人気ブログランキング |

タグ:馬 ( 53 ) タグの人気記事

終わってから知る

三級。経路もやらずに申し込んだ。
本番までに3回回った。ひどかった。


あいさつは審査員の顔をまっすぐに見ること。下を向かない。顔は上げる。
女性の礼は右手をさっと横にだす。右手に鞭を持ってはいけない。右に鞭を持つ人は礼の時だけ左で鞭を持つ。
鞭は持ち変えない。左と決めたら左。右と決めたら右。(礼の時以外)
馬が間違えたら先に進まない。止まる。止まって新しく始める。車でたんぼに突っ込んだら田んぼを突き進むか。そんなことをしたら大変だ。止まって、正しい指示をだし正しい動きをさせる。
馬が間違えてるのに続行するのは馬がかわいそう。間違えたままにしておくのは馬にとってかわいそうなこと。
馬が間違えたのにそのまま続けるのは馬が「正しい」と思ってしまうこと。馬にとってかわいそうなこと。
馬はなぜ走ってくれるのか。あなたがくれる一本のわらのために走るのである。一本のわらは愛情のたとえである。馬をかわいがってあげなさい。
手綱をひっぱるとどうなるか。四本足と二本足がまっすぐ引き合えば四本足が勝つ。手綱は引っ張らない。手綱というものは、横にしか使わない。四本足は横の動きに弱い。
進めの時はふくらはぎではさんでやる。止まれの時は上体を上に引き上げる。手綱ではない。
つまさきを外に開いて乗ってはいけない。親指の根元で鐙を踏んで根元中心につま先を外に開けばふくらはぎがつく。つま先が最初から開いていたら回転させてもふくらはぎがつかない。離れていく。脚は効かない。
鞭は脚を使って3秒たっても効かないときに使用する。
軽速歩の手前が間違っていたら他がどんなによくても不合格。軽速歩の手前を合わせるのは基本中の基本だから。

違う歩様をしたら止まるというのを知らなかった。止まったらいけないんだと思っていたので、
駆け足が速足になっても走り続けてしまった。みんなそうだった。速足で駆け足パートを突き進んでしまう。
右に鞭を持とうと決めていたから礼のときだけ左でもったんだが、右側の手綱を落としてしまってだら~。始めようとしたら右の手綱がたら~っと長くなってて焦った。
隅角を攻めるのはぜんぜんだめ。攻めて止まったら怖いと思うと馬なりのコース。
馬は経路を知っているけど馬任せにするとショートカット。楕円。コントロールできず。
練習でできないことは本番では絶対できない。あたま真っ白になるし失敗したらと思って委縮する。失敗したらとこわがって意志をもたなくなるから結局失敗する。いつも同じことを言ってる。バカ。
成長しない。上達しない。ずっと同じことしてる。年は増えていく。
馬をかわいがれる人にならないと。いい加減な性格を直さないと。いつも同じことを言ってる。

やっぱり愚痴っぽくなるわね。。






by kumaol | 2019-07-07 23:01 | 雑記

本「カロリーヌぼくじょうへいく」

なつやすみ、カロリーヌとゆかいな8匹はアリゾナの牧場に行きます。
本物のカウボーイの暮らしをするのです。

a0305943_08142408.jpg
鉄道の駅を降りて、牧場まで車で?いえいえ、せっかくの西部なのですから、
馬車で行くことにしました。
途中駅では、おたずね者黒ひげビリーのポスターが貼ってあります。

馬車はぎしぎしがたがた砂ぼこり。

「途中でインディアンに会わなかったかね?」
おじさんは白い歯をキラっとさせてゆかいなジョークで迎えてくれました。

あくる日、
乗馬の練習に励むカロリーヌとゆかいな8匹。
「鞍の前のにぎりをつかみ、右足を鞍の上にはね上げるのさ」
カロリーヌはひらり!としましたが、勢い余って大失敗。


a0305943_08155068.jpg
投げ縄の練習、焚火を炊いて寝袋に寝て、

夜中に、インディアンの子供たちがやってきて、まだ起きていたプフを呼びました。
「こっちにおいでよ」


プフとプフの隣で寝ていたボビーがいなくなったのでみんなは探しに出かけます。
サボテンの谷をわけいり、サボテンのとげがちくちくするよ!
インディアンの村まで来ると、プフとボビーがいました。
(インディアン村の様子がかわいいです。大きな羽をつけて歩くプフ)

