色のきつね服で回る犬
a0305943_22152771.jpg
きつねも一緒に回る(ぷぷぷ



きつねを背中に乗せてご飯を食べる犬
a0305943_22162026.jpg
みょぐみょぐ



まだ残ってるわよ、上手に食べてね
a0305943_22164791.jpg
必死に食べてる(ぷぷぷ



きつねの服はランポシリーズの単色タイプ、温感・静電気防止機能つきのペットウェア。
a0305943_22181620.jpg
特殊加工TASTEX(R)HOT2により寒い冬も快適。ふんわり温感+2℃。朝までぽかぽかあったかい、iDogの特殊機能シリーズです。 静電気防止機能で乾燥時のパチパチも防ぎます。
a0305943_22214734.jpg
TASTEX(R)HOT2ってどんなのかなと検索したら楽天でランキング1位の着る毛布グルーミーにも使われている素材みたいだ。着る毛布もほしかったので買ってみる。買ってみた。届いた。

a0305943_22231929.jpg
着る毛布オン黄色いきつね。どちらの生地もしっとりしてて手触りよくやわらかくてなめらかで確かにあたたかく感じる。

この買い物は成功ね!よし(グッ)




そういえば

青い猫はどこに行ったのかしら?
一緒に走って見に来てなかったっけ?



くまみちゃんくまみちゃん、どこですかー?



あおいあたちにあおいマットありまっとう
a0305943_22261292.jpg
寝るだけでペットの体温を利用して+2度体感温度が上がるというあったかマットを独占するくまみ

ピンクの馬はさくらとくまおに、キツネは犬に、青い月夜は青いあたちのもの
a0305943_22280344.jpg
たしかに、お似合いよ。靴がなくなった、掃除機ですったっぽい。



さくらたちもやってきた。月夜の三人

a0305943_22303091.jpg


わんちゃんも月夜に眠ってもらいましょう
a0305943_22431539.jpg
みんなあったかい


あったかくてすやすや
a0305943_22435169.jpg


あたたたかくてあたたかすぎて寝相が悪くなったかな

a0305943_22450891.jpg
寝相が悪くじたばたしてサークルに挟まれることが二回続いたのでサークルなしにしてみたがサークルなしだと足が広がって立てなくなったり狭いところに挟まったり危ないのでどうしようかと悩んでいたが、サークルに「床」がついてたことを思い出した。ファスナーで床をつけることができる。


床をつけた
a0305943_22472774.jpg
これでサークルに挟まれる心配はなくなる。天井もある。網目になっていてファスナーでつけることができる。


昼間の留守番セット
a0305943_22490063.jpg
毛布で、日光があたらないようにしている。目が痛いので日に当たらないように。

毛布の下に寝かせる。
a0305943_22500408.jpg
すやすや





床ずれの外傷がなおったあと。
a0305943_22485450.jpg
すりきれた毛は生えてこず、皮膚はがさがさと硬い。傷はできなくなっても皮膚がどんどん固くなってひどくなると山のように盛り上がってくるだろう。直接あたるところはふかふかやわらかいものにしている。

空中に寝れるといいのにね。

というわけで、らんぽよかった。縦横の伸縮はほぼないの小さいか迷うサイズを買っては入らないと思う。








by kumaol | 2017-12-26 22:56 |

ブルズアイがやってきた

新しいトモダチのもとへ!いざしんくーぱぁーっく!
a0305943_21325179.jpg
ビニールぬぎぬぎ どうやら到着したらしいぞ
a0305943_21335593.jpg
自慢の刺繍は、ばっちりカクタス
a0305943_21350911.jpg
こんにつわ!ひひんひひん




新しいトモダチ

もしもし?

a0305943_21363545.jpg
西部一早く走れる馬なんだよ!僕に乗ってみない?
a0305943_21371345.jpg

起きて。君の友達が来たよ。起きて。
a0305943_21381034.jpg
僕の背中に乗って、冒険の旅に出よう!


a0305943_21385487.jpg
その調子、出かけるよ。レッツゴー!