ロデオ大会の日がやってきました。
やんちゃな子牛はプフと遊びたがっています。(上に乗っているのはボビー)

プフが逃げると、子牛は追いかけてきて、
くまのプムはプフを助けてやろうと柵を開けたので、
牛たちみんなが一斉に柵の外に逃げ出した。
a0305943_08205601.jpg
うまどろぼうの黒ひげビリーが食事中、牛たちが地響きをあげて駆けてきて、

驚いたビリーは先頭になって逃げていき、(プフよりも先頭に)
そのまま保安官事務所に到達しました。

くろひげビリーが捕まった。

ロデオ大会の優勝者はボビーに決まり!
プフは泥棒逮捕の英雄としてほめたたえられました。

やんちゃな子牛はプフの顔をぺろりと舐め上げて大満足。

かわいい。


by kumaol | 2019-06-23 08:33 | 雑記

本「カロリーヌうまにのる」

カロリーヌシリーズはマデレーヌシリーズだとずっと思っていてなぜそう思っていたのかいつも通りの頑固な思い込みなんだが顔が全然違うから。そこでカロリーヌはマデリーヌじゃないしさらにマデリーヌと思っていた単純な顔の子はマドレーヌだった。まぎわらしい。

カロリーヌシリーズ、はっきりいってすごく気に入りました。

a0305943_17183089.jpg
絵がめちゃくちゃうまい。
すごくかわいい。
馬が、めっちゃくちゃ上手にかけていて、表情豊か。

カロリーヌは一応中心にいる人間の女の子で、アクティビティのリーダーなんですが、
面倒くさいキャラ設定はされていません。
進行役という感じ。
ゆかいな8匹、よくもまあ8匹も大勢を毎回出演させる気になったものだ。
8匹もちょっとずつ個性はあるけど、絵の華やぎという感じ。
ですから、ひっかかるところなく最後まで読めるし、絵のうまさを楽しむことができる。

ゆかいな8匹の中でも、やはりひいきされる動物はいて、
白猫のプフです。
猫が人間だと、こんな感じかなというよりもさらにわがままで面白い。

さて、ゆかいなかまたちは山にうまに乗りにやってきました。
むこうの山の頂上まで遠乗りをします。

a0305943_17224796.jpg
白猫のプフ「いちばんのりはぼくさ」
一人だけ競馬ジョッキーの服装で、自信満々。
ところが、

ポニーは8とう、カロリーヌは自分の馬を決めています。

ゆかいな8匹のうちひとりは、ロバのフェルナンに乗らなければいけません。

フェルナンは毎日目的地の牧場までひとりででかけてミルクをもって帰ってくるんだ。
誰よりもよく道を知っているよ。

しかし、誰もロバなんかに乗りたくありません。

くじ引きをしました。

白猫のプフがフェルナンでした。


a0305943_17251414.jpg
この絵のロバの耳が、よくかけてるなあと思った。
馬族は、こういう耳をする。注意、不安、好奇心。プフの側の耳だけを大きく広げている。
ライオンキッドが立ち乗りしているポニーの目も、よくかけているなあと思った。
なにやってるんだよという感じの目つきかな。


おおさわぎの7匹と離れて、むっつりしているプフ。

a0305943_17334638.jpg
ロバの顔が、かわいい。
はずれが当たったとがっかりされても、いじけないでにっこりしているフェルナン。いいね。イーヨー。

プフは気を取り直して、
フェルナンの歯磨きやブラッシングをしてきれいにしてあげます。さあ出発。
フェルナンは毎日通っている道なのでリスやうさぎとお友達、道草ばかりです。

みんな先に行ってしまう。そのうち羊の大群に飲み込まれてしまい、

プフは羊の背中を歩いてぴょんぴょん、やぎに乗り替わります。

他のみんなは頂上について、おいしいミルクをごちそうになりました。
霧が出てきたので帰らなければ。帰り道、木々の間にゆうれいが立っています。
早く逃げよう!カロリーヌたちは一目散にふもとに駆けていきました。

おそろしいゆうれいは白猫のプフでした。
ヤギのつのと横にした鞭が霧の中ではお化けに見えたのです。
プフのうしろにはミルク缶をミルクでいっぱいにしたフェルナンが戻ってきてます。

「今日、新しいポニーをいっとう買ったんだ」
明日はみんなポニーに乗れます。
プフはにこにこしました。終わり


フェルナンは。







by kumaol | 2019-06-22 17:46 | 雑記

本「ソフィーは乗馬がとくい」

ソフィーはやり抜く子シリーズの4つめ。
前回紹介したソフィーのさくせんが5つめだった。

a0305943_09015725.jpg
ソフィーは6歳。

面白くなかった。
こっちを先に読んでいたら、ソフィーのさくせんは読んでいなかっただろう。

アンドリューのところで犬が生まれて、黒白のぶちの犬をもらう。部屋の隅でおしっこしてしまったから名前はシッコ。
原文はどうなっているのか気になったところ。

夏休み、シッコを連れて海水浴に行きたいが、犬と一緒に泊まれるところは海から少し離れた牧場しかなかった。牧場に泊まる。

海に行くと、おしゃれで気の弱い女の子ドーンがいた。ドーンはソフィーを見ていない。
砂浜に、「ドーンはいえにかえれ」棒で大きく書く。ドーンは怖がって帰るはずキシシ。
夜の間に、波が文字を消した。

シッコが海辺で逃げてしまって、ドーンの近くに走って行ってしまう。
怖がるドーン。ソフィーはシッコを捕まえ、女の子にあやまる、女の子はドーンだったからげげっ。
ドーンの両親はお礼を言ってお小遣いまでくれる。ソフィーの犬とは知らないのだ。
お金もらっちゃっていいのかな。助けたことは事実だからもらっておこう。牧場貯金にチャリン。

ドーンとのやり取りが、かわいげなくてソフィーの好きではない部分だ。
犬が勝手に走り回るというのもはらはらする。放し飼いにして大変なことにならないのか。

牧場では同い年の女の子が変わった品種のブタをペットにしている。
ポニーはおとなしくてよい馬だがブタが苦手、ブタを見ると驚いてしまう。
練習中はブタは小屋にいるのだが、脱出してしまう。

a0305943_09130913.jpg
ソフィーは落馬する。

でも大丈夫、もう一回乗るよ。

それがいいわ。乗れないでいるともう二度と乗れなくなってしまうものだから。

落馬したらすぐに乗りなおすというのはヨーロッパ流なのか?流儀なんだろう。

将来女牧場マンになったときに、牧場を馬に乗って見回らないといけないから、上手になりたい。
ソフィーは頑張り、簡単な障害も飛べるようになる。パパママお兄ちゃんたち、みんな拍手する。すごいぞソフィー。
「ともだちでポニーを飼ってる子がいるよ、もしかして、」
「それはだめだ」馬を飼うことは却下される。

乗馬スクールは高いんだよ。 乗馬スクールもだめそうだ。

海と牧場は楽しかったけど、がっかりして悲しい気持ちのソフィーのもとに、アルおばさんから手紙が届く。
乗馬チケットをプレゼントしてあげられるわという手紙だ。
わーい。
うれしいソフィー。終わり。次の巻ソフィーのさくせんに続く。


---------
クラブによっても流儀があるのかも。

斜め手前変換を軽速歩で行ったときにどこで鞭を持ち変えるか、どこで立つ座るの立つ動作を取り換えるか(とんとんをどこでするか)。
中央(X地点)で鞭取り換えととんとんを同時に行うと習った気がするのだが
蹄跡に入る直前にとんとんして蹄跡に入ってすぐに鞭取り換える、というクラブもある。
どっちでもいいのか疑問に思っている。

確認しました。
斜め手前変換の「出」で手前を変え、鞭を持ち直す。
斜め行進の途中ではなにもしない。
ということだった。
中央(X)で手前変えと鞭持ち変えをするよりもずっと楽だった。
中央のなにもないところでもたもた動作が入ると、馬はよれる。。。
蹄跡に入ってすぐの換えだと、斜めを元気よく直線に動かすことに集中できる。
ベター101.png

by kumaol | 2019-06-21 09:26 | 雑記

本「ソフィーのさくせん」ディックキングスミス

女牧場マンになるのが夢の7歳の女の子、ソフィー。ソフィーシリーズの4冊目。

a0305943_23094486.jpg
前の3冊はまだ読んでいない。
4冊目のこれから、馬が出てくるみたいなのでさっさと読んだ。

ソフィーは牧場オーナーになりたい。
お金を貯めなければ。お小遣いをけちけちしてお金を貯める。もっと貯めたい。
スポンサーウォークというのがあるんだって。100キロ歩くとお金がもらえる。
スポンサーもいないのに、家の周りを回り始める。
これでいくらになったかな。
もらえないことがわかる。もらえないことがわかって、やめてよかった。すっかり疲れちゃったんだもん。