びゅーん
くるくるくるくる

ひゅーん
どさっ。。。。

イテテテテ 
a0305943_21420819.jpg

ここはどこだろう、僕は誰?!
a0305943_21422798.jpg

大変だ大変だおなかがすいて大変だ足は食べれない。
a0305943_21431564.jpg
足の骨がなくなった立ち上がれないどうしよう
a0305943_21435868.jpg
よろよろ、よとよと、
柔らかい雲の上みたいなところだな
a0305943_21452862.jpg

雲の上は天国かしら どっこいしょ
a0305943_21454431.jpg


あっ
トモダチ
a0305943_21465952.jpg
くーんくーん


続く 



by kumaol | 2017-07-31 21:48 | 雑記

本「風の向こうへ駆け抜けろ」古内一絵

乗馬ブログを徘徊してたときに紹介されていた本、おもしろいと書いてあった。新人ジョッキーの女の子が客寄せパンダとして鈴田競馬場という赤字の地方競馬場に配属される。鈴田の中でも藻屑の漂流所といわれるおんぼろ厩舎のジョッキーになる。勝負服は胸に大きなバラの花、ダサい。八百長ジョッキーの汚名を着て中央を追われ調教ジョッキーを転々としてからこの鈴田で開業した緑川、競馬場に捨てられていたゲン爺(昔の競馬場は捨て子が多かったらしい)、継父に虐待されて育ち母にも暴力をふるっていたためナイフで反抗したら少年院送りになりそれから言葉が出なくなった木崎君、アル中の酔っぱらいだがかってはG1ホースを作り上げ緑川で優勝したカニ爺の面々、彼らの過去は本編中でだんだんに明らかになるのだが、説明臭くなくてよい。文体は読みやすく、セリフも状況説明も結構な字数を使っているのだがくどさがなく、ページ数が多くて時間がかかりそうで面倒に感じたが読み慣れてみると、行間を読み取る必要がないし登場人物たちの気持ちや立場を忖度する必要がないし、書かれていることをそのまま読んでそれっきりでよいので読みやすかった。想像しながら読む小説ではなくストーリーを追う小説である。面白かったが最後が残念だった。以下あらすじネタバレあり。

More

by kumaol | 2017-02-11 20:52 | 雑記

マンガ「サラブレッドと暮らしています」

面白いからどうぞ、と貸してもらった。
職場まで階段を下りて10秒。園田競馬場の厩務員をしている田村さんのマンガ。短編10話からなっていて、どんどん面白くなる。げらげら笑える。最終話はうぐぐぐぐぐ涙をこらえてのどが痛い。泣くもんか。ぽろぽろぽろ(涙)

a0305943_21334145.jpg
調教師は馬を愛する熱い男で、調教を助手にまかせるテキもいるが彼は午前1時から8時まで一人で乗る。馬を愛する人なのでついていける。具合悪そうだなと思って体調を聞くと、

a0305943_21360750.jpg
3本折れてても、調教に乗る。
田村さんの上司はこんな人だ。

世話している馬たちのエピソードがおもしろい。
内弁慶のセブン、人間でいえばニートなひきこもり。

a0305943_21384216.jpg

子猫にすらビビる始末(あわあわ
a0305943_21401334.jpg
馬の顔が、こんな表情するわけないのにありそうでおかしい。

2歳の新馬を迎える話。馬がなにかしそうだなというのを事前に察して用心しないといけないのだが、

a0305943_21434229.jpg
乗馬でも、馬がなにかしそうなのを待ち構えて対処する、ほらきた、と思って対処する、と教わったりします。くくくオミトオシ(余裕)なわけですが、

a0305943_21464699.jpg
ノーモーションで殺りに来る、笑。

ゲート試験とかタイム内で走れるとか、適性検査に受からないと競走馬になれない。ゲートになれさせるのが一苦労だ。

a0305943_21502745.jpg
人にとってはこれかっ。いやー。

ユリアという名前のきれいな馬を預かった。明るい栗毛で2歳で小柄な女の子、もてる。10歳の牡馬も恋をしてしまう。

なんでユリアなんていう人の名前をつけたんだろう?
a0305943_21533509.jpg
奥さん生きてるんだ・・。



a0305943_21544566.jpg
あたしの想像だと北斗の拳あたあ。


新人ジョッキーが営業周りに来ると、じゃあ乗ってみてと乗らせることがあり。指示をしてもうわのそらなのでどうしたかというと前のレースでこっぴどく負けて怒られてへこんでいる。パドックでもやじられ

a0305943_21590636.jpg
無視するジョッキー平然とするジョッキー知らんぷりのジョッキー、だが新人くんは、「えぐえぐ」泣いてしまった。結果惨敗。

一番長く世話をしていたのはサイレントウィナーで、100戦以上している。連対率40%、厩舎の稼ぎ頭だ。尻尾を振り回して顔をぶったり、まだまだやんちゃである。

a0305943_22003459.jpg
人の裏をかくように人を陥れる。知将。
a0305943_22023776.jpg

なんだかんだあっても田村さんの一番のお気に入り、長く世話をしているサイレントウイナーなのですが、


(略)