ソフィーはかわいい女の子の主人公とちょっとちがって、個性的な子供だ。
かわいげがない、けど、味がある。
ちびまる子ちゃんみたいな感じかなあ。
学校で、牧場で飼われている動物、今の季節の鳥はなんでしょう、という先生の問いの答えは七面鳥だった。
クリスマスのごちそうだから。みんな楽しみですよね、と先生。
(楽しみなわけないよ、七面鳥にはね)とソフィー。
味がある。

遠くに住むおばさんが、誕生日プレゼントに乗馬チケットを買ってくれるって。
本格的に乗馬が習える。喜ぶソフィー。クラブを探す。自分で電話する。
料金を聞くと、一回が8ポンドだった。大金だ。乗馬ができるようになるまでお金を出してくれるかな。
一回しか払ってくれなかったら、始めないほうがましだ。
おばさんは乗馬ができるようになるまで払ってくれると言ってくれた。うれしいな!

乗馬スクールは、同じくらいの年頃の子5人と一緒だった。
クラスののろまな子ドーンも一緒だった。いやだな。
怖がりのドーンは青くなって震えている。
ドーンなんてさっさとやめてしまえばいいんだ。
おばさんはソフィーの意地悪な態度を見抜いて、乗馬スクールはこれっきりにしましょうと言う。
恥じるソフィー。ドーンを励ます。ドーンは頑張った。おばさんはにこにこしている。
ソフィーの番。ソフィーは特別上手だった。ソフィーには才能がある。
「次からのレッスンもがんばりましょうね」とおばさん。二人でにっこり。

パパママ双子の兄たちにクリスマスプレゼントをあげて、牧場貯金が減った。
お小遣い倍を父親にねだる。かなった。でも牧場を買うにはまだまだだ。
「牧場主と結婚すればいいじゃない」
なるほど。

アンドリューとソフィーは一番の仲良しだ。
父親が牧場主の同級生アンドリュー。牧場を継ぐアンドリューと女牧場マンになりたいソフィーは同じように動物にくわしく気が合うのだ。
さっそくさくせん開始。アンドリュー家の夕食に呼ばれに(おしかけに)行く。
「おじさん何歳?」アンドリューのパパに聞く。「40だよ」
「いつ引退する?」←(笑った。ソフィー、味がありすぎるw)
おじさんはくすっと笑って「まだ引退しないよ。アンドリューが大人になってあとをついでくれるまでね」
アンドリューが継ぐんだ。
アンドリューは運転したり機械を整備したりが得意。
「あたしは動物の世話が得意だよ」売り込むソフィー。
アンドリューのパパも、はて?と考える。この子たちが結婚したらぴったりじゃないか、と。

アンドリューはテレビに夢中。
ねえ、あたしと結婚しない?
テレビに夢中のアンドリューは、うんいいよ、と答える。
やったー。ガッツポーズのソフィー。作戦成功だ。終わり

ソフィーがすごくおもしろくて、一気に読み終わった。
1~3巻も読むつもり。5巻は、ソフィー乗馬を始めるという題名なので、すごく楽しみです。

ためになることが書いてあった。
おばさんはソフィーに、馬場のまわりに立っている標識の順番の覚え方を教える。
A K E H C M B F
オール・キング・エドワード・ホース・キャン・マネージ・ビッグ・フィード
キングエドワードの馬どもは大食らい! 覚えられた。すごい。







by kumaol | 2019-06-18 22:43 | 雑記

本「絵でわかる馬の本」

絵でわかる馬の本

a0305943_18361362.jpg
すごくかわいくて、すごくためになる。

4章に分かれている。
1 馬とポニーのなかまたち
2 馬と育てる
3 乗馬クラブで
4 馬と人類

1
世界最初の5000万年前の馬は前足4本指後ろ足三本指、300万年前に現れた現在の馬の祖先エクウスは今と同じぶあつい蹄に覆われた一本だけの指で立っている。
馬の習性馬の種類馬のからだ骨格馬の顔の特徴などが、かわいらしくも正確なイラストで説明される。

乗用馬
a0305943_20220114.jpg
晩用馬

a0305943_20231784.jpg
毛色(もうしょくと読む)

a0305943_20260348.jpg
かげとくりげの違いがはっきりわかった。
鬣としっぽの毛が体毛と同じ明るい栗色をしているのが栗毛、鬣としっぽの毛が黒いとかげ。
かげは、二色の馬なんだわ。

神話の馬やファンタジーの馬などの紹介があり、クイズがあったりする。

7つの間違い探し

a0305943_20284206.jpg
2 馬を育てる
出産まえの厩の準備や仔馬の成長、ちちばなれ、馬房のおそうじや、獣医さんの仕事、装蹄師の仕事、ちょうば索運動・馴致と調教、それから、ポニーたちにはいろいろな進路があります。ポニー競馬馬車遠乗りペットサーカス。引退してから、ふたたび草原で自由にくらせるめぐまれたものもいます。

3 乗馬クラブで
フランスの子供は4歳から乗馬クラブ(ポニークラブ)に通って乗馬を習うことができる。
乗馬のレッスン、服装、鞍の置き方、馬場運動の名前など、かわいい子供とかわいいポニーのイラストがかわいい。

ブラッシング

a0305943_20354931.jpg
a0305943_20360252.jpg
ていゆを塗っているときのイラスト、子供の肩にくちをむふむふしてて、かわいいポニー。
さくらちゃんみたい。さくらにそっくりで、かわいい!

並歩速歩駆け足のやり方や、ポニーゲーム、障害物競走、外乗などの説明があり、馬と子供がかわいい。


a0305943_20385910.jpg
手首を外側へひねって、つめを空に向けます。←手のひらを空に向ける?
イラストに爪が書かれていないのでよくわからない。
行きたい方向に行けないので参考にしたかったが参考にならず。
子供にもできるのにと劣等感が深まる。ふかまった。

クイズ

a0305943_20422684.jpg
蹄のお手入れはテッピね。
大人の試験にもでてくる。

4 馬と人類
歴史的な馬の役割。はたらく馬。イラストは劇画風に変わり、こきつかわれる馬の絵。
--------------
馬の基本的なことがサラっとわかって、面白かった。
絵だからわかりやすい。馬の絵だからかわいい。

毛色と馬の種類が頭にはいってよかった。

教本だと、毛色は

a0305943_20494556.jpg
のように説明されていて、まったく頭に入ってこない。

絵で説明しているページもあるが

a0305943_20515906.jpg
漢字が難しくて書けないし。書けないような漢字はひらがなでも頭に入ってこない。

鞍の名称とか
a0305943_20524161.jpg
選択問題ならできそうだが空欄に記入はできない。

お手入れ道具

a0305943_20535088.jpg
これは大丈夫。しいて言えば
タオルをタオルと当てるのがむずかしいかも。


並足
a0305943_20544836.jpg
速足
a0305943_20552749.jpg
駆け足
a0305943_20555698.jpg
丸数字でなんの暗号です?
日本の教本むずかしすぎる。

頭に入らないなあーと思っていたところ絵でわかるこの本で頭にはいった。

すごくためになるよい本だった。
絵がたくさんだから、見るたびに、新しいところを見ることができる。
しばらく見飽きないと思います。





by kumaol | 2019-06-16 18:36 | 雑記

服をもふもふ

おやつあげるからね、と言っておやつの用意をごそごそしている間に
馬はおやつが楽しみで早くほしいから、
人の肩あたりでくちびるをもふもふもふもふ動かして期待している。
おやつをあげて待合所に戻ると、
「服がすごいことになってるよ」
タオルで払い落としてくれるけど
馬の口周りについていたヘイキューブの食べ残りが唾液と一緒に私の服に移動して
魔物の沼地みたいなどす黒い緑色になっている。

ふきん用固形せっけんで部分洗いと予洗いをすれば
きれいに落ちる。

食べ物と唾液の汚れだから、台ふきん用の石鹸なら効果抜群だろうと思ったからそうしてたのだが、
台ふきん用というのは台ふきんによくつくであろう汚れに対して特化された石鹸なわけではなくて、
拭いた台の上の食べ物を食べても害はない、化学的な害はない、という観点で作られているものらしい。
だから、馬の口の汚れがついた服はふきん用せっけんで洗う、ことに意味はなかった。
ふきん用せっけんはきれいに洗えるが、ほかの洗剤でもきれいに洗えるだろう。(調べてがっかり)