競走馬の幸せって、馬の幸せってなんなんだろう。


立ち直れない田村さんに、調教師は言う。
a0305943_22043204.jpg


動物が教えてくれることはとても多い。動物に教わったことを表現してくれる人間から教わることもとても多い。

すごくおもしろい、いい本だった。誰にでも薦めたい。





















by kumaol | 2017-01-04 22:12 | 雑記

マンガの馬

階段上るときに曲げた膝がもう片方の膝を越えないようになった。膝が中央線を越えない。気づいてから気をつけたのと開脚ストレッチのおかげだ。昔みたいに膝がもう片方の膝を越えて中心線を越えて折れ曲がり靴が体の外側にはねる歩き方をしようと思ってももうできない。股関節が変化したからだろう。はんげつばんそんしょうの思い当たる理由に、ストレッチのしすぎと答えたらあほを見るような目つきをされたんだけど私にはストレッチのせいだと思う、膝をまっすぐ前に折って歩けるようになった代わりに膝に負担がかかった。どこかが直るとどこかにひずみがかかる。足をまっすぐにするという国家プロジェクトができますように。座高の高さを測るより有意義だと思う。ベルバラのオスカルは若いときはかっこよかったしかわいかった。それが。ふぇるぜんにけそうして女装したりジェロームとキスしたりアンドレとのとき、でもこわいとか言わせたりきもかった。当時はもやもやをきもいとかみそこなったとまで強い言葉で非難できず、そういうものなんだこれがかっこいいんだオスカルはかっこいいんだ(それ以外はない)と思考停止していたけれど、十分にキモカッタ。前髪が房になって毛量が多すぎるところとか、「フッ」とか、昭和のひとだ。馬に乗ってるコマがたくさんあったような気がするが当時は馬に興味がなくなんとなく見てただけだった。オスカルが馬に乗ってる画像を拾った。あぶみがどうなってるんだろう。まさかハミとくっついてるんじゃないよね重なって見えるだけね。ハミからあぶみにつながってるように見える紐はなんなんだろうか、マルタンガールだろうか。やっぱりあぶみとくっついてるのかな。



More

by kumaol | 2016-09-27 23:02 | 雑記

本「新聞エコバッグの作り方」

エコバッグの作り方はウェブにも出てるしユーツウブにも上がっているので本がなくても作れるようです。折り紙のやっこが折れればできるかな。舟形に底を開くというのは鶴を折れればできるかな。私にもできた。簡単です。

a0305943_21352664.jpg

新聞紙はやわらかいし折り曲げの線がついているからやりやすいけど手指が真っ黒になる。カレンダーで作ってみたら硬くて折ったり折り目を開いたりというのが困難だった。包装紙がいいかもしれない。きれいな絵柄がありますし。が包装紙をもらうような事件がない。これから冬の新聞にはにゅんくんが載るだろうからそしたらいっぱい作るんだ。


More

by kumaol | 2016-09-06 21:54 | 雑記

雨がすごかった

凄い雨だった。ほんのちょっとの晴れ間にさくらのレッスンがあった。見学。上手な人が乗るとさくらもしっかりまっすぐ歩いてしっかり角を回ってしあわせそう。上手な人が乗ったほうが馬はしあわせ。へたくそがでしゃばるより。いじいじ。
体幹。上手な人が乗ると馬の一足ごとに体は揺れるけれども体幹は持っていかれない。一瞬一瞬、体の軸を自分のものに戻していってる。馬に持っていかれないからちゃんと乗れる。関節は柔らかく揺れるけれども重心は自分でコントロールできている。
ポッキーの名札を直していたらポッキーが顔を出してきて鼻先を脇の間にいれにきてて腕で頭を抱えたらじっとしてたからめちゃくちゃかわいかった。たぶん、飴をなめてたからだと思う。馬は甘い飴が大好き。


馬房から出されるさくら
a0305943_22415399.jpg




More

by kumaol | 2016-08-20 22:52 | 雑記