で、
馬の口が汚した部分は馬のおみやげなので、予洗いは楽しい時。
馬かわいいなーと思って私の顔ももふもふにやける。

by kumaol | 2019-06-08 17:34 | 雑記

本「動物病院のマリー」消えた仔馬

父親が獣医のマリーは病院の手伝いをしている元気な女の子。逆子になった仔馬の出産を手伝って、仔馬に自分の名前「マリー」をいれてもらった。名馬の子供である。
出産を手伝った縁で、学校が休みの間乗馬教室に通うことになった。仲良い友達二人も一緒だ。
牧場のお嬢様は美人だけどつんつんして意地悪だ。乗馬はすごくうまいけど、下手な自分たちを見下す。
マリーは落馬してしまった。怖い。もうやりたくない。先生は、あなたならできる、今やらなければ恐怖心で二度と馬に乗れなくなると叱咤激励するけれど怖くてできない。
でも、自分に勝つんだと思いなおして頑張った。そして、またポジティブに乗馬の上達に打ち込んでいた。ふふん。。鼻で笑うお嬢様。
牧場の馬が、一頭、また一頭といなくなっていた。盗まれているのだ。
とうとう、マリーの名前の仔馬もいなくなってしまった。お嬢様の父親(牧場主)は心労で倒れる寸前だ。
お嬢様の乗っていた素晴らしい馬も盗まれてしまって、あまり使われていない馬に乗る。意思の疎通ができない。
いらいらしたお嬢様は馬をひっぱって、濡れた床で馬をひっくり返してしまった。ひひん。。立てなくなる馬。
マリーと友達たちはその様子を見て、ゆるせない!ひどい!なんてひどいんだ!怒る。
大人たちがやってくる。どうしてこんなことに?
「うまが勝手に転んだの」嘘を言うお嬢様。嘘つき。卑怯者。マリーたちは怒るけれど、馬の悲惨な状況に心破れて声を出すことができない。
マリーの父親が診る。とんとん、とんとん、背骨を順番にたたいて行って、脱臼しているところを見つけた。えいっと後ろ脚を引っ張ると、治った。
馬は歩けるようになった。もう大丈夫。

お嬢様はマリーたちに「黙っていてくれてありがとう。あたし、ママが死んで新しいママが来て、いじけていたの。馬に八つ当たりしてしまったわ。」
しおらしく反省するお嬢様。ちょこっと友情がうまれつつある。

マリーたちは、馬のにおいをかぐ。誰もいない倉庫に、馬がいるみたいだ。
こっそり探検してみよう。
盗まれた馬たちがつながれていた。たいへん、早く助けないと輸出されてしまう。

大人たちを呼んで、馬たちを取り戻すことができた。
でも、マリーの名前の仔馬がいない。仔馬だけ、殺されてしまったんだろうか。

「仔馬は私が隠したの」お嬢様が言う。
羊の放牧地に行くと、馬のような羊がいた。マリーの名前の仔馬だ。
なんでそんなことをするの!マリーたちは怒る。ちょこっと友情にまたしてもひびが?
盗まれないようにするためよ。
そうだったのね。お嬢様なりに仔馬のことを考えてくれてたんだ。ちょこっと友情のひびが消える。

マリーたちとお嬢様は試験に向けて乗馬を頑張り、優秀な成績で先生にもほめられた。
新しい友達(お嬢様)もできた。万歳。

という、子供らしい世界の中に馬が消えていくミステリーと解決がすっきりと書かれている。
馬が洗い場で転んでからが話に勢いが出て面白かった。マリーシリーズの6巻目。ほかは読んでいない。

----------
りぼんとなかよしも復活した。
あんちゃんはせんせいのものはおもしろいけど、先生と高校生の話だから進展があるはずもなく、堂々巡りの展開に飽きてしまった。
おもしろい漫画が始まった。「秘密のメテオ」
清原なつの風の絵柄に清原なつの風なゆるいギャグとかわいらしさと共感がある。絵がかわいい。
初恋どうしの二人がお互いに一緒にいる時間を作りたくて二人でおしゃべりしていたくてどきどきそわそわしている様子がかわいらしい。



---------
カエルが戻っていた。
外の水栓ボックスの中で暮らしている。

a0305943_21570910.jpg
ここ以外で見かけるときは、つぶれている。
新しいカエルがボックスで暮らし始めたのか、ボックスにいるカエルはつぶれたことのない長生きのカエルなのか。
新しいカエルが新しくボックスに来ているとしたら、伝説のボックスとかなんだろうか。
親から子供に引き継がれて、仲間から仲間に言い伝えられて。カエルとおたまじゃくしは話ができるのか。不思議だ。

a0305943_21573086.jpg
a0305943_21574150.jpg
------
キッチン水栓の泡沫器がぽとっと落っこちた。分解して組み立てればいいやと思ったら、どう考えても部品が足らない。網目のちいさい部品をヘッドに固定させることができないので、水を出すとバシューンと水が飛び散る。跳ね散らかる。あれが泡沫器という名前と知るまでにたくさん検索した。知ってる人には当たり前の部品の名前が全く知らないとなかなかわからない。水栓の型番が消えかかっていて読めない。100均のシャワーヘッドにするのが便利そうだ。そうしよう。







by kumaol | 2019-05-31 22:07 | 雑記

イラストでわかるホースコミュニケーション

目が疲れるから本を読まなくなっていたんだが本と目の距離を変えたら読めるようになったのでまた読むことにした。
本は目から何センチ離して!と言われていたから近づけたらだめだとカタクナに守っていた。いまさら守る必要があるだろうか。
本を置く位置を移動させれば読めなくはないのだ。

馬とコミュニケーションをとるイラストの多い本。文章も結構あるけどイラストがおかしすぎて文章は読んでない。
イラスト部分に説明文があるからそれを読んどけばいいと思う。

馬は臆病な動物。人がおどおどすると伝わる。人は堂々と。
このイラスト。

a0305943_23374979.jpg
どこなのここ。
犬が吠えまくり雉が飛び立ち空き缶が転がり植込みからロバの生き首が這い出ている。どこここwww。
黒いげじげじは一体何者。
こわいよ。


怖いもののそばを通るときにご褒美を使う(首をなでる)必要はない。
何事もないかのように堂々と通り過ぎましょう。
a0305943_23395653.jpg
震えの波線が、、つぼる。

出た!黒いげじげじ。
a0305943_23430373.jpg
怖いものから遠ざかる馬に寄りかかられる人間。うねってる。

震えの波線が人間に憑依。
a0305943_23443085.jpg
馬はなんなん?て顔してますが。堂々としましょう。どうどう。

この本一番のぶったまげイラストがこれ。
真ん中の手を挙げる馬。
a0305943_23454674.jpg
馬の前足って、こんなだっけ。
耳の後ろを前足で掻くことができちゃう。できたっけ。
見てはいけないものを見てしまった感がある。

人間のパーソナルスペースに馬を入れないようにしましょうという文章。

ぶったまげイラストもう一度。
a0305943_23474915.jpg

馬運車の載せ方とか、放牧場での捕まえ方とか、実用的なのかな、馬の絵がいっぱい載ってる。
人間役の人もこけしみたいでかわいらしいです。
黒のげじげじは異質。なぜ登場させたんだろう、ほのぼのすると思ったのかな。


a0305943_23500295.jpg
72ページ
2800円


-------------
洗濯機の下を掃除してたらおもちゃが見つかった。

a0305943_23593835.jpg
捨てたものもあるし捨てずにとっておいてるものもある。
覚えのなかったものが見つかると、ああっと思う。
目が悪くなってからのおもちゃで、あまり遊ばなかった。
元気でよく遊んでた時はおもちゃを渡すと一瞬でばらばらにしてた。
もう遊ばなくなってからのおもちゃだ。
取っておく。


by kumaol | 2019-05-20 00:01 | 雑記

岩本町

神田は遠いけれど岩本町は近かった。
改札を出たところにある地上図を見ると「馬の水飲み広場」というのがあるから
見に行ってきた。

高速道路下の交差点脇にできている小さな緑地だった。
馬の銅像などはないが石碑が立っている。

写真はネットから借りた。

a0305943_17162664.jpg
房総・東北方面から重たい荷物をゆさゆさ載せててくてくぽこぽこ歩いてきて
一息ついた場所なんだなあと思ったら、胸に詰まるものがある。

馬はかわいい。すごく。

by kumaol | 2019-05-10 17:19 | 雑記